FC2ブログ

大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

超おすすめ映画「否定と肯定」

12月23日(土)
1か月以上もブログを更新せず…
パソコンがダウンしていたこともあるが、いつもの
なまけ癖が重症化&慢性化。

反省しながら迎える年の瀬。

さて、今回は見てきたばかりのチョーおすすめ映画の話。

否定と肯定
Denial_top①

2000年に実際に起きた「ホロコースト」を巡る裁判を忠実に再現している。

ユダヤ人女性の歴史学者デボラ(レイチェル・ワイズ)は、
「ナチスのユダヤ人虐殺はなかった」と主張するイギリスの歴史家
アーヴィングを、自分の著書で痛烈に批判したところ、
アーヴィングに名誉棄損で訴えられる。

「ほうっておけばいい」という大多数の声にひるむことなく、
負けず嫌いのデボラは受けて立つ。

しかし、アーヴィングが提訴した先は、英国の王立裁判所だった。
イギリスでは、訴えられた「被告」が「立証する」責任がある。

これはビックリした。
日本では、検察が被告の有罪を立証しなければならない。
有罪が確定するまでは、すべての被告は「推定無罪」が原則だ。
イギリスでは、訴えられたが最後、無罪を証明できなければ有罪!

訴えたアーヴィングは、一見イギリス紳士のおっさんだが、
デボラの大学の講義に突如現れ、デボラを「嘘つき女!」と大声でののしり、
千ドル札を振りかざして
「ヒトラーがユダヤ人殺害を命じたと証明できる者には、これをやるよ!」と
叫ぶクソ男だ。

デボラはイギリスで大弁護団を結成して、アーヴィングと長期に戦うことになる。
世界中からマスコミが殺到し、報道が過熱する。

で、面白いのが、老練なリチャード弁護士を中心としたイギリスの
弁護団の戦法だ。
①デボラには一切登壇させず、一言もしゃべらせない。
②ホロコーストの生き残りのユダヤ人たちにも一切証言させない。

①の理由は、「両論併記」を避けたのだ。
つまり、デボラに証言させれば、アーヴィングの「ホロコーストはなかった」説と
デボラの「あった」説を、同じ土俵に載せて争うことになる。
人々に「そうか、ガス室があるない説とがあるんだ」と
思わせてしまう。それは絶対に避けなければならない。
事実はひとつだから。

②の理由は、証言台に立つ生存者たちを、
狡猾なアーヴィングによる誹謗中傷の言葉の攻撃に晒したくなかったから。
レイプ事件裁判でも、被害者は言葉の攻撃で、セカンドレイプに襲われる。

361739_004.jpg
この役者、本当にゴーマン偏見オヤジの演技がうまかった。

では、弁護団は法廷でどのようにして戦ったか。

denial2.jpg

徹底して、アーヴィングの過去の言動を調査したのだ。
膨大な日記を読み込み、彼の人種差別、反ユダヤ主義の考え方を
あぶりだし、法廷で巧みに指摘する。
彼の講演映像を写し、歴史観の歪みや矛盾点をつく。
自分の気に入ったように事実をつまみ食いし、
都合のいい解釈で学説を立て続けるアーヴィング。

こんな学者、ほら、日本にもいるよね!

アーヴィングは、アウシュビッツのガス室を「疫病を防ぐために
死体を消毒した部屋だ」と主張。
しかし、リチャードは、「死体はすぐに焼却されている。消毒する必要は
全くなかった」と指摘。

このように、丁々発止の言葉の応酬が次々と映し出され、
法廷劇なのに、ドラマチックでスリリングで、非常に面白かった。

で、デボラ側が有利だと思わせて、終盤で裁判長がこんな
ことを言い出した・・・

アーヴィングの意図的な資料の改ざんや解釈は、反ユダヤ主義とは
関係ないのではないか。
彼が信念をもって反ユダヤ主義を唱えるのなら、発言をウソと
非難はできない。


これって、今の安倍首相のことを思い出させないか。
信念(と言うより怨念だが…)を持った反民主主義の右翼首相が
意図的に過去の内閣法制局長官の言葉を歪曲して、
「集団的自衛権は合憲である」と唱えるのなら・・・

裁判長、お前もか!

っとヒヤッとさせて、結果はデボラ側の勝利。

しかし、裁判長の指摘は重大だ。
ここをどう反論できるかが、今の、日本で、「巨大なウソ」と
闘っている私たちの課題・試練となる。

この映画を見ながら、私はずっと、東京MXテレビの「ニュース女子」
という番組を思い出していた。
沖縄の辺野古や高江で座り込む市民が、毎日日当をもらっているとか、
救急車を通行させなかったとか、現地調査も一切せずに、
ナイこと、ナイこと並べ立てた、あのクソ番組だ。

また、南京大虐殺はなかったと言い張る人々のことを
思い出していた。

この映画は、決して18年前の古い記録映画ではない。
まさに、今の日本社会の病巣を映し出している。

木村草太さんがこう指摘している。
「ネッシーがいる証拠を示せなくても、ネッシー学者の主張を
毎日聞いていれば、大衆はネッシーの存在に親近感を覚える」

ウソを100回つけば、真実となるのだ

映画はデボラの勝利場面で終わらず、
その後、アーヴィングが裁判の正当性をも否定して、
相変わらず「ホロコーストはなかった」と、
元気よく持論を展開する場面を映す。

こうした荒唐無稽な言動の方が
人々に受け入れられやすいのは今も同じだ。

そして、カメラは突如、荒涼としたアウシュビッツの収容所跡に移り、
ガス室の煙突跡の穴の中にスーッと入って行って、
終わる。

真実はここにある
とカメラは言っているのか。

フェイクニュース、ポスト真実があふれる今、
とても勇気をもらえた映画であった。
まだ、どこかで上映されていると思うので、
よろしかったらぜひご覧ください。

ちょっと見たくなったな、
と思った方はどうぞここをぽちっとお願いします。
   ↓

  1. 2017/12/24(日) 01:42:25|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

小森陽一さんが佐倉で熱く語ります!

11月11日(土)記

【トリビア】
今日は、なんの日でしょうか?
1と1⇒+(プラス)
 1⇒-(マイナス)
ということで、電池の日だそうです!

もう、アベちゃんが色々やっちゃってくれて、
こちらは後手後手に回り、振り回され、大忙し。
目が回る!
電池切れ

しかし、夜はしっかりと、焼酎のお湯割りで充電しております。

【閑話休題】
わが、千葉9区市民連合では11月25日に、次のような講演会を開きます。

アベ改憲どうなる?平和暮らし
11月25日(土)18:00~20:00(開場17:30)
佐倉市志津コミュニティセンター1階大ホール

(京成ユーカリが丘駅北口徒歩12分) 地図
(←クリックを!)
参加費 無料

チラシ


小森陽一さんは、全国「九条の会」事務局長として、平和と護憲を訴えて
全国を飛び回っていらっしゃる。
本来は日本近代文学の専門家で、夏目漱石研究の著書も多い。

国会での質疑時間を、今まで「与党2割・野党8割」だったのに、
「与党5割・野党5割」にしろなどと、とんでもないことを言いだす安倍政権。
民主党政権時代に、野党自民党案として「与党2割・野党8割」を呑ませたくせに、
いざ自分たちが政権の座に座ると、手のひら返し、豹変ぶりがすさまじい。

宮台信司が昨日ラジオで言い放った。

安倍首相は、憲法や法律に書いてないことは
なんでもやってしまうひきょう者だ!


こんなどうしようもない卑怯者が権力の座についている日本。
なんとかするためにも、小森陽一さんの刺激的なお話を聞きませんか?

卑怯者は即退陣!と思われる方は、どうぞ、ここをぽちっと押してくださいませ。
    ↓

  1. 2017/11/11(土) 12:06:16|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

やっぱり危ない!安倍首相が登場する道徳教科書

11月9日(木)記
以前にも「道徳教育が危ない」記事を書いた。
(ブログ進む土手かぼちゃ教育

事態はさらに悪化!

わが佐倉市は、一番問題の多い教科書を採択してしまった!
教育出版

例の、新しい歴史教科書の「育鵬社」の関係者が編集にかかわり、
育鵬社のダミーと呼ばれる教科書である。

【教育出版のどこが問題か?】
8種類ある道徳の教科書の中で、もっとも戦前回帰の臭いが強い。
たとえば、4年生にはこんな人物が登場する。
ninoiiya.png

おなじみ二宮金次郎!
堂々の復活である。
薪をしょいながら、勉学にいそしむ。
朝から晩まで家族のために働き、立身出世!

金次郎さん自身は立派な方だけれども、
これって、今の価値観からすれば、児童労働推奨だし、
「自己犠牲」の押し付けにならないか。

次はこの方。
nitobe.png

武士道で有名な新渡戸稲造。
教育出版4年生版では、武士道はこう記述されている。
「武士道とは、家族や年上の人を大切にする、年下の人の世話をする、
自分勝手な行動をしない、など人が守るべき心得」
そして、「武士道の究極の理想は『平和』である」と続けるのだ。

なるほど、個人の考えや行動より、年齢序列、身分で人を判断し、
わがままを言わなければ、世の中平和だよ、ということか。

また、「君主のためなら腹をも切る」という武士道のテッペン思想には
全く触れていないのは作為的か。

それから、大企業の創始者のサクセスストーリーも数多く登場する。
①松下幸之助 (パナソニック)
matusita.png

②石橋正二郎 (ブリヂストン)
isibasi.png

taiya.png

③豊田喜一郎 (トヨタ)
toyota.png

これら企業人の大成功ぶりを記載して、子どもたちに奮闘努力を
勧めるのだろうが、
文科省の教科書検定基準では
特定の営利企業、商品などの宣伝
を禁じている。
これに、大いに抵触しているのではないか。

あと、いろいろ問題は多い教科書だが、一番問題のある人物が登場する!
この方!!!
abeinbobsray.png

ご存知、安倍首相である。

掲載されているのは、「下町ボブスレー」という単元で、
下町の小さな工場が、すぐれたボブスレーを開発するという話だが、
上の写真は、その話とは全く関係がない。

実はこの写真、半田薫著「下町ボブスレー 世界へ、終りなき挑戦」によると、
自民党本部で開かれたイベント会場にボブスレーが持ち込まれ、
それに乗り込んだ安倍首相を撮っただけの話なのだ。
また、政党内でのイベントだから、アベ首相ではなく、アベ総裁とすべきだろう。

これも、特定の政党に偏ることを禁じている検定基準に違反している!!!

しかも、この写真にはもうひとつ大問題がある。
実は、左端の人物がカットされているのだ。
オリジナルの写真はこれ↓
amari.jpg

そう、カットされている人物は甘利明元大臣である。
この方、千葉県を舞台にしたURの口利き疑惑で、病院に雲隠れした人物。
さすが、道徳の教科書!
これはマズイと、急きょカットしたのだろう。
しかし、全部、マズイでしょ!!!

【なぜ、佐倉市など印旛地区で
この教科書が採択されたか?】


ずばり、この方を載せている唯一の教科書だから、という説もある。
nagasima.png


【アベ首相のもくろみ】
今回の衆議院選挙では、10代、20代の若者の7割が自民党に
投票したといわれている。

なぜか?
私は、そこに、この10年間の学校教育が大きく影響しているのではないか
と考えている。

アベ第1次内閣で教育基本法を改悪
それまで「教育は、不当な支配に服することなく」とされてきたが、
この改悪によって、「法律の定めるところにより」という文言がつけられ、、
行政側の介入が格段にしやすくなった。

また、愛国心と郷土愛が強調され、中学校での武道が必修化された。

権利よりも義務が強調されてきた。

若者が保守化する傾向に、さらに拍車をかける事態が
来年から始まる小学校の道徳の教科化だ。

教育出版のような教科書が初めて導入される。
そして、先生が、子ども一人ひとりを「評価する」とされている。
つまり、
「道徳=心の領域」を、ひとつの物差しで測ることになる。

再来年は、中学校の道徳が教科化される。

道徳の問題をパワーポイントにまとめました。
印旛郡内で時間が許す限り、「出前上映会」をいたします。
2,3人でも結構です。
お声掛けください。

道徳って、どうトクする、より、どうソンじゃないの?って思われる方は
どうぞ、こちらをぽちっと押してくださいませ。
  ↓

  1. 2017/11/09(木) 13:52:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

悪臭ふんぷん、佐倉市の再生土と、アメリカより来る人と・・・

11月4日(土)記
昨日の国会前は4万人の参加者で、大いに盛り上がった。
沖縄からもエイサー隊が・・・
IMG_3473.jpg

こんな人ゴミでも、すぐ目につくのがふなばしネットの旗!
IMG_3474.jpg

ヨシザワ・麻生コンビが立ててくれていたおかげで、野田ネットの
小室さんと一緒に集合できた。

閑話休題
今日は、ひさかたぶりの佐倉ネタ。

佐倉市の南のほうに神門(ごうど)という古い地区がある。
以前は緑豊かな田園地帯だったが、今は耕作放棄地が増え、
そこに押し寄せてくるのが、
再生土

【再生土とは?】
もとは、産業廃棄物であるドロドロの建設汚泥。
下水道工事やトンネル工事では、土をドロドロに溶かしながら掘削する。
大量に発生する汚泥の処分に手を焼いた国交省は、
石灰やセメントなど、固化剤を入れて固めて使うよう、全国にオフレを出した。
道路の基盤材や、造成地の埋め立てに使われる。
なので、この土は、再生土(あるいは改良土)と呼ばれ、
産業廃棄物ではなく、資材となる!

つまり、再生土は、産業廃棄物を取り締まる法律にはひっかからない。
自然の土を取り締まる残土条例にもひっかからない。

どこにも引っかからないで、使えるのだ!

というわけで、近年はこの再生土を使った埋め立てが、わが印旛地域で
ひんぱんに行われるようになった。
その結果、野放し状態の埋め立てが増え、石灰を大量に含むものだから
草木が枯れたり、異常なにおいが発生したり、トラブル続出。

そこで、四街道市をはじめ、残土条例に「再生土埋め立て」の規制を盛り込む
自治体が次々と出た。
これが、その状況である。
kiseimap.png
赤い丸が神門地区。

佐倉市の周りの自治体は、ほとんど「再生土持ち込み禁止」。
当然、業者は佐倉市になだれ込んでくることになる。

そこで、佐倉市では昨年から、とてつもない環境汚染が発生した!

昨年暮れに、市民から通報を受け、今年1月に現場に行くと
こんな状況。(矢印が人)
1gatunojoutai.png

その後、このようにきれいに成形され・・・
1gatu.jpg

現在は、中古トラックの置き場となっている。
sitenow.jpg

面積は16,000㎡、土の量は48,000㎥。

これだけなら NO PROBLEM だったが、問題はキョーレツな悪臭!
屎尿臭とどぶの臭いと、化学臭がミックスされた臭い・・・
鼻が曲がるどころか、息もできないほどで、目もクラクラ、クラクラさくら状態だ。

埋め立て地の上流からは、黒っぽい汚水がしみだし、流れ出し、側溝にたまる。
runningwater2.jpg

側溝には濃紺の水が・・・
blackwater.jpg

隣接する空き地は、ドロドロで、歩くのもはばかれる。
この写真は8月末、残土産廃の専門家藤原寿和さんに同行してもらった
ときのもの。↓
__ (11)

藤原さんはこれまで、全国の産廃・残土の現場を幾多も見てきた方。
その藤原さんが、「こんなひどい現場は見たことない!」と、悲しいお墨付き。
再生土そのものも、どこで処理されたか、どういうルートで持ち込まれたか、
届け出の書類を、額面どおりには到底受け取るわけにはいかない。

すぐ上部には民家が何軒もあり、住民の方たちは窓をあけることも、
洗濯物を干すこともできない状況が続いている。

9月議会では周辺住民の方から、環境改善を望む請願も出された。
私は、6月議会に引き続き、この問題を詳細に質問。
悪臭の原因は再生土そのものにあるのではないか、
再生土という肩書で、実質は産廃ではないか、と追求したが、
佐倉市の見解は、もともと現地は田んぼだったので、そのときの有機物が
腐敗して埋もれていたところ、再生土の埋め立て事業が始まり、掘り返されて
悪臭が表面化したというもの。

その後、「それら有機物が、再生土に含まれていたカルシウムイオンなどと反応し、
アンモニアなどのガスが発生した」との見解も出された。

質問した翌週には市長が現地視察し、
至急、環境の改善を命じるなどスピーディーに対応。
佐倉市の残土条例には
再生土は原則、全面禁止 
という条項が入ることになった!

しかし、住民が一番困っている悪臭の問題は依然として残っている。
工場や作業所ではない埋立地の悪臭を取り締まる法律は無い。

私は、佐倉市の環境保全条例の中に
悪臭を発生し、排出し、又は飛散する場所の周辺の人々の多数が
著しく不快に感ずると認められない程度に規制する

という一文を見つけ出し、これで規制できないかと質問。

これが功を奏し、どうやらこのくだりが、新条例に盛り込まれる見込みだ。

市は、悪臭を抑える方法として、発生源の汚水を下水管に流し込む工事を
予定している。

しかし、こんな規模の埋め立ては、市ではなく千葉県の管轄だ。
相変わらず腰の重い千葉県は、「こりゃあ、再生土ではなく産廃ではないか?!」と
疑う佐倉市に対し、外見だけで「再生土に見えるから、これは再生土」と判断するアホらしさ。
土壌検査をするというので、ボーリング調査を期待したが、
ユンボで1メートルほど掘っただけ。
底深くなんかが埋もれていても、分かるわけはないなぁ~と、半ば諦めていた。

と、ここまでが10月までの状況だったが、
10月末に事態が急変!

なんと、県の土壌調査で、基準値以上のフッ素が出たので、
産廃と認定し、
全量撤去させる
というではないか。

やったー!
と一時は喜んだ。
だが、お立会い、
これまで県が「全量撤去」を命じても、「はい、そうですか」と素直に応じる業者は皆無。
これから、県と業者のイタチゴッコが始まる。
最悪の場合は、業者のトンズラ。
そうなると、県の代執行となる。
つまり、私たちの税金で撤去するのだ。

そうならないように願いつつ、
話は再び冒頭の国会前行動に移る。

この日の帰り道、日比谷公園の入り口にはこんな看板が!
trumpkanban2.jpg

さらに、京成日暮里の駅のゴミ箱には!
IMG_3468.jpg

なんだかなぁ~
規制する方向が違うだろーー!
しかも、トランプさんはアベ氏とのゴルフを楽しみに来日するとか。
そうだ、再生土でできたゴルフ場でやればいかがでしょうか。
「戦争した~い」というきな臭い悪臭に、とってもお似合いではないか。

そうだ、そうだと思われる方は、どうぞこちらをポチッと押してくださいませ。
   ↓

  1. 2017/11/04(土) 12:19:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

衆議院選挙の最終日。がんばれ!5区山田さん、13区宮川さん。

10月21日(土)記

今回の衆議院選挙では、立憲民主党を応援。
5区の山田あつしさんと、13区の宮川伸さんの応援に入った。

昨日は5区で、山田あつしさんの候補者カーに同乗。
山田さんの地元、行徳を中心に回った。
山田さんは辻立ち中心の選挙運動。
私たちの選挙と同じスタイルだ。

元朝日新聞のトップ記者で、夜討ち朝駆けの記者生活なのに、
4人の子どもの育児にもマメに励んだ。
元祖イクメン!!!

で、午後4時ごろ、とある町の一角で山田さんが演説していると
突然、コニタンが現れた!
小西ひろゆき氏である。

IMG_3420.jpg

このあと、1時間ほど選挙カー乗って、見事なウグイスならぬカラスとなってくれた。

コニタンが「元新聞のトップ記者。ジャーナリストとして鋭く安倍政権と対峙する」と
紹介したあと、山田さんが政策や決意のほどを述べるという
楽しい掛け合い方式。
コニタン、ありがとう!

さて、13区宮川伸さんは、近いこともあり、これまで酒々井中心に
お手伝いをしてきたが、最終日の今日は朝から政党カーに乗って、
吼えまくった。

忘れちゃいけない! モリカケ問題。
幕引きなどとんでもありません。
逃げるは恥だが役に立つ・・・なんて、テレビドラマじゃないのだから、
逃げまくる安倍首相は、恥さらしの赤っ恥、日本の恥!
逃げる安倍首相の首根っこを押さえることができるのは、
やっぱり宮川伸!


などと、芸能ネタも交えたが、特にクレームは来なかった。

13区名物のウグイスの天才「まり姐さん」は、毎回秀逸なフレーズを考え付く。

宮川伸は、コイケ・ユリ子の踏み絵を、踏なかったのではなく、
なかったのです!

フィナーレは、千葉ニュータウン中央駅。
候補者カーに乗っていた入江さん、駆けつけた藤代さんに柴田さんなど
たくさんの自治体議員がエールを送った。

IMG_3424 (2)

私もひとこと挨拶。
俳優の菅原文太さんが、亡くなる1カ月前、沖縄県知事選挙の
翁長候補の応援に那覇に駆けつけ、声を絞り出すように言った言葉を
引用した。

政治には二つの仕事がある。
国民を飢えさせないこと!
そして、戦争しないこと!


宮川さんは47歳という働き盛り。
そして、筋金入りの平和主義者。
必ずや、菅原文太さんの言葉を形にしてくれる人だ。

明日は投票日。
二人とも当選しますように!

  1. 2017/10/21(土) 23:38:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
←前のページ | ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。