大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

セシウム500ベクレルのお米は安全か?

やはり、お米が気になる。
セシウム500ベクレル以下という数字が独り歩きしている。

しかし、500ベクレルはあまりにもデカイ! ゆるい! 甘い!
ウソ800というが、うそ500という気がする。
政府にだまされるな。

あまり好きではない人物だが、武田邦彦氏がおもしろい数式を出している。

ベクレルを年間のシーベルトに換算する数式だ。
あいだの数式を省いて結論だけをいうと、

ミリシーベルト=ベクレル÷100

年間許容の1ミリシーベルトだと、100ベクレルしか摂取してはいけないことになる。

しかし、人間は食材だけから被曝するのではなく、空間からの外部被曝、呼吸による内部被曝、食材から、水からと少なくとも4つの被曝があると、武田氏は続ける。

外部0.2+呼吸0.2+食材0.2+水0.2+その他0.2=1.0

で、食材の上限を0.2とすると、ほぼ1キログラムあたり20ベクレルになる。

なのに、政府は500ベクレルという桁違いの数値を、「ここまでは安全だ」と繰り返している。
だから、ウソ500!

仮に500ベクレルだとすると、日本人は1日0.164キロお米を食べるとされているので、これをもとに年間シーベルトを計算すると、

500×0.164÷100=0.82ミリシーベルト

お米だけで年間1ミリシーベルトの82%を費やしてしまうことになる!
だからウソ500!

500ベクレルという信じられないようなゆるい基準を平気で言う政府、検証もせず唯々諾々と垂れ流すマスコミ、口を閉ざす科学者および科学信奉者。

給食に、「500ベクレル以下だから、セシウム入りのお米をどうぞ」と子どもたちに差し出せるのか。
ともかくお米の「子ども基準」を早急に作ってもらいたい。
せいぜい、50ベクレルとか…
これなら器械で検出できるよね?!

  1. 2011/08/14(日) 11:24:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |