大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

忘れちゃいけないTPP,T(とんでもない)P(ペテンの)P(プロジェクト)

1月26日(月)記

いかん、いかん、またもやブログを2週間近くさぼってしまった。

さて、TPPである。
このところ、とんと表舞台に出てこなくなった感があるが、
集団的自衛権や原発などと同等に、重大かつ緊急の課題である。

しかも、特定秘密保護法によって、ますます交渉は秘密裏に進められている。

日本にとってTPPとは何か?

ひとことで言えば、ドラえもんである。
アメリカがジャイアンで、日本はのび太。
TPPが締結されれば、のび太(日本)はジャイアン(アメリカ)の言いなり。
不幸なことに、ドラえもんもしずかちゃんもいない。

○関税が撤廃され、米国などから安い農作物(特に米)が流入。
 日本の農業に大きなダメージを与える。
○農林水産省の試算では、TPPに参加すると雇用が340万人減る。
TPPに参加すると食料自給率が40%→13%に
○食品添加物・遺伝子組み換え食品・残留農薬などの規制緩和。
  食の安全が脅かされる。
○医療保険の自由化・混合診療の解禁により、日本が世界に誇る
 国民健康保険が骨抜きに! アメリカのようにカネ持ちのための
 医療が栄え、貧乏人はほったらかし。

こんなTPPを植草一秀氏はこう呼んでいる。
T(とんでもない)(ペテンの)(プロジェクト)

日本をアメリカの奴隷として売り渡すとしか言えないTPP.
こんなTPPを粉砕しようとする画期的な動きが起きている。

TPP交渉差止・違憲訴訟

そのための総会が行われるというので、過日秋葉原の会場に出かけた。

そこで知った事実は、
今、TPP交渉についてはマスコミはほとんど報じなくなっているが、
◆3月にはシンガポールで閣僚会議が開かれ大筋合意、
 5月には最終合意が取り交わされることになる!
◆アメリカでは、もっと日本に厳しい要求を突きつけるようにという
 議論がなされている。

来賓の中で、亀井静香氏の挨拶が抜群に面白かった。
今の日本をたとえて
「安倍政権の相次ぐ国民無視の暴挙に、国民は生体反応を
しなくなっている。
5寸釘を打ち込まれているのに、針治療をやってるんだという
マスコミのいうことを信じてしまっている」
kamei.jpg

「訴訟の会」代表には原中勝征元日本医師会会長。
幹事長には山田正彦元農水相が選出された。
弁護団には、岩月浩二氏など、15名の気鋭の弁護士が参画している。

1月20日現在、会員2400人、原告700人。

訴訟は、原告一人あたり1万円の慰謝料を請求する損害賠償請求となる。
TPPによる精神的苦痛が果たして1万円で治まるか、どうか・・・

ただいま原告募集中ということで、ぜひ大勢の方に参加していただきたい。
こちらのURLからアクセスを。→ http://tpphantai.com/

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければ、こちらをポチッと押していただければ嬉しいです。
   ↓


  1. 2015/01/26(月) 23:09:14|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |