大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

県議選 第2弾 選挙公報の奇々怪々

4月8日(水)記

今日は早くも県議選6日目。

昨日から寒さがぶり返し、今朝はなんと雪が散らつく始末。
早朝のJR佐倉駅に、入江あき子候補者と二人で立った。
肉声での1時間は、ウグイスをやる身にとっては厳しい。
しかし、候補者入江あき子は、寒さもものともせず、元気に大きく
「入江あき子です。ただ一人の女性候補です!」と声を張り上げた。

本日、朝刊と一緒に「選挙公報」が配布された。

選挙公報1

選挙公報2


入江あき子のプロフィールに1点記載ミスがあり、
お詫びして訂正します。

(誤)
国際基督教大学(ICU)教学部社会科学科卒業
(正)
国際基督教大学(ICU)教学部社会科学科卒業

本人も含め、広報担当全員で何度もチェックしたが、見逃してしまった。
重々反省!!!

さて、この選挙公報、よく見ると、またもやいろんな奇々怪々が…

【到底、できもしないことを堂々と公約?!】
ある候補者は、「国保税を1世帯1万円引き下げる」と書いている。
ありえない!
国保税を決めるのは、県ではなく佐倉市だ。
しかも、どこから財源を持ってくるのか???
国保の広域化で、県が関与するのはまだまだ遠い先の話だし、
第一、広域化すれば、保険税はむしろ高くなるはず。

人気取りのためには、何を言ってもいいのか???

【なんと4年前の「選挙公報」を引き写し!】
別の候補者の内容は、4年前のものとソックリ同じ。
3期目を、4期目に変えているだけ。
ひょっとすると、2期目も同じだったのか・・・?

また、別の候補者は、体裁は4年前とそっくりだが、
内容を少々変えている。
だが、しかし、「3Rの推進でゴミ処理費用を軽減」とあるが、
J党が3R運動をしているなど、聞いたこともない。はて???

また、別の候補者は、選挙ポスターと同じく
「脱原発」と「議員定数・議員報酬3割削減」という言行不一致のキャッチを掲載。
千葉県を「せんたく」するイラストも載っているが、
一番、公職選挙法違反の「捨てカン」が目立っている人。
町の景観を台無しにする「捨てカン」を、所狭しと並べても平気なのに、
千葉県をきれいにできるのだろうか???

みなさん、4年に一度の選挙公報は大事に取っておきましょう。
4年後に見直して、「候補者をせんたく(選択)」するために
使いましょう。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
よろしければ、ここをポチッと押してください。
   ↓

  1. 2015/04/08(水) 16:34:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |