大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

安倍を守るマスコミと、真実を守るジャーナリスト

5月23日(火)記

アベ大将軍の暴走が止まらない。
暴走を許しているのはスットコドッコイのマスコミだ。

森友学園、加計学園、これだけ首相の「ズブズブの関係」が
明らかになってきているのに、報道の甘いこと、ゆるいこと。
国会で、民進党の山尾議員や、自由党の山本太郎議員らが
胸のすくような鋭い質問を放っても、まず報道されない。

逆に首相答弁は、「無知と無智と無恥」の3拍子揃った吐き気の
するようなひどいもの。
たとえば、憲法改正について長妻議員に首相が放ったヨタ答弁、
「読売新聞に書いてありますから、是非、それを熟読していただいてもいいのでは」

こんな悪態をついたなら、ひと昔まえなら首相の首がとんだだろう。

国会をも、国民をも、バカにし、愚弄し、嘲笑する首相。
それをきちんと報道しないどころか、相変わらずチョーチン持ち報道に
血道をあげているNHK。

一番許せないのは、アベ首相が突如言いだした「憲法9条壊憲論」。
衆議院の憲法審査会が審議をしている真っ最中に、
首相が独断で「憲法を2020年までに変えたい」などと発言していいものか!
権力者の憲法遵守を定めた憲法99条に完全に違反しているではないか!
そして、そこをビシッと指摘したマスコミは数えるほどしかいない。
もっと騒げよ、もっと怒れよ、もっと叩けよ!

へたれマスコミに千年分腹を立てている毎日だが、
例外中の例外、素晴らしいジャーナリストがいる。

ちょっと前のことになるが、例の今村復興大臣の暴言事件。
福島から自主避難している人たちに放った腐れ発言、
実際に帰れない人がいることについてどう思うか記者に聞かれて、
「本人の責任でしょ。本人の判断だ」と斬って捨てた。
「自己責任ということか」と記者に非難されると、
「裁判でも何でもやればいいじゃないか。」と開き直り。

記者が「責任をもって回答してください」となおも追及すると、
「無礼だ。撤回しろ」と語気を強め、最後は「二度と来るな」「うるさい」と怒鳴りながら、
会見室を退室した。

私は、今村大臣の2歳児レベルの「切れ方」に呆れる一方、
すごまれても怒鳴られても、ひるむことなく追及し続けた、この
記者さんに感動した。

直後にインターネットでこの方が、西中誠一郎さんというフリーの
ジャーナリストだと分かった。

そして、なんと、数日後に西中さんとお会いすることができたのだ!

4月26~27日、恒例の「福島震災情報連絡センター」の
いわきスタディツアーを行ったのだが、
小金井市議の片山さんが西中さんを誘い、取材も兼ねて来てくれた!

夜の懇親会のとき、「よく食い下がりましたね」と、あのときのことを聞いたら、
「いやぁ、誰も止めてくれないので、どんどん、どんどん、突っ込んでしまい…」
とさわやかな笑顔。
謙虚でたくましい記者魂に、拍手百万回!!!

すっかり西中ファンになってしまったワタクシは、
二日目、泉の駅で別れるときにツーショットをお願いした。
IMG_2957.jpg

今も自主避難者の問題を追い続けている西中さん、
権力におもねず、権力に痛めつけられる側に寄り添った報道を
続けるその姿勢こそが、ジャーナリズムの原点であると思う。

NHKをはじめとするアベ首相護送船団のマスコミよ、
西中さんの爪の垢を煎じて、毎日飲みなさい!!!

********************

ここで、宣伝です。
アベ首相の憲法破壊行動に、待ったをかけるのは、やはりこの人!
コニタン登場!
konitan.jpg

自治体議員立憲ネットワーク・千葉県では、
小西ひろゆきさんを講師に招き、つぎのような学習会を行います。

安倍首相の
憲法9条改悪を粉砕する!
5月24日(水)18:30~20:30
会場 市民ネットワーク千葉県4階会議室
参加費 500円


安倍政権との闘いの最前線で、
憲法を読み倒して得た理論武装に身を包み、、
平和と立憲主義への情熱という燃料を満タン、
ますます熱く、強く語る小西ひろゆきさん。
皆様も、学習会にどうぞご参加ください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
NHKなどマスメディアがスットコドッコイだと思う方は、
どうぞ、ここをポチッと押してください。
  ↓

  1. 2017/05/23(火) 02:07:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

組体操と道徳 木村草太さんの話が面白い!

5月8日(月)記

5月3日、柏市での「憲法集会」で、木村草太さんの講演を聞いた。
kimurasouta.jpg

木村さん、まるで落語家のような語り口で、
めちゃめちゃ、面白かった。

改憲問題では次のようにバッサリ。

9条に自衛隊を位置づけるとすれば、自衛隊が何をするのか
憲法に明記しなければならないが、「集団的自衛権を行使する」とは
書きにくい。(国民投票で否決される恐れがある)

かといって、「個別的自衛権を行使する」とも書けない。
なぜなら、そんなことを書けば、集団的自衛権を認めた安保関連法が違憲だと
言うことになるからだ。

「どちらに転んでも、自衛隊を9条に書き込むことはできないだろう」と
木村さん、おっしゃっていたが、その二日後、例の安倍首相のビデオメッセージがでた。

アベ氏、あっさりと木村さんの予想を覆す!

アベ氏にとっては、論理矛盾だの、論理破たんだの、
そんなことはどうでもいいのだ。
理屈が通る人じゃないものね。
こんな人が総理大臣に居座っている日本って、心底恐ろしい!

で、本題。
木村さんの話の中で、一番おもしろかったのが道徳と組体操
広島県の小学校5,6年生用の道徳の教科書が、
10段組みの組体操の練習を取り上げている。
以下、「現代ビジネス」の木村さんの記事より)

その主人公、つよし君は、組体操に熱心に取り組む小学校6年生だった。
そんな彼が、人間ピラミッドの練習中に事故にあう。

今日は運動会の前日。最後の練習だ。笛の合図でだんだんとピラミッドができあがっていく。
二段目、三段目。とうとうぼくの番だ。手と足をいつもの場所に置き(さあ決めてやる)と
思ったしゅん間、ぼくの体は安定を失い、床に転げ落ちていた。
かたに痛みが走る。

ぼくはそのまま病院に運ばれた。骨折だった。
ぼくは、目の前がまっ暗になったようで何も考えられなかった。

事故の原因は、わたる君がバランスを崩したことだった。
わたる君はごめんと謝るが、つよし君は許すことが出来ない。
そんなつよし君に、お母さんが次のように語る。

「一番つらい思いをしているのは、つよしじゃなくてわたるくんだと思うよ。
母さんだって、つよしがあんなにはりきっていたのを知っているから、
運動会に出られないのはくやしいし、残念でたまらない。
でも、つよしが他の人にけがさせていた方だったらもっとつらい。
つよしがわたるくんを許せるのなら、体育祭に出るよりも、もっといい勉強をしたと思うよ」

つよし君の心に、「今一番つらいのはわたるくん」という言葉が強く残る。
そして、「その夜、ぼくは、わたる君に電話しようと受話器をとった」という一文で
この教材は終わる。

読者の皆さんは、この教材を見てどう思うだろうか。
シッカリトシタ学校教育を受けたリョウシキアル方々は、
「人の失敗を許すのは大切だ。これを機にクラスの団結力を高めよう」と
思うのかもしれない。

実際、この教材の解説にも、
「相手を思いやる気持ちを持って、運動会の組体操を成功に導こう」という
道徳目標が示されている。
教材の実践報告にも、「この実践後の組体操の練習もさらに真剣に取り組み、
練習中の雰囲気もとてもよいものになった」と誇らしげな記述がある。
そこには、骨折という事故の重大さは、まるで語られていない。


木村さんは次のように例えて解説した。

「10段組みって、高さ7メートルですよ。
もし、とび職の人が、7メートルの高さで、命綱も手すりもない、
しかも足場がぐらぐら不安定な現場で、さあ、仕事をして下さいって言われて
引き受けますか?」

さらに、

「一番下の子も大変ですよ。
10段組みだと、一番下にかかる荷重は200キロ!
さあ、あなたの肩の上で、横綱紀勢の里が土俵入りします、
というのとオンナジですよ!」

20170205-OHT1I50087-T.jpg

こりゃあ、大変だ・・・

木村さんは
「まず電話する相手が違う。
相手は学校でしょう。安全配慮義務に違反しているのだから」

本当にそうだ。
子どもが一人バランスを崩しただけで、大けがをするような競技を
させること自体が間違っている。
こんなことがまかり通る「学校」とはなんなのだ。

法律的におかしなことを、「美談」「心のもちよう」として教える道徳。
戦前は、「お国に滅私奉公せよ。」「全体の和を乱してはならない」などと、
「修身(今の道徳)」で教えていた。
例の「教育勅語」を具体的に実践させていたのが「修身」である。

その伝統が、今の「道徳」にも受け継がれているのではないか。

「教育勅語」を認めるような安倍政権の最近の言動には、背筋がぞっとする。
すでに、子どもたちは、骨折しても文句も言わず、
「責任は学校ではなく、僕たちにある。無理な注文でも逆らわずに
こなしていかなくちゃ、いけないのだ!」などと、
けなげに、いじらしく、がんばっちゃっているのかもしれない。

しかし、そもそも、息をするようにウソをつき、
人の質問にまともに答えずはぐらかし、
北朝鮮のミサイルがくるぞと国民を脅かしながら自分はゴルフ三昧。

こんな人間に道徳をおしつけられてたまるか!!!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
同じく、あんな○○に道徳を押しつけられてたまるか!と思われる方は、
ここをポチッと押してくださいませ。

  1. 2017/05/08(月) 20:37:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

アベ大将軍の本丸攻め

5月7日(日)記

あーっ、びっくりした。
外堀から埋めるのかと思ったら、なんと、いきなり本丸攻めである。

NHKの大河ドラマのことではありませぬ。

アベ首相の5月3日のビデオメッセージである。
場所は、日本会議が主導する「美しい日本の憲法をつくる国民の会」などが
主催した改憲集会。

ここでアベ氏、「改憲は9条で」と明言した。
これまでは、「緊急事態条項」や「環境権」など、「外堀」から手を
付けるのではないか、と思われていただけに意外や意外、胃がイたい。

しかし、このアベ氏のメッセージ、突っ込みどころ満載なのだ。

まず、冒頭の「本丸」の部分だが、彼はこうのたまっている。

例えば、憲法9条です。
今日、災害救助を含め、命懸けで24時間、365日、領土、領海、領空、
日本人の命を守り抜く、その任務を果たしている自衛隊の姿に対して、
国民の信頼は9割を超えています。
しかし、多くの憲法学者や政党の中には、自衛隊を違憲とする議論が、
今なお存在しています。
「自衛隊は違憲かもしれないけれども、何かあれば、命を張って守ってくれ」
というのは、あまりにも無責任です。
私は少なくとも、私たちの世代のうちに、自衛隊の存在を憲法上にしっかりと
位置づけ、「自衛隊が違憲かもしれない」などの議論が生まれる余地を
なくすべきである、と考えます。
もちろん、9条の平和主義の理念については、未来に向けて、しっかりと
堅持していかなければなりません。
そこで「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」という考え方、
これは国民的な議論に値するのだろうと思います。


【突っ込み】
①国民の9割以上が自衛隊を信頼している、というのは
2015年の世論調査によるもの。
5221a.gif

世論調査は 良い印象を持っているか、どうか という設問で
信頼しているか とは聞いていない。
この二者には大きな隔たりがある。

「あの人って、いい感じね」というのと
「あの人を、私は信頼しています」というのが
月とすっぽんくらい違うようなものである。
こういうのを印象操作というのだ。

②国民が自衛隊に良い印象を持っているのは、ほとんどが
災害救助の活動に対してだ。
その証拠に、好印象度がはじめて90%を超えたのは
東日本大震災の翌年。
ここは、さすがに安倍氏自身も分かっているからこそ、
災害救助も含め命懸けで などと、災害救助以外はわざとぼかしている。
こういうのを情報操作という。

③これが一番の問題点だが、自衛隊というのはそもそも
自衛であり、自国が侵害されたときに国民を守る、という意味である。

ところがアベ首相は、アメリカがよその国とドンパチ始めたら、
日本もすぐさま駆けつけて、アメリカを助けるという
集団的自衛権を、国民の反対を無視して、強行成立させている。

こんなアベ氏が考える自衛隊というのは、
アメリカを守る用心棒のような他衛隊である。

そもそも、これまでも自衛隊が合憲だとする考え方は、
憲法13条(個人の尊重と幸福追求県)を拠りどころとして、
「我が国に対する外国の武力攻撃が発生した場合にやむを得ず、
必要最小限の武力を行使する」という
限定的な個別的自衛権の行使だけが認められており、
その任務を担うのが自衛隊であるというものだ。

だから、集団的自衛権は違憲であり、
安保関連法は違憲なのである。

アベ氏の狙いはなんだろうか?

木村草太さんは、
「憲法9条に自衛隊を位置づけると、集団的自衛権が違法だと
いうことになってしまうから、アベ首相はそうしないだろう」と
5月3日に柏市で言っていたが・・・

もはや、アベ氏の頭の中では、矛盾とか、違法とかを乗り越えて、
何がなんでも、2020年のオリンピックまでに9条を変えなければ!!!
という怨念が渦巻いているとしか思えない。

個人的な怨念に国民が巻き込まれてエライ目にあうなど、
まっぴらごめんだ。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
「自分もまっぴら御免だ」と思う方は、どうぞここをポチッと押してくださいませ。
   ↓

  1. 2017/05/07(日) 17:07:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

共謀罪は世界一凶暴だ!その②

5月3日(水)記

前回に引き続き、天下の悪法共謀罪について・・・

安倍政権が共謀罪の成立を急ぐ理由は、
絶対、沖縄にあると思う。

アメリカの注文通りの巨大新基地を辺野古に作るため。
やんばるの森を破壊して、オスプレイのヘリパッドを作るため。

それには、座り込む土人どもが邪魔でならない。
内地からも、おかしな連中が応援にかけつけて、
わしらの邪魔をする。

そうだ、共謀罪があるではないか!
内地の奴らが「キャンプシュワブの前で座り込もう」と計画し、
飛行機代をATMで引き出した途端に逮捕ができる!

そう、安倍首相が考えているな、と確信したのは
4月に辺野古に行き、キャンプシュワブのゲート前に座り込んだ時だった。

3日間連続で座り込み、何回ゴボウ抜きされたことか・・・

その時の模様をちょっと紹介する。

まず、静かに座り込んでいる我々に、機動隊がやってきて
「危険ですから、立ち退いてください!」とマイクで警告。
suwarikomi.jpg

20人ばかしの中高年に対し、数倍の人数で脅しにかかっている
アナタがたのほうが、よっぽど危険ではないか。


中高年もがんばる! 腕をからませ、抜かれるもんか!
standingsilvers2.jpg


無抵抗のゴボウを、無慈悲に引っこ抜く機動隊。
gobounuki.jpg


いろんな記録映画でおなじみの「文子おばぁ」も車いすごと・・・
fumikogranma.jpg


ある程度引っこ抜き、ゲートを確保すると、やってきました作業トラック軍団。
なんと、パトカーが先導している!
patrolcarleadingtrucks.jpg
警察は国民を守るのではなく、アメリカの基地を守っているのだ。


辺野古の海を埋め立てるための栗石も続々と・・・
rocks.jpg


3日目、今日は島ぐるみの行動の日なので参加者が多い。
こういうときは、トラックの搬入がないのだそうだ。
と、思ってのんびり構えていたら、突然凄いモノがやってきた!
suirikuryouyoushacoming.jpg
巨大な水陸両用戦車だ!

せ、せんしゃが普通の道路を・・・

こんな物騒なものが、公道を昼間、堂々と走っているのだ。
これが沖縄なのか・・・

急いで駆けつけたが、最初の1台が門の中に入って行った。
kaiheitaionthetank.jpg
完全武装の米海兵隊が見える。


すぐに2台目がやってきたが、ここで我々が立ちはだかった。
secondtank2.jpg

blocktank.jpg


我々がゲート前をデモ行進しているので、入れなくなった戦車の前で、
プラカードを掲げて抗議する人々。
17796538_1350541888360505_2449934603889565154_n.jpg


結局、1時間ほど足止めを食らわしたあと、「大人」の話しあいにより、
戦車に道を譲った。

ところが、翌日、我々千葉組が帰ったあとだったが、
3人の男女が拘束されたと聞き、
戦車を止めたことへの報復だな、とピンと来た。

今でも力づくで、やすやすと抗議する市民を排除しているが、
払っても、払っても、うるさくつきまとう銀バエのような市民に、
共謀罪」という殺虫剤をシューっと吹きかけて、
一掃してしまいたいというのが、安倍首相の魂胆に違いない。

テロ対策などと、息をするようにウソをつき、
答弁能力もない法務大臣で野党の追及をはぐらかし、
オリンピックのためだとゴマカシ続ける。

毎度、宣伝です
憲法の伝道師
伊藤真さん
学習会をひらきまーーーす!
ku_vn49xwzDuYSOvsyB0jcjV3Fsyn1jY_O7rIWbWyd9KI9rKczR8hZu2to5TIszVDJ8oqhBXjl_6M.png

【共謀罪はなぜ凶暴なのか?】
5月13日(土)
午後時~6時
◆参加費 500円
◆場所 ハロー貸会議室千葉ルームC
      JR千葉駅前 地図
地図ハロー会議室

定員90名と小さな会場ですので、
電話で予約をください。
043ー201-1051(市民ネットワーク千葉県)
連休中で電話がつながらない場合はこちら↓
090-5213-5254(大野)


政府と自公が共謀して、もっとも凶暴な法案が
もうすぐ成立しようとしている。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
共謀罪は廃案に!と思う方は、どうぞここをポチッと押してください。
   ↓

  1. 2017/05/03(水) 23:12:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

共謀罪は世界一凶暴だ!

5月1日(月)記

書きたいことは山ほどあれど、今、一番
声をにして叫びたいのは・・・

共謀罪は危険だーーーー!!!

安倍政権は、共謀罪という天下の悪法で、
言論弾圧、思想トーセイ、アーセイ、コーセイ、やりたいホーダイ!

なんでも、かんでも、「二人以上の集団がテロを計画している」
とみなされば、即逮捕。
テロでなくとも、「なんだか怪しい二人以上のヤツ」が、
資金計画を話し合ったら、即逮捕。

国会では珍妙なやり取りが続いている。

たとえば、何人かで相談して、山の中に入りキノコ狩りをしたら、
「テロ集団の資金調達」とみなされ、はい、逮捕。

たとえば、お花見で、ビールと弁当を持っていればOKだけど、
双眼鏡と地図を持っていたら、「テロの下見」とみなされ、はい、逮捕。

テロリストが資金調達のために、集団でキノコ狩り???
お花見でバードウォッチングもできないの???

つまり、テロ対策とは名ばかりで、

「お国にたてつきそうな市民を片っぱしから排除して、
アベ総理を奉る全体主義の国家を作りたい」というトンデモない
目的が隠されている。

ところで、「なにわのエリカ様」と呼ばれる上西小百合衆議院議員。
東国原氏と低レベルの口げんかで、ときどきワイドショーをにぎわせて
いらっしゃる方だが、
これが、なかなか、共謀罪に関して頑張っておられる。

4月21日、共謀罪を審議する衆議院法務委員会で、
民進党の議員が対応を相談している際、
自民党の土屋正忠議員が「今のはテロ、テロ準備行為じゃないか?」と
ヤジを飛ばした1件を取り上げ、エリカ様が鋭く追及している。

LITERAというサイトが面白く報じているので、長文だがぜひご覧を!
上西小百合議員が鋭すぎる共謀罪批判!
「自民党議員の“テロ準備だ”ヤジ問題が
安倍総理の狙いを物語っている


さて、共謀罪がどれだけ凶暴かは、.
このブログだけでは言い尽くせない。

elephant.png

憲法の伝道師
伊藤真さん
学習会をひらきまーーーす!
ku_vn49xwzDuYSOvsyB0jcjV3Fsyn1jY_O7rIWbWyd9KI9rKczR8hZu2to5TIszVDJ8oqhBXjl_6M.png

5月13日(土)
午後時~6時
◆場所 ハロー貸会議室千葉ルームC
      JR千葉駅前 地図
地図ハロー会議室

定員90名と小さな会場ですので、
電話で予約をください。
043ー201-1051(市民ネットワーク千葉県)
連休中で電話がつながらない場合はこちら↓
090-5213-5254(大野)

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「共謀罪は凶暴だ!」と思われる方は、ぜひ、ここをポチッと押してください!
   ↓

  1. 2017/05/01(月) 12:43:18|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
←前のページ | ホーム | 次のページ→