大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

悪臭ふんぷん、佐倉市の再生土と、アメリカより来る人と・・・

11月4日(土)記
昨日の国会前は4万人の参加者で、大いに盛り上がった。
沖縄からもエイサー隊が・・・
IMG_3473.jpg

こんな人ゴミでも、すぐ目につくのがふなばしネットの旗!
IMG_3474.jpg

ヨシザワ・麻生コンビが立ててくれていたおかげで、野田ネットの
小室さんと一緒に集合できた。

閑話休題
今日は、ひさかたぶりの佐倉ネタ。

佐倉市の南のほうに神門(ごうど)という古い地区がある。
以前は緑豊かな田園地帯だったが、今は耕作放棄地が増え、
そこに押し寄せてくるのが、
再生土

【再生土とは?】
もとは、産業廃棄物であるドロドロの建設汚泥。
下水道工事やトンネル工事では、土をドロドロに溶かしながら掘削する。
大量に発生する汚泥の処分に手を焼いた国交省は、
石灰やセメントなど、固化剤を入れて固めて使うよう、全国にオフレを出した。
道路の基盤材や、造成地の埋め立てに使われる。
なので、この土は、再生土(あるいは改良土)と呼ばれ、
産業廃棄物ではなく、資材となる!

つまり、再生土は、産業廃棄物を取り締まる法律にはひっかからない。
自然の土を取り締まる残土条例にもひっかからない。

どこにも引っかからないで、使えるのだ!

というわけで、近年はこの再生土を使った埋め立てが、わが印旛地域で
ひんぱんに行われるようになった。
その結果、野放し状態の埋め立てが増え、石灰を大量に含むものだから
草木が枯れたり、異常なにおいが発生したり、トラブル続出。

そこで、四街道市をはじめ、残土条例に「再生土埋め立て」の規制を盛り込む
自治体が次々と出た。
これが、その状況である。
kiseimap.png
赤い丸が神門地区。

佐倉市の周りの自治体は、ほとんど「再生土持ち込み禁止」。
当然、業者は佐倉市になだれ込んでくることになる。

そこで、佐倉市では昨年から、とてつもない環境汚染が発生した!

昨年暮れに、市民から通報を受け、今年1月に現場に行くと
こんな状況。(矢印が人)
1gatunojoutai.png

その後、このようにきれいに成形され・・・
1gatu.jpg

現在は、中古トラックの置き場となっている。
sitenow.jpg

面積は16,000㎡、土の量は48,000㎥。

これだけなら NO PROBLEM だったが、問題はキョーレツな悪臭!
屎尿臭とどぶの臭いと、化学臭がミックスされた臭い・・・
鼻が曲がるどころか、息もできないほどで、目もクラクラ、クラクラさくら状態だ。

埋め立て地の上流からは、黒っぽい汚水がしみだし、流れ出し、側溝にたまる。
runningwater2.jpg

側溝には濃紺の水が・・・
blackwater.jpg

隣接する空き地は、ドロドロで、歩くのもはばかれる。
この写真は8月末、残土産廃の専門家藤原寿和さんに同行してもらった
ときのもの。↓
__ (11)

藤原さんはこれまで、全国の産廃・残土の現場を幾多も見てきた方。
その藤原さんが、「こんなひどい現場は見たことない!」と、悲しいお墨付き。
再生土そのものも、どこで処理されたか、どういうルートで持ち込まれたか、
届け出の書類を、額面どおりには到底受け取るわけにはいかない。

すぐ上部には民家が何軒もあり、住民の方たちは窓をあけることも、
洗濯物を干すこともできない状況が続いている。

9月議会では周辺住民の方から、環境改善を望む請願も出された。
私は、6月議会に引き続き、この問題を詳細に質問。
悪臭の原因は再生土そのものにあるのではないか、
再生土という肩書で、実質は産廃ではないか、と追求したが、
佐倉市の見解は、もともと現地は田んぼだったので、そのときの有機物が
腐敗して埋もれていたところ、再生土の埋め立て事業が始まり、掘り返されて
悪臭が表面化したというもの。

その後、「それら有機物が、再生土に含まれていたカルシウムイオンなどと反応し、
アンモニアなどのガスが発生した」との見解も出された。

質問した翌週には市長が現地視察し、
至急、環境の改善を命じるなどスピーディーに対応。
佐倉市の残土条例には
再生土は原則、全面禁止 
という条項が入ることになった!

しかし、住民が一番困っている悪臭の問題は依然として残っている。
工場や作業所ではない埋立地の悪臭を取り締まる法律は無い。

私は、佐倉市の環境保全条例の中に
悪臭を発生し、排出し、又は飛散する場所の周辺の人々の多数が
著しく不快に感ずると認められない程度に規制する

という一文を見つけ出し、これで規制できないかと質問。

これが功を奏し、どうやらこのくだりが、新条例に盛り込まれる見込みだ。

市は、悪臭を抑える方法として、発生源の汚水を下水管に流し込む工事を
予定している。

しかし、こんな規模の埋め立ては、市ではなく千葉県の管轄だ。
相変わらず腰の重い千葉県は、「こりゃあ、再生土ではなく産廃ではないか?!」と
疑う佐倉市に対し、外見だけで「再生土に見えるから、これは再生土」と判断するアホらしさ。
土壌検査をするというので、ボーリング調査を期待したが、
ユンボで1メートルほど掘っただけ。
底深くなんかが埋もれていても、分かるわけはないなぁ~と、半ば諦めていた。

と、ここまでが10月までの状況だったが、
10月末に事態が急変!

なんと、県の土壌調査で、基準値以上のフッ素が出たので、
産廃と認定し、
全量撤去させる
というではないか。

やったー!
と一時は喜んだ。
だが、お立会い、
これまで県が「全量撤去」を命じても、「はい、そうですか」と素直に応じる業者は皆無。
これから、県と業者のイタチゴッコが始まる。
最悪の場合は、業者のトンズラ。
そうなると、県の代執行となる。
つまり、私たちの税金で撤去するのだ。

そうならないように願いつつ、
話は再び冒頭の国会前行動に移る。

この日の帰り道、日比谷公園の入り口にはこんな看板が!
trumpkanban2.jpg

さらに、京成日暮里の駅のゴミ箱には!
IMG_3468.jpg

なんだかなぁ~
規制する方向が違うだろーー!
しかも、トランプさんはアベ氏とのゴルフを楽しみに来日するとか。
そうだ、再生土でできたゴルフ場でやればいかがでしょうか。
「戦争した~い」というきな臭い悪臭に、とってもお似合いではないか。

そうだ、そうだと思われる方は、どうぞこちらをポチッと押してくださいませ。
   ↓

  1. 2017/11/04(土) 12:19:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

衆議院選挙の最終日。がんばれ!5区山田さん、13区宮川さん。

10月21日(土)記

今回の衆議院選挙では、立憲民主党を応援。
5区の山田あつしさんと、13区の宮川伸さんの応援に入った。

昨日は5区で、山田あつしさんの候補者カーに同乗。
山田さんの地元、行徳を中心に回った。
山田さんは辻立ち中心の選挙運動。
私たちの選挙と同じスタイルだ。

元朝日新聞のトップ記者で、夜討ち朝駆けの記者生活なのに、
4人の子どもの育児にもマメに励んだ。
元祖イクメン!!!

で、午後4時ごろ、とある町の一角で山田さんが演説していると
突然、コニタンが現れた!
小西ひろゆき氏である。

IMG_3420.jpg

このあと、1時間ほど選挙カー乗って、見事なウグイスならぬカラスとなってくれた。

コニタンが「元新聞のトップ記者。ジャーナリストとして鋭く安倍政権と対峙する」と
紹介したあと、山田さんが政策や決意のほどを述べるという
楽しい掛け合い方式。
コニタン、ありがとう!

さて、13区宮川伸さんは、近いこともあり、これまで酒々井中心に
お手伝いをしてきたが、最終日の今日は朝から政党カーに乗って、
吼えまくった。

忘れちゃいけない! モリカケ問題。
幕引きなどとんでもありません。
逃げるは恥だが役に立つ・・・なんて、テレビドラマじゃないのだから、
逃げまくる安倍首相は、恥さらしの赤っ恥、日本の恥!
逃げる安倍首相の首根っこを押さえることができるのは、
やっぱり宮川伸!


などと、芸能ネタも交えたが、特にクレームは来なかった。

13区名物のウグイスの天才「まり姐さん」は、毎回秀逸なフレーズを考え付く。

宮川伸は、コイケ・ユリ子の踏み絵を、踏なかったのではなく、
なかったのです!

フィナーレは、千葉ニュータウン中央駅。
候補者カーに乗っていた入江さん、駆けつけた藤代さんに柴田さんなど
たくさんの自治体議員がエールを送った。

IMG_3424 (2)

私もひとこと挨拶。
俳優の菅原文太さんが、亡くなる1カ月前、沖縄県知事選挙の
翁長候補の応援に那覇に駆けつけ、声を絞り出すように言った言葉を
引用した。

政治には二つの仕事がある。
国民を飢えさせないこと!
そして、戦争しないこと!


宮川さんは47歳という働き盛り。
そして、筋金入りの平和主義者。
必ずや、菅原文太さんの言葉を形にしてくれる人だ。

明日は投票日。
二人とも当選しますように!

  1. 2017/10/21(土) 23:38:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

コイケにはまって、さあ大変! 千葉9区のどたばた劇

10月8日(日)記

皆様、大変ご無沙汰しました。
2か月近く、ブログをさぼってしまい、
ついに、スポンサーサイトがついてしまいました。pekori.jpg

いやはや、今回の衆議院選挙ほど、毎日情勢がくるくる変わる選挙はない。

安倍首相が、モリ・カケ疑惑からトンズラするために仕組んだ解散、総選挙。
そのあとの、「緑のタヌキ」小池氏と「口だけ番長」前原氏が手打ちをしての
合併吸収劇。

続く第2幕は、
ヒットラーもかくあるや、と思わせる小池氏の民進党内リベラル派の選別・排除。

それも「想定内」と言い放った前原氏の心中やいかに!
知らないで小池氏の口車に乗ったと言えば、「私はアホです」というようなもんだし、
知ってて乗ったのだと言えば、「私は世紀の裏切り者です」と告白するも同然。

さすが、口だけ番長の前原氏は、「アホです」よりも「裏切り者です」を選んだと
いうところか。
実際は、アホな裏切り者だけどね。

そして、第3幕!!!
おんだされて、怒り心頭の枝野氏が、ピカリ新党を立ち上げた。
立憲民主党

待ってました、大統領!

行き場のなかったリベラル層の受け皿がようやくできた。
しかし、時間があまりにもない。

今回の選挙で、自民党が結党以来、はじめて改憲を公約に盛り込んだ。
小池新党(「希望」などという言葉はふさわしくないので使いませぬ)も、ゴリゴリの改憲派。

ほんとは、安倍首相と小池氏は、喧嘩しているふりをして、裏で手を組んでいる
可能性がある。
小池新党が大躍進してもしなくても、両者が組めば憲法改正は一気に進む。
さらに、維新が補完し、盤石の構えだ。

何が、「安倍政権を倒す」ための政権だ!
小池新党の右翼番頭中山氏は、「首相は安倍さんでいい」などと放言。
安倍と小池が「おもてなし(ウラばかり」コンビだということを暴露した。

これで改憲派は、衆議院465議席のうち、400議席に及ぶ見通し。
なんだ、解散前よりも情勢は劇的に悪化したではないか。

しかしともかく、平和と民主・立憲主義を守る勢力を応援するしかない。

わがさくら・ネットは、これまで千葉9区の民進党奥野総一郎氏を、
ある時はおおっぴらに、ある時はひっそりと、長年応援してきた仲だ。
それが、奥野氏の今回の鮮やかな手のひら返しウルトラC
を見せつけられ、大いに怒り、落胆している。

聞けば、奥野氏への公認は、小池新党立ち上げの直後から内定していたという。
しかも、テレビのインタビューで、
「自分は本当は安保法制には賛成だが、上から言われて反対していた」という
趣旨の発言をしたから、世紀のバカ正直者!

この前後の彼の、これまで見たこともないようなサバサバした明るい笑顔が
コケにされた私達の眼にはまぶしい・・・

本来、保守本流の人だとは思っていたが、これまで「化けの皮」を着せられて
さぞかし、息苦しかったんだろうね。

追い打ちをかけるように、奥野氏はこうも言った。
「これで、保守層の票も取り込める!」

おい、おい、これまで応援してきた我らリベラル層には
「今までお世話になりました」くらい言えないのか。

1区の田嶋要氏(小池新党入り)も、本来保守系の人だとは思っていたが、
そこはちゃんと、「苦渋の選択」と表明している。

さて、そういうわけで、わがさくらネットは次のように決めた。
選挙区は自主投票。
比例は立憲民主党。

この詳細については、さくらネットのホームページの表紙に掲載した声明文を
ごらんください。
http://www.sakura-siminnet.com/

そして、千葉9区市民連合は、大議論の末、共産党のかもしだ安代氏に
推薦を出すことに決定。
公示前の2日間で、千葉9区内で街頭宣伝活動をすることになった。
大慌てで作成したチラシはこちら⇒ チラシ

「アベ・コイケ」ファシスト集団によるリベラルせん滅作戦は
なんとしても阻止しなければならない。

でも、先週議会の視察で行った栃木市で、ふと見かけた民家に
こんな素敵な垂れ幕が貼られていた。
IMG_3392 (5)

そうだ、ひとりひとりが、この「憲法9条世界の宝」という言葉を
心に焼き付けるよう、がんばろう!!!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
コイケ新党に騙されないぞ、と思われる方はどうぞ、ここをぽちっと押してくださいませ。
   ↓



  1. 2017/10/08(日) 15:44:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

差別は悲劇しか生まない。アメリカ、そして沖縄

8月16日(水)記

アメリカバージニア州シャーロッツビルで、人種差別に抗議する人々の列に
差別主義者の車が突っ込み、一人死亡、多数のけが人が出た。

charlottesville-0813-01.jpg

南軍の勇将リー将軍の銅像を、「奴隷制度の象徴だ」として市が撤去を決定。
これに抗議して、全米から人種差別主義者らが多数集結。
そして、これに対抗する反差別主義のカウンターが行われ、
凄惨な衝突となってこの事件が起きたわけだが…

そもそも、リー将軍という人は奴隷制度に反対だったという。
しかし、南軍のために勇猛果敢に闘ったとか・・・
白人至上主義者たちは、そこしか見ていないのだろう。

そういった、複雑な歴史の真実を一切顧みず、我田引水・身勝手理論で
「差別」は始まり、大きくなる。

この事件の直後、バージニア州知事マコーリフ氏が行った演説は、
悲惨な事件のあとの清涼剤のように、胸のすく内容だ。

「(白人至上主義者らについて)あなたたちは愛国者を名乗っているが
米国人とはいえない。シャーロッツビルにもバージニア州にも米国内にも、
あなたたちの居場所はない!
米国から出ていけ

これだけのことを言える政治家が、今の日本にいるだろうか。

ひるがえって、日本。
人種差別はもとより、同じ日本人に対する差別もひどい。
特に、沖縄への差別は、安倍首相が率先してやっているから
たちが悪い。

米軍基地を受け入れろ。
本土の防波堤となれ。
米軍の暴力もしようがないさ。
辺野古や高江で知事がごちゃごちゃ言っても、聞く耳もたん。
オスプレイがいくら危なかろうが、飛ばせちゃうもんね。

更に、基地問題に反対する市民運動に対するヘイトもひどい。
私たちが日当もらってるって!?
動員されてるって!?

もう、ウソ800万! 

自分の意思と経費で、志高く、わざわざ遠いところの運動に出向くなんて、
差別主義者たちには想像もつかないことなんだろうね。

こうしたヘイトに怒りの鉄拳を振り上げている人がいる。
安田浩一さん。
yasudakouichi.jpg

安田さんを講師に以下のような講演会を企画しました。

ヘイト・スピーチと沖縄差別報道
8月26日(土)14:00~16:00
千葉市文化センター5階セミナー室

資料代 500円
主催 市民ネットワーク千葉県
電話 043-201ー1051

チラシ↓
安田浩一講演会

安田さんは差別と闘うフリージャーナリストとして活躍中。
新大久保を中心とした嫌韓のヘイトスピーチに対して、敢然と闘った。

【詳細な経歴】
『週刊宝石』(光文社)、『サンデー毎日』(毎日新聞社)記者を経て2001年よりフリーランスに。
著書に『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』(光文社新書)、
『外国人研修生殺人事件』(七つ森書館)、『ネット私刑』(扶桑社 2015)など多数。
2011年、外国人労働者に関する一連の取材活動で貧困ジャーナリズム大賞受賞。
2012年『ネットと愛国』(講談社)で日本ジャーナリスト会議賞、講談社ノンフィクション賞を受賞。
2015年『G2』(講談社)掲載記事の『外国人隷属労働者』で大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)受賞。
最新作は『沖縄の新聞は本当に「偏向」しているのか』(朝日新聞出版)

特筆すべきは、そのシャベリ。
私が驚嘆した雄弁家、5本の指に入る。
「あの、その」が一切なく、整理された論理的思考が
磨かれた言語に乗っかって、聴く者の脳内を心地よく刺激する。

何がイヤかって、下手なシャベリを聞かされることほど
つらいものはない。
それとは対極にある見事な話術をご堪能あれ!

今日も長文を最後までお読み頂きありがとうございました。
「差別はあかんよ」と思われる方は、ここをポチッと押してくださいませ。
  ↓

  1. 2017/08/16(水) 17:22:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

沖縄の平和の糸を紡ぐ糸数慶子さん

8月6日(日)記

もうひと月前のことだが、「沖縄と千葉を結ぶ会」で、
糸数慶子さん(沖縄選出の参議院議員)の講演会を行った。
itokazukouenkai.jpg

糸数さんの話はこれまで何度も聴いたことがあるが、
今回のが一番素晴らしく、心が震えて仕方がなかった。

太平洋戦争末期の沖縄地上戦のむごたらしさ、
軍人は決して民間人を守らないこと、
そして、今も続く沖縄の基地問題と差別・・・
ご自分の体験もまじえて、決して激することなく、淡々と
美しい声で語られた。

話がうまいのは当然、
糸数さんは議員になる前、沖縄でバスガイドさんだった!
最初は普通のガイドだったが、あることがきっかけで「観光バスガイド」に
疑問を持つようになり、
バス会社の反対を押し切って平和のバスガイドを始めたのだ。

この辺のことが詳しく描かれたのが、
マンガ・平和の風(かじ)-バスガイド糸数慶子の挑戦- だ。
hyoushi01.jpg


マンガなので、非常に読みやすく、しかも感動する。
おススメ!!!
以下、クリックすれば読めます。
前篇
後編

講演会でも触れられていたが、糸数さんのお母さんは、
沖縄戦で二人の子どもを亡くされた。
糸数さんのお兄ちゃん(当時3歳)が亡くなったときは、
お母さんはどうしても我が子の死を受け入れられず、
遺骸を何日も抱きしめていたり、
周りの大人が無理やりお母さんをひきはがして、
遺骸を土葬すると、「まだ生きている!」と泣き叫びながら
掘り出そうとしたそうだ。

この件は、糸数さんは自分も結婚して母となったあと、
初めて親戚の方から聞いたそうで、
お母さんは生前、ひとことも話されなかったという。

「母が戦争から受けた心の傷がいかに深かったか、
ひとことも触れなかったことから余計に伝わってきます」
と語る糸数さんの目にはうっすらと涙が浮かんでいた。

講演が終わって、ほっとしたところをパチリ。↓
itokazu.jpg

糸数さんは「勝負服」とおっしゃる素敵な赤い上着。
伊藤さんと私は、沖縄のかりゆし。
私の胸には、Mさんが作ってくれた高江の森のキノボリトカゲのブローチが・・・

さて、ここで、沖縄関連の企画の宣伝を!

フリージャーナリストの安田浩一さんの講演会でーーす!
沖縄基地問題に非常に詳しく、また、ヘイトスピーチに対しては
身を挺して「カウンター」を行い、「差別と人権破壊」に対する
厳しい指弾を続けている。

何より魅力的なのは、その「語り口」。
これまで私が聞いたスピーカーの中で、5本の指に入るほどの
能弁、雄弁、多弁である。

ヘイト・スピーチと沖縄差別報道
日時 8月26日(土)14:00~16:00
場所 千葉市文化センター5階セミナー室
      アクセス→ 地図
資料代 500円
チラシ
主催 市民ネットワーク千葉県
    電話:043-201-1051


ぜひ、ぜひ、お越しください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
ここをポチッと押していただければ幸いです。
   ↓

  1. 2017/08/06(日) 16:24:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
←前のページ | ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。