大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

下ネタごめん! 放射性セシウム基準値の奇奇怪怪

佐倉市議会が8月29日に始まり、すでに1週間以上がたった。

今議会はかなりユニーク。
いつもなら、まず代表質問や一般質問を本会議場で行う。
それから、少し日をおいて、各常任委員会で所管の議案や意見書を審議する。

ところが今回は、まず常任委員会が最初にもってこられた。
理由は「節電」。
9月早々はまだ残暑が厳しいだろうから、本会議場にクーラーがいる。
しかし本会議場は広くて天井が高く、クーラーにかかる電気代が馬鹿にならない。
そうだ、本議会のほうを9月の終わりに持ってくれば、もう涼しいだろうからクーラーもいらない。
まだ暑い9月前半には、小さな部屋で事足りる常任委員会をもってくればいい。
そうしましょう、そうしましょう、
という次第で、東京新聞にも取り上げられた「佐倉市議会の変事」となった。

しかし、電力は予想を大幅にはずれだぶつき気味。東電は早々と「15%節電」を解除してしまった。

なんだか、間の悪い佐倉市議会であるが、本日伊藤さんの質問のヒアリングに同席。

その席で、驚愕の事実を発見してしまった。
いえ、すでに出回っている情報だが、つなぎあわせて考えるとトンデモなく「変」なのだ。

それは「汚泥、たい肥」の放射性セシウム基準値。
次の1キロあたりの数値を見てほしい。(食事中の方はゴメン!)


牛の糞尿を原料とした堆肥       400ベクレル
その原料(牛の糞尿)           200ベクレル
落ち葉で作った腐葉土などの肥料   400ベクレル
下水やし尿などの汚泥を原料とした堆肥 400ベクレル
その原料(下水やし尿)          200ベクレル

人間が口にする野菜やお米     500ベクレル

なんと、ウシの糞尿や腐葉土からできた堆肥よりも、人間様が口にする食べ物のほうが基準が甘いのだ。
さらに、さらに、人間様のし尿よりも、人間様の食べ物のほうが基準がもっと甘いのだ。

口からは500ベクレルまで入っていいけど、下から出るときは200ベクレル以下に抑えなさいって???
300ベクレルは出しちゃいけないって???

汚染がひどくなるのに合わせて食べ物の基準をどんどん緩くしていったから、こんな大逆転が生まれたのか。
議会の日程を逆にするのはあまり問題ないけど、
人間の消化器官の収入と支出を逆にすると、こんなおかしなことになる。

  1. 2011/09/07(水) 23:29:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。