大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

驚愕! 長嶋茂雄記念岩名球場の改修に16億7000万円!

7月4日(土)記

6月議会はすでにほとんどの日程を終了。
7日(火)の閉会日を待つだけになっている。

今議会の最大の焦点は、何と言っても
長嶋茂雄記念岩名球場改修事業
iwanastand2.jpg
↑2013年の「長嶋茂雄さん市民栄誉賞授賞式」@岩名球場

ちょうど1年前の6月議会に初めて出てきたこの改修案。
設計料の委託だけで6613万円!
高すぎるんでねぇの、と俎上に載せた。
で、そのとき、「総工事費はいくらか?」と議会質問で尋ねたら
約8億円という答弁。

なんで、そんなに高いのか、と聞いたら

長嶋茂雄氏の名に恥じないような野球場にするため、
夏の高校野球の予選会場にする!
高野連のルールでは、「試合は有料でなくてはならない」。
今のオープンなスタンドでは、外からタダで入ってこれるので、
フェンスをぐるりと設けなくてはならない。
そのほか、スコアボードやバックネットや、スタンド増設やら、
なんやらかんやらで、それくらいはかかるんですよ。

そんなにかかるわけ、ないだろー!
と、その時もジャブを入れておいたのだが、
甘かった・・・

1年経って、出てきた予算が、
総工費、約16億7000万円!!!

なんと、なんと、2倍に膨れ上がっている!

すぐそばにできたサッカー球技場が
新設で約9億円。
ところが野球場は、改修なのに、16億7000万円???

一昨日の建設常任委員会では、厳しく追及した。

「昨年と、どこがどう違って、こんなに予算が膨れ上がったのか」と
聞いても、「サブスタンド5億円が新しく増えたから」というヘンな言いわけ。
計算が合わないし、だいいち、サブスタンドの増設は昨年の段階でも
入っていたはずだ。

「高校野球の予選に、年間、何日使うのか」と聞くと、
「今、県内には予選会場として11の球場があり、ひとつの球場では
11試合が行われている。だから、11日くらい・・・」という答弁。

あのねー、
同じ会場で、1日2~3試合行われるのですよ。
つまり、ひとつの会場では、年間多くて5日間しか行われないのだ。
これくらい、高野連のホームページを見ればすぐ分かること。

すると、今度は、
「高校野球だけではなく、多くの市民のニーズにこたえたい。
市内には、野球をする市民や子どもたちが多くいる」とのこと。

では、「佐倉市内の野球人口は、どれくらい?」と聞いた。
答えは、
2500人

佐倉市民17万6000人の中で、2500人!
年間、5日間!

このために、16億7000万円!

もう、あいた口がふさがらない。

更に不可思議なのが、国の補助金申請。

今回の改修には、国の社会資本整備総合交付金という補助金が
7億円入ることになっている。

ところが、この交付金を国に申請するための「総合整備計画」を偶然入手。
さっそく調べると、
「計画の目標」という欄にはこう書かれてあった。

岩名球場は40年経過し、老朽化が著しく安全面に問題がある。
多様化する利用者のニーズに応え、安全面での強化や施設の
バリアフリー化に対応し、レクリエーションやスポーツ等を通じて
市民の健康増進や交流の拠点となる運動施設にすることを目標とする。


高校野球のコの字もない!
ないったら、ない!

これはどういうことか、と質したら、
「高校野球だけではなく、市民に愛され、なんたらかんたら・・・」と
例によって、とってつけたような訳の分からない説明が延々と続く。

どうも、変だ。
国に言うことと、議会に言うことが、こうも違っているとは・・・

更に、質疑の中で判明したのは、
今後駐車場を690台分増設しなければならない。
用地取得に更にお金がかかっていく。

市長は、議会のことをATMだと思っているのか。
いつでも、好きなように現金が引き出せる自動現金支払機。

先日の文教常任委員会では、学校の安全対策の不備が問われた。
耐震工事は、全ての小中学校で今年度中に完了するが、
体育館の天井落下防止や、ガラス飛散対策がまだ進んでいない。
給食室も老朽化が激しく、一部では機器から煙が出たりする事故も起きている。
もっと、教育現場に予算を注ぐべきだ。

福祉予算もまだまだ不足している。

それなのに、野球場の改修に、17億円近い公費をぶちこむとは!

長嶋さんが、こんなバブリーな野球場を望んでいるとは思えない。
長嶋さんの名前にふさわしい球場というのなら、
天草市にあるこじんまりとした「長嶋茂雄球場」こそが当てはまるだろう。
amakusa.jpg
↑改修は特にせず、従来の球場の一角に長嶋さんの手形記念碑がある。

まるでオリンピックの新国立競技場のように、
カネにあかした豪華すぎる施設を作ることは、
今の時代にふさわしくない。

9条も窮状だが、
球場も窮状だ。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければ、ここをポチッと押してくださいませ。
   ↓

  1. 2015/07/04(土) 17:27:55|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |