大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

千葉県議会を傍聴。公安委員長を初めて見た!

10月5日(水)記

9月30日、小宮清子県議の代表質問を傍聴しに、
久しぶりに県議会へ。

懐かしき(?)古巣↓
県議会棟

入江さんの時には必ず傍聴しているが、この日、改めて
県議会議員って、
なんと、お行儀が悪くて、タカ派ばっかりなんだろう!
と、気持が悪くなった。

とにかく、態度がでかい。
小宮さんの質問が始まっているのに、席に着いてない議員が多い。
特に、わが佐倉市のN議員は、
始まってから30分以上経過してから入ってきた。
それも、口を押さえて、「臭い?におう?」という身振りを大仰にしながら、
周りを見回し、笑いをとり、なかなか着席しようとしない。

朝からニンニク入りのラーメンでも食べてきたのか?
それとも、ランチを超ハヤ弁?

ともかく、はなっから「小宮さんの質問なんか聞く耳持たず」がありあり。
佐倉市の有権者はこういう姿をよく見るべきである。

さて、肝心の小宮さんの代表質問だが、
詳細は、入江さんのブログでどうぞ→入江あき子の県議会日記

1時間の質問時間に、びっしり16項目。
答弁も併せておよそ1時間45分。
相変わらずの、森田知事をはじめとする執行部の空しい答弁に、
砂をじゃりじゃりと噛む思いが・・・

今回特に熱が入っていたのが、館山市の坂田(ばんだ)の残土埋め立て。
県の残土条例をしっかり執行し、県民の暮らしと健康を守るべき千葉県が、
残土条例の隙間をうまくついて、無制限に埋め立てができるようにもくろむ
悪徳事業者を、取り締まるどころか、お先棒をかついて助けている!!!

これって、私のころから全く変わっていない。
いや、もっとひどくなっている気がする。
知事が知事だからね・・・

小宮さんはこの件に関し、知事に何度もただすが、知事は一切答弁せず。
すべて、部下の部長にまかせっきり。
知事は現場に足を運ぶこともない。
大勢の地元の住民が、埋め立ての撤回を求めて傍聴席を満杯にしているのに、
彼の眼には砂粒にしか見えないのだろう。

坂田については、館山市議の石井としひろさんのツィッタ-もご参照を。
https://twitter.com/ishiitoshihiro/status/781865448140713987

また、沖縄高江に千葉県の機動隊が派遣されている問題。
答弁に立ったのは、公安委員長の岩沼静枝氏。

kouaniin.png

夫と千葉市内で石材会社を経営しており、千葉市の元教育委員も務め、
現在公安委員2期目。
遠目には、稲田防衛大臣にそっくりに見える。

小宮さんが、派遣の期間、人数、について問いただしたが、
「詳細については言えません」!

高江で、どのような活動をしているのか、住民への暴力行為を
どのように考えるか、と重ねて聞いても、
沖縄県警本部の指揮監督のもと、交通の危険防止のため
公平・中立な活動をしている

と、繰り返すのみ。

小宮さんはなおも食い下がる。
「公安委員長、あなたの家がヘリパッドに囲まれたらどう思うか?」

しかし、これは予想通り、
「仮定の質問にはお答えできません」とツレナイ答弁。

ちょっと質問のほうも詰めが甘かったかな、と思ったが
問題は、この質問をしているときの自民党県議団の騒ぎぶり。
まるで、住民を暴力団のように言うヤジや、
「一生懸命働いている機動隊に何を言うか」のようなヤジなど乱れ飛び
場内騒然。

確実に、千葉県の自民党県議団は右傾化を一層強めている。
彼らは全員、日本会議の会員なのだ。

国会では安倍首相の自衛隊・機動隊礼賛に
スタンディング・オベイション。
国が国なら、地方も地方だ。

傍聴を終えて、懐かしの議会棟地下食堂で、これまた懐かしの
稲庭天ザルを頂いた。
つるつるシコシコで、当時は週に2,3回は食べていたが、
この日はどうにも、こうにも、つゆの味がしょっぱい。
県議会も、地下食堂も、塩対応となった1日であった。

県議会の自民党に、塩なんか送れないと思った方は
こちらをポチッと押してください。
 ↓

  1. 2016/10/05(水) 16:12:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |