大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

「種子法」廃止で、私たちの「食」が危険水域!

4月24日(火)

4月14日に行われた山田正彦さんの講演会「タネはだれのもの?」が
大好評だったので、そのご報告を。

種子法をご存知ですか?
そして、こそっと廃止されたことをご存知ですか?

昨年、森友学園問題で籠池さんフィーバーで盛り上がっていたカゲで、
ひっそりと「種子法廃止」が決められてしまった。

種子法とは、日本のコメ、ムギ、大豆の日本の在来種を管理し、
優良なタネを安い価格で生産者に提供してきた。
この法律をなくすということは、ずばり、
多国籍企業というオオカミ
私たちの大切なコメ、ムギ、大豆を「さあ、どうぞお好きに」と投げ与えることなのだ。

山田正彦さんのお話を聞くにつれて、背筋が凍りついた。
こわ~い話を、ユーモラスにひょうひょうと語る山田さん↓
DSC00141_2018042414090703f.jpg

種子法が廃止されるだけでも大変なことになるのに、
農業競争力強化支援法というトンデモ法も、セットで通ってしまった。
この法律によって、これまでコメだけでも300品種あったのに、
大手企業が独占して、数種に絞られてしまうのだ。
法律の名前を
大手企業強化支援法と変えたほうがいい!

下の写真は、茨城県の農業試験場で栽培されているコメの原種を
見守る山田さん。(山田さんのパワポより)
茨城県の農業試験場

このように都道府県によって大切に管理・保護されてきたコメの種もみが、
「種子法」廃止で、民間会社に開放されてしまうと、
何が起きるか?

現在でも、日本モンサント社の「とねのめぐみ」、
三井化学の「みつひかり」、
住友化学の「つくばSD」という種もみの値段は
公共品種の4~10倍もする。

農家は、これら民間企業と直接契約。
肥料、農薬などすべて企業から買わなければならず、
収穫したコメも他に出荷することができない。
がんじがらめとなる。

これらの品種は台風でも倒れない、収穫が多いなど
メリットが謳われているが、化学肥料を40%も多く使うので
チッソが多くなるため、3~4年後に白葉枯れ病を起こしやすくなる。

今後は「大企業」強化支援法により、
日本が蓄積してきたコメの優良品種の知見、技術をすべて
大企業に提供しなければならなくなる。

そればかりか、
住友化学、三井化学の背後にいる
モンサント、デュポン、シンジェンタなどの
世界のモンスター種子企業が応用特許を申請し、
日本の農家は特許料を支払わなければならなくなる!

更に恐ろしいのは、遺伝子組み換のコメの作付けだ。

モンサント社は既に、日本のコシヒカリでの除草剤耐性の
遺伝子組み換え(GM)種子を開発し、茨城県で試験栽培を始めている。
同社の除草剤「ラウンドアップ」に耐性があるコメ、
つまり、雑草は殺すが、このGM米は殺さないという理屈である。

しかし、ラウンドアップに含まれる主成分グリホサートは、
アメリカでは発達障害や認知症を引き起こすとも言われており、
EUでは3年後に全面禁止される予定の農薬である。

日本政府は既に、70種類のGM米の種子の
一般圃場への栽培を認めており、
モンサント社などが申請すれば、承認され、一般に出回ることになる。

日本は人体実験場になってしまうのか?!

種子法廃止の裏にはTPPがあり、
私たちの食べ物が、世界の大企業に独占されていく。
種子法廃止で、
今後、コメの種もみは、今の値段の数十倍も高くなるとか。

これまでも37%と低い日本の食料自給率が
なんと14%にまで下がってしまう。

今回の種子法廃止は自民党内でも反対が多かったが、
官邸主導でやられた
と、山田さんは指摘する。
総理のご意向である。

安全保障とかぬかして、税金を湯水のごとく防衛費に注ぎ込み、
一方で、大切な食料を世界のオオカミに売り渡す。

食料安全保障こそが、軍備による安全保障よりも、100万倍大切ではないか!

真の売国奴とは誰か?
答えは明らかである。

今後私たちがやるべきことは、
「種子法」に変わる条例を千葉県で成立させること、
という対策も山田さんに教えて頂いた。
そのためにも、もっと県民、市民の声を盛り上げていかなければならない。
がんばるぞ!

講演のあと、山田さんと一緒に記念写真。
DSC00144_201804241504172ae.jpg
右から、伊藤、大野、川口えみ(司会)、山田さん、松島こずえ、入江、五十嵐。

飾らず、ゆったりと風格あふれる山田さんに
すっかり魅了された2時間だった。

今日も長文を最後までお読み頂き、ありがとうございます。
種子法廃止の恐ろしさに、ぞっとなさった方はここをポチッと押してくださいませ。
   ↓

  1. 2018/04/24(火) 15:14:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |