大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

このままではつくられてしまう八ツ場ダム!

原発も危ないが、八ツ場ダムも相変わらず危ない。

前原大臣が「中止」宣言をしたものの、なんの下ごしらえも味付けもしなかったものだから、たちまち空中分解。
私たち反対派の期待を宇宙の果てまで裏切りながら、今年秋には結論が出されようとしている。

その結論を出す仕組みだってとんでもない茶番劇。
これまで50年間、ひたすら八ツ場ダムを推進してきた国交省みずからが、八ツ場ダムの必要性を「検証」し、結論を出すというのだから、熱中症のごとくひっくり返ってしまう。

ダム推進の総本山である国交省の関東地域整備局が中立公正な検証をやるなんて、森田知事が千葉市長選に出馬するくらい可能性がない。

で、その八ツ場ダムの学習会を千葉市で開きます。

【このままでは造られてしまう!八ツ場ダム】
◆日時 8月21日(日)13:00~15:00
◆海上 千葉市生涯学習センター メディアエッグ
◆講師 島津てるゆきさん
◆参加費 500円
◆主催 八ツ場ダウをストップさせる千葉の会

群馬県長野原町のダム予定地では、7日の大雨でがけ崩れが発生。
川原湯温泉駅が泥で埋まった。
20110808-514003-1-N.jpg

以前から地盤の弱さを私たちが散々指摘してきた代替地の一部も、大規模な崩落を起こしているという。
こんなところに家をつくっちゃいかんだろう。

八ツ場ダムと原発の共通点
①産官民が利権で一致し、「国策」として進めてきた。
②首都圏の電気(原発)と水(八ツ場ダム)をまかなうために、遠く離れた地方に作る。
③役人天国の中にさらに「ムラ」を作り、税金を湯水のように使う。
④関連団体の多くが役人の天下り先となっている。
⑤なくても全く困らない。
⑥どちらも自民党の河野太郎氏が痛烈に批判している。
 

  1. 2011/08/11(木) 01:26:23|
  2. 八ツ場ダム|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |