大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

「歴史の中で生きる」とは? 100年先の安倍政権

6月21日(水)記

今週月曜日、総務常任委員会が終了後、参議院会館へすっ飛ぶ。
午後5時から
安倍政治を終わらせよう 6.19院内集会

基調講演の保阪正康さんのお話が素晴らしかった。
IMG_3001.jpg

【保阪さん発言趣旨】
◆戦前の日本や、ドイツナチスのことを「軍部独裁」と呼ぶ人が多いが
正しくは、行政立法を支配する行政独裁である。
ファシズムとは行政独裁であり、
今の日本がまさにコレ。
実際、安倍首相はワタクシは立法府の長でありますと宣言している。

◆戦前の日本では、行政は軍部を使って以下の3つのことを実行し、
立法(国会)を抑え込んだ。
①陸軍省の軍服を着た将校が会議を傍聴し、すべてメモ。
②内閣機密費を親軍派に配る。
③暴力を駆使。 
 国を批判する代議士周辺に、軍人が頻繁に姿を見せる。
 反政府の集会には、政府が雇った集団が羽織はかまでなだれ込む。
今、これら3つのことが行われている。

◆しかし、歴史はすべてを明らかにする。
日本の軍部も、ナチスドイツも、歴史の中では「汚点」として記憶される。
共謀罪が成立したとき、テレビ画面の中で喜んでいた彼らの顔は
歴史の中では醜くゆがんでいる。
安倍首相は50年後の評価さえ危ない。

◆だから、共謀罪で 負けた! と悔しがる必要はない。
 歴史がすべてを証明する。
歴史の中で生きよう、考えよう!
長いスタンスでものを考えよう!


最後の「歴史の中で生きる」というお話は目からウロコだった。

そうだ、戦前、いばりくさっていた特高や軍人たちは
戦後、「あれは間違っていた」と首をうなだれ、後ろ指を差された。
今は、私たちは負けているように見えるけど、
歴史の中では負けていない!

なんだか、壮大な気分!
元気が湧いてきた!

今、この瞬間も、次の瞬間には「歴史」となる。
歴史の審判となるのは、私たちの子や孫だ。
次の世代に何を伝えるか?
共謀罪でもないし、戦争法制でもない。

100年先、安倍政権がボコボコに叩かれている図を
想像するだけで楽しくなる。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
安倍政権を早く終わらせたいと思う方は、ここをポチッと押してください。
    ↓

  1. 2017/06/22(木) 01:01:38|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

共謀罪は成立してしまったけれど、あきらめない!忘れない!

6月18日(日)記

いやはや、悪夢のような共謀罪成立から、3日経った。

国会も事実上閉会。
加計学園問題で、もう少しのところまで追い詰められた安倍首相、
さぞかし、ほっとしていることだろう。

秘密保護法のときも、安保法制のときも、
バカな国民は、いくら反対したところで、成立さえしてしまえば
あっと言う間に忘れてくれる。
今回も、うまく乗り切ったなぁ~
最後は、委員会採決をすっ飛ばすという「禁じ手」が
あんなに見事に決まったし!

そう思っているに違いない。

しかし、 しかし、 しかし

忘れまへんで

さあ、ぐずぐずしてはおれない。
すぐ行動だ!

というわけで、16日は臼井駅、17日はユーカリが丘駅で
共謀罪と加計学園問題のシール投票を実施した。
テーマは二つ。
①共謀罪に賛成ですか? 反対ですか?
②加計問題に、安倍首相が関与していると思いますか?
 思いませんか?

16日の臼井駅では、スタート直前から雲行きが怪しくなり、
突風は吹くわ、雨はぱらつくわ・・・
投票用のパネルが飛ばされないよう、宮田さんが必死に手持ち。
usuiekimae0616.jpg

シールを貼ってくれる男性↓
sealvote0616.jpg

こちらが急きょ作成した配布用のチラシ→共謀罪チラシ

ただチラシを撒くよりは、シールを貼ってもらうほうが、
よりコミュニケーションがはかれる。

さて、翌17日はユーカリが丘で。
臼井と同じく、小一時間の駅頭シール投票。
途中、東京に行っていた伊藤さんが帰ってきて仲間入り。
yukariekimae.jpg

最終結果はこのようになった。

共謀罪に賛成か、反対か
  反対 54  賛成 1 どちらでもない 0
加計問題に安倍首相が関与していると
  思う 52  思わない 2  わからない 2

シールを貼ってくれる人は
「安倍首相はダメよぅ!」と吐き捨てるように言う。
もちろん、圧倒的多数の人は、シール投票どころか
チラシの受け取りもスルー。

加計学園問題のように、
国のトップにいる人が、お友達に特権を与えても
政治をいくら私物化しても、
ウソとはぐらかしと居直りで、堂々と国会を牛耳れてしまう日本。

共謀罪は、限りなく警察に権力を与え、
モノ言えぬ社会への入り口となるのに、
「テロのためには必要」などという大嘘がまかり通る日本。

6月10日の国会大包囲行動で見たこの禍々しい造形物。
godofdeath.jpg

本当に、日本の民主主義は死神に取りつかれてしまった・・・

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございます。
このままじゃあ、死んでも死にきれないと思う方は、
どうぞここをポチッと押してください。共にがんばりましょう!!!
  ↓

  1. 2017/06/18(日) 02:09:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

自衛隊の戦闘車両は、子どもに人気の「働く自動車」?!

6月7日(水)記

5月下旬のある晴れた日曜日のこと。
すぐ近くの公園で、佐倉市産業まつりが開かれているというので
早速出かける。

凄い人出にも関わらず、すぐに伊藤さんと遭遇。
二人で佐倉名産の濃厚ソフトクリームを舐めながら、あちこちの
ブースを覗いていたら、あらららら…

とんでもないモノを発見!!!
これデス↓

LAV2.png
(写真はすべて木崎俊行市議提供)

なんと、自衛隊のテントが張られ、その前に装甲機動車が展示されている!

装甲車はお触り自由。
さらに
子ども用のミニ制服試着コーナーで、写真を撮るサービスも…

appealtokids.png

しかし、なんで、
産業まつりに自衛隊が出店???

後日、市役所で担当職員に説明を求めた。
すると、
「えっ、何か問題ありますか?」と真顔で聞かれ、
二度びっくり!!!

産業まつりだよ!
モノづくりフェスタだよ!
家族連れがいっぱいの平和なイベントだよ!

ぐっとこらえ、更に聞く。
「なんで、平和な産業まつりに装甲機動車がデーンといるのよ」

すると、驚愕の答えが!!!

「だって、働く自動車ですよ。
他に、クレーン車や消防車も展示してあったでしょ?
同じ仲間ですよ」

ぐぐっとこらえ、更に更に聞く。
「だって、装甲機動車って、戦闘用車両、つまり戦車の一種でしょ!
イラクや南スーダンにも行ってるじゃないですか。
ハッチから機関銃を打つんですよ!
クレーン車や消防車と同じではないでしょ!」

職員「いやいや、雲仙火砕流のときも、3.11の時も災害救助で
大活躍しましたよ」


あくまでも災害救助

確かにテントの中には災害救助の写真が・・・↓
desaster.png

でも、この反対側のコーナーではこんなモノが・・・↓
fieldfood.png

戦闘糧食、通称「かんめし」。

更に、こんなパンフレットも配られていた。

kuuteidan.jpg

中をあけると・・・
battlefield.jpg


戦場で機関銃をブっ放す車両が、すぐ近くの公園で飾られている。
しかも、子どもたちが周りで遊んでいる。

市の職員が真顔で証言した。
「子どもたちに大人気なんですよ。
お母さん方も、大喜びでしたよ」

調べてみると、佐倉市だけではなく、今全国の自治体の産業まつりに
自衛隊が出店しているそうだ。
うまいなぁ、自衛隊!

こうやって、市民の目になじみ、違和感が親和感に変わり、
非日常が日常へとスライドする。
安倍首相が9条に自衛隊を明記すると発表する前から、
着々と、コトは進んできているのだ。


しかし、感心してばかりでは、おられまへん。
きっちり、質問させてもらいますわ。
なんで、自治体が自衛隊の宣伝の片棒を担がんとあかんの?

ここで宣伝。
6月12日(月)午後2時から、代表質問します。
自衛隊の件はもちろん、教育勅語や銃剣道のことも質問します。
こんな戦前の亡霊が復活したので、本当に腰を抜かしました。

銃剣道とは、戦前の日本軍が使用した銃剣と同型同サイズの木刀で、
相手の喉笛か、心臓を突くものである。

juukendou.jpg

こんなものスポーツであるはずがない。

なぜ、こんなものが中学校の体育科目に選ばれたのかというと、
例の元自衛隊ヒゲの隊長、佐藤正久氏が、選定科目のパブコメの際、
自衛官OBや現役に働きかけ、大量に「銃剣道に賛成意見」を投じさせたと
自らのブログで公表している。

スポーツのフェア精神はどこにあるのか、佐藤氏よ!!!

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。
「自衛隊の日常化」にゾゾッと来た方はどうぞこのボタンをポチッと押してください。
   ↓


  1. 2017/06/07(水) 03:24:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

立憲ネットの記者会見。異議アリ、意義アリ、誤字もアリ・・・

5月29日(月)

モリそばもカケそばも、チャブ台がえしでひっくり返し、
ケナタッチ氏の横からのタッチもなんのその、
モンカ省元官僚の告発も、「モンクアッカ!?」と完全無視。

鮮やかに、したたかに、疾走、暴走を続ける安倍首相。

相変わらず高過ぎる支持率を背中に従え、
国会答弁での、原稿を「ザザー!」とめくる所作にも
「ゴーマンかましていいでちゅか」という自信がみなぎっておりますなぁ~

こんな東西随一のオン大将に、われらシモジモの地方議員が
噛み付いたところで、痛くも痒くもないでしょーが、
♬ ミミズだって、オケラだって、生きているんだ、意地があるんだYO♪

本日、午後1番で、「自治体議員立憲ネットワーク・千葉県」では
共謀罪憲法9条明文改憲に抗議する
記者会見を行いました。

今日、衆議院で強行採決された共謀罪法案が
参議院に提出されるのに合わせたものだが、
6月議会質問通告と重なり、ドタバタの展開。
声明文を今朝仕上げ、横断幕を準備し、いざ、県庁記者会見室へ。

ほんとに急な招集だったので、7人の議員しか出られず、
サポーターの吉沢さんが入って何とか形に・・・

しかし、しかし、慌てるとロクなことはございません。
下の、記者会見の写真を見てください。
どっか、おかしいでしょ?
kishakaiken20170529.jpg

はい、共罪を「共罪」と書いてしまいました。

8人それぞれ、共謀罪の危険性、9条の危機を的確にコメントしたのに・・・
たとえば、
・テロ対策というのは名ばかり、根拠薄弱。
・一般人かどうか決めるのは権力者。話し合っただけで罪になる。
・警察の権限が限りなく増大し、監視社会になる。
・全国のお母さんたち、もっと勉強して立ち上がってほしい。
・高齢者も、もっと声をあげるべき。
・自衛隊を憲法に明記することは、集団的自衛権が合法化され、
 9条の平和主義が完全に破壊される。

ああ、それなのに、それなのに、
「某」ですべてを「ボー」に振ってしまいました。
ボー然自失でございます。

しかし、めげてはおりませんぞ。
驕る平家は久しからず。

千丈の堤もアリの一穴から
と言うではありませんか。
みなさーーん、
異議アリ!
アリさんになったつもりで、叫びまくりましょう!

igiari.png
(市民ネットワーク北海道の「異議アリ」君です)

今回、立憲ネット千葉県として安倍首相に提出する抗議文は
こちら→ 抗議文(声明文
ぜひ、ぜひ、お読みください。

今日も最後までお読みいただき、アリがとうございました。
私もアリになって、アベ土手に噛みつきたいと思う方、
どうか、ここをポチッと押してくださいませ。
   ↓

  1. 2017/05/29(月) 23:22:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

安倍を守るマスコミと、真実を守るジャーナリスト

5月23日(火)記

アベ大将軍の暴走が止まらない。
暴走を許しているのはスットコドッコイのマスコミだ。

森友学園、加計学園、これだけ首相の「ズブズブの関係」が
明らかになってきているのに、報道の甘いこと、ゆるいこと。
国会で、民進党の山尾議員や、自由党の山本太郎議員らが
胸のすくような鋭い質問を放っても、まず報道されない。

逆に首相答弁は、「無知と無智と無恥」の3拍子揃った吐き気の
するようなひどいもの。
たとえば、憲法改正について長妻議員に首相が放ったヨタ答弁、
「読売新聞に書いてありますから、是非、それを熟読していただいてもいいのでは」

こんな悪態をついたなら、ひと昔まえなら首相の首がとんだだろう。

国会をも、国民をも、バカにし、愚弄し、嘲笑する首相。
それをきちんと報道しないどころか、相変わらずチョーチン持ち報道に
血道をあげているNHK。

一番許せないのは、アベ首相が突如言いだした「憲法9条壊憲論」。
衆議院の憲法審査会が審議をしている真っ最中に、
首相が独断で「憲法を2020年までに変えたい」などと発言していいものか!
権力者の憲法遵守を定めた憲法99条に完全に違反しているではないか!
そして、そこをビシッと指摘したマスコミは数えるほどしかいない。
もっと騒げよ、もっと怒れよ、もっと叩けよ!

へたれマスコミに千年分腹を立てている毎日だが、
例外中の例外、素晴らしいジャーナリストがいる。

ちょっと前のことになるが、例の今村復興大臣の暴言事件。
福島から自主避難している人たちに放った腐れ発言、
実際に帰れない人がいることについてどう思うか記者に聞かれて、
「本人の責任でしょ。本人の判断だ」と斬って捨てた。
「自己責任ということか」と記者に非難されると、
「裁判でも何でもやればいいじゃないか。」と開き直り。

記者が「責任をもって回答してください」となおも追及すると、
「無礼だ。撤回しろ」と語気を強め、最後は「二度と来るな」「うるさい」と怒鳴りながら、
会見室を退室した。

私は、今村大臣の2歳児レベルの「切れ方」に呆れる一方、
すごまれても怒鳴られても、ひるむことなく追及し続けた、この
記者さんに感動した。

直後にインターネットでこの方が、西中誠一郎さんというフリーの
ジャーナリストだと分かった。

そして、なんと、数日後に西中さんとお会いすることができたのだ!

4月26~27日、恒例の「福島震災情報連絡センター」の
いわきスタディツアーを行ったのだが、
小金井市議の片山さんが西中さんを誘い、取材も兼ねて来てくれた!

夜の懇親会のとき、「よく食い下がりましたね」と、あのときのことを聞いたら、
「いやぁ、誰も止めてくれないので、どんどん、どんどん、突っ込んでしまい…」
とさわやかな笑顔。
謙虚でたくましい記者魂に、拍手百万回!!!

すっかり西中ファンになってしまったワタクシは、
二日目、泉の駅で別れるときにツーショットをお願いした。
IMG_2957.jpg

今も自主避難者の問題を追い続けている西中さん、
権力におもねず、権力に痛めつけられる側に寄り添った報道を
続けるその姿勢こそが、ジャーナリズムの原点であると思う。

NHKをはじめとするアベ首相護送船団のマスコミよ、
西中さんの爪の垢を煎じて、毎日飲みなさい!!!

********************

ここで、宣伝です。
アベ首相の憲法破壊行動に、待ったをかけるのは、やはりこの人!
コニタン登場!
konitan.jpg

自治体議員立憲ネットワーク・千葉県では、
小西ひろゆきさんを講師に招き、つぎのような学習会を行います。

安倍首相の
憲法9条改悪を粉砕する!
5月24日(水)18:30~20:30
会場 市民ネットワーク千葉県4階会議室
参加費 500円


安倍政権との闘いの最前線で、
憲法を読み倒して得た理論武装に身を包み、、
平和と立憲主義への情熱という燃料を満タン、
ますます熱く、強く語る小西ひろゆきさん。
皆様も、学習会にどうぞご参加ください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
NHKなどマスメディアがスットコドッコイだと思う方は、
どうぞ、ここをポチッと押してください。
  ↓

  1. 2017/05/23(火) 02:07:08|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
←前のページ | ホーム | 次のページ→