大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

放射性物質「不検出」のカラクリ  おしゃべり会のご案内

【8月12日(金)】
午前中、伊藤さん、五十嵐さんと、18日に行う「おしゃべり会」の打ち合わせ。
なんやかやと、午後遅くまでかかってしまった。
昨日から事務所はお盆休みのはずだが、川嶋さんも猪俣さんも「ご出勤」。
電話はいろいろかかってくるし、本当にさくらネットは働き者集団だ。

議会報告も兼ねたおしゃべり会
そんなに堅苦しくなく、来ていただいた皆さんから「ベクレルとシーベルトって何?」「セシウム入りの食べ物って大丈夫?」「介護で大変なのよ」などなど、お話をうかがいながら、ワイワイがやがやとしゃべりまくる午後のひととき。
初めての方でも大歓迎。
以下の要領で開きますので、どうぞお越しください。
zansyomimai.jpg

はがき末尾の「坂本文雄さん写真展」、好評開催中です。
ネットの殺風景な事務所がこのようにギャラリーに大変身!↓
cameramanofazeta.jpg
伊藤さんのブログで紹介されている坂本さん撮影の美しい生き物たちの写真が、あなたをお待ちしています。

さて、お知らせはこのくらいにして、本題に移る。

今日の朝刊に、「千葉県の早場米の放射性セシウム、本検査 検出なし」と一斉に報じられた。
県内第一弾として、館山、鴨川、南房総の早場米(ふさおとめ、ふさこがね、など4品種)を検査したところ、放射性セシウムは検出されなかったというもの。
これはこれで良かったが、気になるのは「検出せず」という日本語。
決して「ゼロ」ではないのだ。
正確にいうと、放射性セシウムは20ベクレル/kg以下であり、これ以下は測れませんでした。
これ以下は測れませんという、行政にとって都合のいい数字を「下限値」というらしい。
しかし、毎日食べるお米だから、20ベクレル以下でも測れる器械を使うべきではないか。
食材の測定はとてもむずかしい。
これに勇猛果敢に挑んでいる市民団体がある。
福島の「市民放射能測定所」である。
この団体が発表した「市民放射能測定所 -測定結果」では、いろんな食材から、福島県が「不検出」としたにも関わらず、下限値を検出・公表している。

これを見ると、ブルーベリーとモモが結構数値が高い。

「市民放射能測定所」は、震災後に放射能汚染を心配する母親に情報を伝える目的で発足した。
日本全国47都道府県に市民測定所を設けようという「測定器47台プロジェクト」の第一弾として、フランスの民間の放射能調査団体「CRIIRAD」の協力を得て、福島市に設立されたものだ。

第1号が福島、次は?
千葉ってことはないか? それこそ、「千葉県不検出」かな???


  1. 2011/08/12(金) 22:16:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。