FC2ブログ

大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

水道民営化法で、命の「水」が売り買いされる!?

12月1日(土)
今国会で、命に係わるトンデモ法案が、成立しようとしている。

水道民営化法案

①アベ内閣はなぜ水道民営化にご執心なのか
2013年、安倍首相が議長を務める「産業競争力会議」で、
上下水道の民営化の資料をまとめたのがアノ竹中平蔵氏
この会議に出席していたのがアノ麻生太郎氏
こんな残念な二人が後押しするというから、ハナから牛乳、
ハナから信用できませ~ん。

とりわけご執心なのが、アソー氏。
まだ国会に上程もされていない時期に
「日本の水道をすべて民営化します!」と
アメリカで叫んだらしい。

えっ、水道は厚労省所管。
なんでアソー財務大臣が? 
そう思ったアナタ、ピンポーン!
調べてみると、やっぱり世界の水ビジネスがからんでいましたぞ。


②日本の水を狙うハゲタカども
世界の水ビジネスは、2020年には100兆円規模になるという。
フランスの「ヴェオリア社」などの外国企業だけではなく、
市場参入を狙う日本企業も、
世界最高と言われる日本の自治体の水道管理技術のノウハウが
喉から手が出るほど欲しくて、
水道事業民営化を強力にプッシュしているのだ。

加計学園問題と同じ理屈で、
「岩盤規制を切り崩す」などとお題目を唱えながら、
お友達や政権を支える多国籍企業に莫大な利権を
プレゼントしていく構造だ。
しかも、今回は「命の水」を、
利権を生み出す打ち出の小づちにしようというからタチが悪過ぎる。

しかも、しかも、
アソー氏の娘婿が「ヴェオリア社」の役員だって!
さらに、さらに、
「ヴェオリア社」の人間が、
内閣府の「民間資金」関係の調査員として入り込んでいるんだって!

絶望的な利益誘導、政治の私物化、政治の物化だぞー!!!


③どの自治体も苦しい台所事情
人口減少が進む今、水需要も減り、水道料金の収益は減少する一方。
なのに、水道管は古くてボロボロ。
耐震化や浄水場の設備更新には巨額のコストがかかる。
悲鳴をあげる自治体が少なくない。

浜松市は、施設を所有したまま
「経営権」を民間企業に売却するコンセッション方式を導入する。
宮城県も、上下水道と工業用水の民営化に、
「みやぎ型方式」という手法で着手する。

わが佐倉市も、
「経営は苦しい。将来は民営化もあり得ないことではない
と二重否定で目を潤ませる。

④世界では失敗だらけ!
「民営化すれば水道代は安くなる」はウソ八百。
企業の利益と税が付加され、水道代は確実に上がる。

ヴェオリア社など水メジャー企業を生み出したフランスでは、
パリで既に100年以上前から、水道が民営化されている。
ところが、この25年間で水道料金が3倍以上になり、
サービスも著しく低下して、市民の不満が爆発!
公営に戻された。

南米ボリビアでは水道料金が倍以上に跳ね上がり、
市民の暴動に発展。200人近い死傷者が出た。
ドイツのベルリンでは、民間企業から経営権を買い戻すために
1500億円以上を費やした。

⑤別の道を歩もう!
民間企業が利益を追求するのは当たり前。
だからこそ、「命の水」は商品にしては絶対ダメ!

利益を追求しない自治体が水道事業を受け持つのが一番だが、
再公営化のパリでは、新しい道を歩み始めている。
議員・環境NPO・消費者・水道局・事業者などの代表が
「水道局理事会」を構成して協議運営に当たっている。

公と民が協力して幅広い意見を取り入れ、
公営というより、公共の事業として取り組み
水道料金も下がった!

そして、これ↓
ムダなダムはSTOP!
佐倉市の水道料金は、
八ッ場ダム完成後(2019年度) → 5%アップ
霞ケ浦導水完成後(2023年度)→35%アップ

これまで八ッ場ダムのことばかり訴えてきたが、
実は佐倉の水道にとって、霞ケ浦導水のほうが
悪影響が大きい。
那珂川~霞ケ浦~利根川、この3つを延々と地下トンネルでつなぎ、
水のやり取りをする。
しかも、汚くて高い水だ。
霞ケ浦導水
緑色の線が地下トンネル。

巨額の費用がかかり、
ほとんど役立たずのダムはいりません!

⑥学習会のお知らせでーす。
水道民営化や、迫りくる八ッ場ダムと霞ケ浦導水事業!
課題てんこ盛りの「水道」について、
水問題についてはナンバーワンの
嶋津暉之さんを講師にお迎えします。

12月24日(月・休日)
13:30~15:30(開場13:15)
会場 佐倉市立美術館4階ホール

scma_map_w.jpg
京成佐倉駅南口。
一方通行の坂道を上がって突き当り。
◆資料代 300円
◆主催 八ッ場ダムをストップさせる千葉の会
◆問い合わせは、さくらネットにどうぞ。
  ☎043-462-0618

八ッ場ダム反対運動に取り組んで早くも20年。
めげず、たゆまず、あきらめず。
バトンを伊藤とし子に渡します。

ごめんなさい。
また宣伝してしまいました。
ここをぽちっと押して、応援してくださいませ。
  ↓

  1. 2018/12/01(土) 13:54:13|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |