大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

安保法案、十代女性にボコボコにされる!

6月10日(水)記

戦争推進法という正体を隠して、アベ政権がごり押ししている
安保法制案。

先日の衆議院憲法審査会に招へいされた3人の参考人が全員
安保法制は違憲! と断言。

自民・公明・次世代の党が推薦した参考人さえ
集団的自衛権の行使容認は憲法違反である。
従来の政府見の基本的論理の枠内では説明がつかず、
法的な安定性を大きく揺るがすものだ」

ときっぱり。

久しぶりに、大いにスカッとした出来事であった。

更に、今日、スカッとするどころか、飛び上るほど素敵なツィートを発見。

自民党の礒崎陽輔・安保担当総理補佐官。
立憲主義を知らない自民党憲法改正推進本部事務局長
として名を馳せている御仁である。

この磯崎氏のケッタイな理論を展開するツィートに、
10代女子ほなみさんが噛みついた!!!

(以下ツイート引用)
磯崎:集団的自衛権とは、隣の家で出火して、自主防災組織が消防車を呼び、
   初期消火に努めている中、「うちにはまだ延焼していないので、後ろから応援します。」
   と言って消火活動に加わらないで、我が家を本当に守れるのかという課題なのです。

ほなみ:バカをさらけ出して恥ずかしくないんですか。分かりやすく解説じゃなくて
   都合良く解説お疲れ様です。その説明全部論破されて終わりますよ。
   集団的自衛権と個別的自衛権の違いを勉強してください。議論はそこからです。

磯崎:それは、私におっしゃっているのですか。「バカ」とまでおっしゃってくれていますので、
   是非あなたの高邁な理論を教えてください。
   中身の理由を言わないで結論だけ「バカ」と言うのは、「××」ですよ。
   お待ちしています。

ほなみ:まず例えが下手。戦争と火事は全く別物だし笑
   戦争は火事と違って少しでも他国の戦争に加担すれ自国も危険に晒す。
   当たり前だろ。しかもその解説は個別的自衛権で十分対応可能です。
   集団的自衛権と個別的自衛権を勉強してくれないと議論できません
   
   火事と戦争を同等にして例えるのがまずおかしい。わかる?
   火事には攻撃してくる敵がいない。戦争は殺し合い。
   それに少しでも加担すれば危険なのわかるよね?
   それが分からないなら本当に脳みそ腐ってんじゃない?

   火事は消化すれば解決する。殺し合いは必要ない。
   戦争は違うよね?殺し合って何万人何十万人何百万人が死んでくんだよ。
   それに日本が加担するってことだよ。
   バカって図星すぎてカチンときたのかな?笑
 
磯崎:あなたも「例え話」というのが分からないのですか。
    「例え話」は、本来の話と異なる話から、本来の話の理解を促すものですよね。
    自衛権の行使は、我が国の国民の生命、身体を守るためにするのでしょ。
    あなたこそ、一から勉強し直してください。

ほなみ:例え話は同等の物で例えないと例えにならないんだよ。わかりますか?
    あとその自衛権の行使は個別的自衛権で対応可能だよって。
    そこ勉強しろよ。

磯崎:個別的自衛権は、我が国が直接武力攻撃を受けないと、行使できません。
    だから、それまで、他国が我が国を守るために戦ってくれている中で、
    指をくわえて見ていていいのですかという話です。
    もう少し上品な言葉を使いましょうね。

ほなみ:日本を守る戦い?は?大丈夫かこいつは。
    日本を守る戦争はいつ始まるのでしょうか。
    アメリカに言われるがまま集団的自衛権行使容認しよーとしてる今の日本で
    本当に日本が守れるとでも?笑バカすぎてつらい。
    こんなんが政治家でいいのか。
    
    やばい。頭悪いし、中学生でも論破できるレベルの政治家。
    バカって言われて図星すぎて言い返して結果どんまい笑笑笑

    どの国がどんな理由で日本を守る戦いをしているのでしょうか。
    そしてどの国がどんな理由で日本を守る戦争をする原因を作るのでしょうか。
    日本に何かあるなら日本に攻撃するでしょう。
    それは個別的自衛権で十分。んで?他に何か?

    あなたがバカだという理由は、例え話になっていない都合良く解釈してるだけの
    自己満をSNSで晒してその上、集団的自衛権と個別的自衛権の違いすら
    分かっていない。
    日本を守る戦争が一体どこでいつ起きたの?起きるの?
    妄想もほどほどにしとけアホ

第三者登場:一般ユーザーの意見に反応するのは結構だけど10代の女の子に、
    この大人げなさ。
    世間の最大注目集めている法案担当の総理大臣補佐官が、だよ。

磯崎:10代の女の子でしたか。知りませんでした。悪しからず。
    ただ、来年から選挙権年齢も18歳以上に引き下げられますので、
    10代だからと言って軽視しては、叱られるのではないでしょうか。

ほなみ:………。
     逃亡。情けない補佐官だなぁ。

(以上、引用終わり)

このあと、磯崎氏は「ほなみ」さんのアカウントをシャットアウトしたとのこと。
本当に情けない政治家である。

読んで分かる通り、ほなみさんの言っていることは全て正解。
実に、きちんと「集団的自衛権」の本質を理解している。
ちょっと、言葉遣いが乱暴だけれど、あまりに相手のオツムが悪くて
切れてしまったのだろう。

一方、磯崎氏は集団的自衛権の基本の「き」も分かっていない。
火事と戦争をごっちゃにするところから、
ほんとに「トホホ」な政治家である。

最後に割って入った人、相手が十代だろうと、おかしいことをおかしいと
指摘しているのだから、
「大人げない」と磯崎氏をしかるのは、かえって年齢差別ではないか。
しかも、このお叱りを受けて喜んだのは磯崎氏。
これ幸いと、負け戦から撤退してしまった。

ほなみさんの痛烈で的を得た指摘に拍手1000万回と
言いたいところだが、
逆に、あまりに程度の低いこんな政治家が、アベ政権の中心に
座っているなんて、心霊写真よりもゾーーッとするではないか。

こんなのが、日本の未来を左右するのかもしれないのですぞ!

もうひとつ、胸がすかっとする出来事が・・・

自民党青年部が先日の日曜日に全国いっせいに行った街頭演説。
憲法改正を民衆に訴える絶好のチャンスととらえたのだろうが・・・
おあいにくさま。
各地で待ち構える市民にボコボコにやられたようである。

わが、藤沢の友人からも、茅ヶ崎駅前での様子が伝えられた。
ぺデストリアンデッキで自民党が演説を始めると、
その前に80人ほどの市民が抗議のプラカードを持ってスタンディング!
tigasaki.jpg
右の青いのぼりが自民党。左側が市民。

standing.jpg
静かに横断幕やプラカードで、力強く訴える市民

この様子が以下のブログで詳しく書かれているのでぜひお読みください。
ケッサクです。↓
ブログ「風のたより

アベ政権のデタラメさが、ここへきて一気に曝け出され始めた。

6月6日、「佐倉・平和を未来につなぐ会」で、臼井駅から染井野まで
戦争法案反対を訴えるパレードを行った。
平和パレード

このときのコールの一つに
「あきらめないで、声を出そう!」というフレーズがあったが、
本当だ。
あきらめちゃいけない。
憲法学者も、ほなみさんも、茅ヶ崎の皆さんも
おかしいことは、おかしいと、きちんと声を出している。

私も、声を出し続けよう!!!
スズメ百まで・・・

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしかったら、ここをポチッと押してください。
   ↓

  1. 2015/06/10(水) 10:13:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |