大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

まだやれる! 「戦争法案」採決不存在の署名運動スタート!

9月21日(月)記

日本の立憲主義が死んだ日→9月19日

ご多聞にもれず、連日夜の国会前に行き、
SEALDsの小気味良いコールに血をたぎらせ、
石田純一さんの「戦争は文化ではありません!」発言に拍手し、
装甲車を縦にならべた異常極まりない警備体制に、心の中で中指を立て
「戦争法案、絶対廃案!」
と叫んだが、
結果はご存じのとおり、
そして、予想どおり。

まあ、色々抵抗はやりました。

9月17日、「自治体議員立憲ネットワーク・千葉県」として、
県庁で、抗議の記者会見。

立憲ネットとしては記者会見もこれで3度目。
毎回、段取りがよくなる。
前回、「安倍政治を許さない」のボードを掲げたので、
今回はこれ↓
記者会見2
左から、桜田(八街市議)、津久井(鎌ヶ谷市議)、西尾県議、三宅(船橋市議)、
小宮県議、藤代県議、入江県議、三田(八千代市議)、大野(わたくし)
戦争との政治にNO

それから、記者会見の席で読み上げた声明文はこちら→抗議声明文

さて、気落ちしてばかりではいられない。
昨夜飛びこんできた新たな動き、

参議院特別委員会の採決は無効だー!
やり直し

を求める署名運動。

佐倉市在住の醍醐さんが提唱者だ。
サイトはこちら↓
安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れ」
への賛同のお願い(至急


そうだよなぁ。

18日の参院特別委員会での強行採決の画像をいくら見ても
どこが「採決」じゃ、と首をかしげるばかり。

仙台の盛田さんという方が的確にまとめていらっしゃる。
①鴻池委員長は同委員会の開会宣言もしていない。
②法案も読んではいない。
③同委員会以外の約20名の自民党議員が委員長席を取り囲み
 出席議員の評決権を剥奪した。
③同委員会の映像記録の音声は聴取不能で議事録も残ってはいない。
④地方公聴会の報告もなく実施されなかった。
⑤日本共産党小池晃議員の委員会発言が、前記自民党議員の委員会妨害乱入
 ならびに委員長席周囲占拠によって封殺された。
⑥自民党佐藤正久議員の起立採決を促す「手を挙げる動作」は、
 同委員会採決手続きに該当しない。従って、同委員会採決は完了していない。
⑦その後に同委員会出席の議員が起立し、中谷元防衛大臣が深々とお辞儀を
 した動作は映像上のトリックで、虚偽の採決の取り繕いに過ぎない。

画像を見ればみるほど、
盛田さんや、醍醐さんの文を読めば読むほど、
参院特別委員会の採決は無効ムコムコ

さあ、皆様、採決は存在しないと訴える運動に
ぜひ、賛同署名を!


署名は上記のサイトのURLから入れますが、
署名だけのリンクはこちら↓
賛同署名の入力フォーム

賛同署名は9月25日(金)10時締切り。
急げーーーー!


何もしないより、
何かしましょう!


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
よろしければ、ここをポチッと押してくださいませ。
    ↓

  1. 2015/09/21(月) 11:37:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |