大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

「脱原発1000万人署名 in 佐倉」がスタートしました!

8月4日(木)
午後5時より、臼井駅前にて「脱原発」を訴える署名活動を行った。
全国で行われている「さようなら原発1000万人署名アクション」に呼応しての「佐倉アクション」だ。

署名の趣旨(国への要請事項)
1.新規原発建設計画の中止
2.浜岡からはじまる既存原発の計画的廃止。
3.もっとも危険なプルトニウムを利用する「もんじゅ」、「再処理工場」の廃棄。


この1000万人アクションの呼びかけ人は
内橋克人、大江健三郎、落合恵子、鎌田慧、坂本龍一、澤地久枝、瀬戸内寂聴、辻井喬、鶴見俊輔の9氏。

臼井駅前はいつも私たちが署名活動や駅頭宣伝活動を行っている場所で、
駅前で客待ちをしているタクシーの運転手さんたちとは、顔なじみである。
しかし、今日はひっくり返った。

ネットの赤いのぼり端をポールに立てている私を見て、一人の運転手さんが
「あんたたち、なにもんなの?」
「えっ」(なにもんって聞かれても…、たじろぐ私)
「共産党?」
「はぁ・・・?」
「だって、赤い旗立ててるでしょ」
「・・・」

ま、いろいろありますね。
めげずにマイクを握り、通行人に署名を呼び掛けた。

午前中、急いで作ったチラシもまく。
主な内容はーーー
「原発はこんなに危険!」
・100万キロワットの原子力発電所1基1年間運転して
 生み出される死の灰の量は、広島原爆の1000発分!
・全国にある54基の原発は、ほとんどが地震地帯に立地。
 とくに浜岡原発(静岡県)は東海地震の想定区域内にあり、
 世界一危険と言われている。
・25年前事故を起こしたチェルノブイリ原発はいまだ放射能を出し
 続け、半径30キロ以内は今も立ち入り禁止状態。

「原発がなくても大丈夫!」
・現在稼働しているのは、54基のうち16基だけ。
 これでも全く電力不足は起きていない。
・火力発電は原発優先のため、5割が止められている。
 これを稼働させ、水力発電とあわせれば、原発が1基もなくても
 日本の夏、キンチョ―ル、ではなく、日本の夏は大丈夫。
・しかも「埋蔵金」がある。
 企業が持つ「自家発電所」は全国で3000か所以上あり、
 総発電力はなんと、6,000万キロワット!
 原発54基あわせての総電力が、4800万ちょっとだから、
 完全に上回っている。
 東電などの地域独占をやめさせ、電力の自由化を実施すればいい。

このほか、食べ物の不安のこと、佐倉市も準ホットスポットと呼ぶべき高い空間線量が検出されていることなどを、およそ1時間訴えた。
中高生など若者が結構立ち止り、署名をしてくれた。

署名用紙は次のURLからダウンロードできます。
http://sayonara-nukes.heteml.jp/nn/wp-content/uploads/2011/07/0620sayonara_genpatu1.pdf

  1. 2011/08/04(木) 23:46:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |