大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

大変だ!再生可能エネルギーが大ピンチ!パブコメ出そう!

1月3日(土)記

まだ三が日だと言うのに、気が気じゃないことが次々と・・・

年末にでかけたシンポジウム
再生可能エネルギー買取制度の見直しについての
パブコメ・ワークショップ


またもや忙しい年末に、政府がめんどくさいパブコメ募集を仕掛けてきたのだ。

ひとことで言うと、
おなじみのアベ政権の悪だくみ
        ↓
太陽光発電など「不安定な」再生可能エネルギーが予想以上に増え、
大手電力会社の持つ送電線に接続した場合混乱が生じる。
また、再生可能エネルギーを固定価格で買い取る制度「FIT」は
電力料金に上乗せされ、国民の負担に跳ね返るので抑えたい。
よって、安価で安定した電源である原発をベースロード電源とし、
やっかいな再生可能エネルギーを抑制していくことにした。
これについてパブコメを求める。

これを翻訳すると、↓

「原発がなくても電気は足りている」って、国民が気づき始めた。
こりゃ、まずい!!!
原発をじゃんじゃん再稼動したいのにー!
そうだ、太陽光や風力発電は不安定でカネがかかるってことを大宣伝しようっと。
ぼくちゃん、パブコメなんか募集して、ウソ八百のキャンペーンはっちゃうもんね。

経産省のパブコメ募集のページはこちら→ パブコメ

で、私のでかけたワークショップは、満田かんなさんが司会担当で
てきぱき進んだのだが、何しろ中身が難しい。
何より、テキが仕掛けた「再生可能エネルギー抑制」という土俵の中で議論するので、
電気系統の接続ルール、接続可能量、出力抑制、など
理科系の単語がバンバン飛び交い、頭がウニ&クラゲ状態。

しばし、kangaeruhito.jpg     denkyuu.jpg

ここは、テキの土俵に乗っちゃダメ。
原発を再稼動させるために、
ジャマな再生可能エネルギーを出力抑制しろ

というテキの本音に対して意見を言うしかない。

ザ・ラスト・オブ・トド(とどのつまり)

出力抑制するのは、て言うか、出力粛清するのは
再生可能エネルギーではなく、
原発でしょーー!

というわけで、以下、私が本日書いたパブコメです。

・該当箇所:全般に対しての意見
・意見内容:そもそも原発をベースロード電源にしている前提が
根本的に間違っている。
福島原発事故の原因究明もされず、核廃棄物処理の解決方法もない現状では、
原発がベースロード電源になることなどあり得ない。
原発ゼロを前提にして、いかに再生可能エネルギーを増やしていくか、
ドイツやデンマークのように目標値も明確にして計画を立てるべきである。
出力抑制すべきは再生可能エネルギーではなく、原発である。

ぜひ、皆様もパブコメを提出してください。
〆切は1月9日。

えっ、じゃまくさい???

では、この画像を見てください。
今年の元旦、東北電力が出した年賀状です。
これでも、異見を言いたくありませんか?
東電の年賀状

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければ、例によって、ここをポチッとお願いします。
   ↓

  1. 2015/01/03(土) 12:54:06|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |