大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

ついに出てきた! 市民派の千葉県知事選挙「候補予定者」

2月20日(月)記

いつの間にか、2月も下旬…
知事選挙まで17日…

ようやく現れましたYO!
市民発の知事候補者が!
その名は
角谷 信一さん。

角谷と書いて、スミヤと読む。

住みやすい千葉県、スミヤしんいち
と覚えてくださいまし。
千葉市若葉区在住の62歳。
ついこの間まで高校の先生をしていた。

新しい知事を選ぶ会.ちばが母体である。
この会は、わが関根由紀世が共同代表をしており、
ずーっと、無党派市民代表の知事候補を探しまくっていた。

あきらめかけていたところの、突然の吉報である。
さて、敢えて無酸素でエベレスト登頂に挑むような無鉄砲、いえ、
奇跡の男、すみやしんいちとは・・・

先日「ちばレボ」で、品定め、いえ首実検、あー、なんと言うか
ともかく、じかに顔を見て話を聞かねばなるまいと言うことで
お呼びした。
その時の写真がこれ↓
sugayasan.jpg

正直言って、ルックスは「ふつーのオジサン」。
でも、高校の先生をしていただけあって、語り口は論理的&ソフトで
何を聞かれても誠実に受け答えする姿勢に、とても好感が持てた。
とりわけ、やっぱり教育にかける思いがハンパない。

彼の話しで驚いたのが
千葉県が、県立高校の入試を2回行い、
最初の1回目で44%の子を不合格にしていることだ。

不合格の子は、傷つき、ワンランク下の高校に2度目の挑戦をする。

2回の入試ですべての高校の定員が埋まるわけだが、
じゃあ、なぜ最初の入試だけですべての定員を埋めないのだ!?
わざわざ、60%だけ埋めて、2度目で100%にするなど、
いたずらに子どもを傷つけるだけではないか。

最初のトライで4割落とすことで、生徒の競争心をあおり、
勉強に励むことを県教委は期待しているということだが、
バカじゃないか!

2回も入試があるおかげで、3学期はほとんどマトモな授業がなく、
先生も生徒も不毛なレースで疲れ果てる。

入試を2回もやっているのは全国で千葉県と徳島県だけ。
こんな馬鹿げたことをやめさせたい、
それには千葉県知事になるしかない!
すみや、来たーーー!

もちろん、これ以外にもスミヤ先生の抱負はいっぱいある。
ひとことで言えば、
子どもたち一人ひとりの思いを大切にし、未来を一緒に作っていきたい。
これって、今の森田知事が金輪際持ち合わせていないものだ。

で、突然、森田知事の近況に話は移るが、
1月19日の記者会見での発言にのけぞってしまった。

記者に
「現在の県内の景気について、アベノミクスによる景気回復の実感はあるか?」
と聞かれ、森田知事が答えた内容を全文紹介する。
ほんと、これは後世に残すべき「世紀の珍回答」ですぞ!
ちょっと長いけど、どうぞお読みください。

大きく言えば、私は、少しずつ少しずつ戻ってきているのではないかなと。
大きく言えばですよ。でも、それが、変な話、いろんな毛細血管を通じて
全部に行っているかというと、まだそこまでは行っていないのかなと、
そういうふうに感じているところでございます。
ですから、例えば経済は、日本だけでうまく操作できれば良いのですが、
特に、今度はアメリカのトランプさんも出てきたとか、世界がこうでしょう。
そうすると、為替のこともそうだし、すごくこうなってきちゃう。
だから、非常に読みづらいことは確かだと思う。でも、私は、アベノミクス、
高かったり低かったり、いろいろあるでしょう。
でも、全体的には良い方向に向かっているのかなと。
また、良い方向に向かわなければいけない。気分も大事だから、
俺は上に行っているんだという気持ちを持つことは大事だ。
下に行っていると思うとどんどん下がるからね。そういうような気持ちで、私は、
県でも中小企業にどんどん力を入れたいというのは、「大丈夫だ」「みんな力があるんだ」
「前へ行こうや」、そういうような気分の醸成もしております。」

記者
わかりました。どうもありがとうございました。


「気分」で景気を操作できるなんて、森田知事はもはや神の領域だ。
記者は「わかりました」って、何をわかったのか・・・

こんな神がかりの知事でいいのか。
国の言いなりで、なーーんにもしない知事でいいのか。

答えを出すべき日が迫っている。
3月26日が千葉県知事選の投票日。

やっぱり森田知事、やばくね?と思った方はここをポチッと押してくださいませ。
  ↓

  1. 2017/02/20(月) 23:07:22|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |