大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

ジョーカーは熊本地震を助けない

4月16日(土)記

いやぁ、ご無沙汰しておりました。
身辺、いろいろ慌ただしく、ブログの更新をさぼること1カ月半。
ようやく一息ついたところで、再びのスタートでございます。
これに懲りずに、引き続きご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。

熊本ではえらいことになっております。
1日も早い地震の収束と、被災者の皆様が元の生活に戻れるよう、
願ってやみません。

私の父親は大分県出身。
小さい頃はよく、大分市や別府温泉に行った。
大分でも被害が出ている由、親戚もいるので気がかりだ。

それよりも気がかりなのが、今のアベ政権。
これまでも、散々批判してきた緊急事態条項

安倍首相は、本丸の9条改憲さすがに敷居が高いとして、
まずはおためし改憲として
この緊急事態条項から取りかかると、喧伝されている。

ところが、調べれば調べるほど、緊急事態条項じたいが
本丸ではないか、と思えてきた。

なぜなら、このジョーコ―、トランプで言う万能の切り札
ジョーカーなのである。

これさえあれば、国民に命令はできるし、
地方自治体は自由に動かせるし、
法律は作り放題、予算は使い放題。
国会なんかいらんもんね。
な~んでも政府の思い通り。
素晴らしきかな、緊急事態ジョーカー!

このジョーカーを使うときは次の2ケース。
①武力攻撃やテロ
②地震など、大規模な自然災害

今回の熊本地震も、もし緊急事態条項が創設されていたら
もちろん対象となったはず。

しかし、昨日、次のようなニュースを目にした。

「屋外に避難している住民は全員屋内に戻すよう」という
政府の指示に対して、
熊本県知事が「避難所が足りなくて皆さんがあそこに出たわけではない。
余震が怖くて部屋の中にいられないから出たんだ。
現場の気持ちが分かっていない」と
不快感をあらわにしたとか。

写真は、14日、学校の校庭に避難し一夜を明かしている人々(毎日新聞より)
校庭避難者

災害に備えて、「災害対策基本法」という法律がある。
住民の避難や、立ち入り禁止地区の設定や、自衛隊要請など
災害時に必要な対処は全て書かれている。

この法律では、
まず、地元の市町村に一義的な権限を与え、その次が都道府県、
そして国は後方支援に回ると明記されている。
地元が一番迅速に動けるし、事情を知り尽くしているから当然だ。

これと逆をいくのが、緊急事態条項だ。
まず、国家がしゃしゃり出てくる。
地元市町村は後ろに引っ込み、国の指示通り動かねばならない。

熊本県知事がいくら頑張っても、青空避難者は建物の中に
収容されることになる。

しかも、熊本で起きた地震のために、全国で「緊急事態」発令に
従わなければならない。
こんな理不尽でケッタイな制度はないだろう。

7月の参院選(衆参同日選もアリ?)で自民・公明が大勝すれば
間違いなく、緊急事態条項が憲法に盛り込まれることになる。

「県議は仮の姿、実は絵描き屋さん」の山本友子が書いてくれた図。
安倍首相そっくりのジョーカーである↓
img015.jpg

こんな万能カードを出させないよう、
こっちが安倍政権にレッドカードをつきつけましょう!

あっ、アメリカにもトランプさんがいましたっけね。

ついでに、明日の学習会の宣伝です。
震災から5年
福島を忘れない

福島で今、何が起きているか?
汚染水がどうなっているかさえ、もはや私たちには
正しい情報は届いていません。
被災者・避難者に寄り添い、パワフルな活動を続けている
前いわき市議佐藤和良さんにお話をうかがいます。
現地のリアルな情報が聞けます。

日時 4月17日(日)13:30~15:30
会場 千葉市きぼーる15階
講師 佐藤和良さん(前いわき市議、福島原発刑事訴訟支援団団長)
資料代 500円

チラシ

最後までお読みいただきありがとうございます。
久しぶりなので肩がこりました。
よろしければここをポチッと押してくださいませ。
  ↓

  1. 2016/04/17(日) 01:12:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。