大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

大義なきアベコベ解散と、大義いっぱいの市民ネットの政策

11月19日(水)記

もう、ええかげんにせぇーー!!!

といくら叫んでも、決まってしまったものは仕方ない。
アベ首相が自らの失政脱税疑惑を覆い隠すために打つ大ばくち。

突如やってきた解散総選挙。

てっきり、来年4月の統一地方選挙のあとかと思っていたら、
さすが、アベコベ首相、順番をアベコベにしましたね。

菅官房長官は「アベノミクスで経済が回復基調にあること は事実」だって。
思わず、「事実」という言葉の意味を電子辞書で引いちゃいましたよ。

でも、本当の「事実」を昨日の東京新聞が伝えている。

GDPは二期連続のマイナス。
PK2014111702100129_size0.jpg
国内総生産(GDP)は前期比0.4%のマイナス
年率換算1.6%のマイナス。

上の表でわかるのは、個人消費が伸びず、住宅投資は壊滅状態、
公共投資だけが順調に伸びていっていることだ。

円安や消費税で物価指数は4.0%もあがり、
逆に実質賃金は2.9%減。すでに15か月も賃金は減り続けている。

このどこが、アベノミクスで景気回復なんだ!!!

ちょっと気を静めて、話題変更。(です調で…)

来年の統一地方選挙の
市民ネットワークの政策が完成しました。
政策委員会のメンバーがああでもない、こうでもない、と
頭をひねり、知恵熱を出し、最後はお尻に火をつけながら
完成させた汗と涙の結晶です。
デザインは、わが県ネットが誇る工作(?)員、関根事務局長。
これです↓
seisakushu.jpg
A5サイズの可愛い冊子です。

キャッチコピーは、ずばり
基本いのち平和です

集団的自衛権行使容認で、アベ政権がめざす「戦争のできる国づくり」は
いよいよ本格的になってきました。
今こそ、「いのち」と「平和」の大切さをストレートに、シンプルに訴えたい。
そんな思いがこもったキャッチコピーです。
私は毎朝、3回唱えています。

そして、5つの政策の柱を立てました。

1.地域から平和を創る
  平和憲法で、武力にたよらない平和を実現
2.税金の使われ方に目を光らせます
  消費税増税ではなく税制改革を進めるよう、国に訴えていきます
3.住みなれた地域で暮らし続けるために
  医療と介護
4.子どもが輝く社会に
  安心して子育てができるまちづくり
5.脱原発、脱ダム
  破壊から再生へ、持続可能な社会をめざします

この中で、従来の政策集には入っていなかったジャンルが政策2。
税金の使われ方があまりにひどいので、今回入れました。
たとえば・・・

【消費税のつかわれ方に異議あり!】
今年、4月5%から8%にアップされ、国が得た増収は
今年度5兆円

一方、社会保障の充実に充てられたのは5000億円
たったの10%!
消費税は福祉目的だったはずでしょ!

そして、まだまだ腹が立つのだ、お立会い。
消費税につきものなのは大企業が泣いて喜ぶ
輸出戻し税(還付金
これは、海外では消費税制度が通用しないので、
輸出企業は売り上げに消費税を乗っけることはできない。
で、下請けに払う部品代や原料費には消費税がかかっているのだから
その分、そっくり払い戻しましょう、と言う制度。

ところが、たいていの大企業は消費税を払っておらず、下請けが自腹を切っている。
そうしないと、下請けは仕事をもらえないという悲しい女のサガみちこ(古!)

つまり、
輸出企業は、消費税分、そっくり、ボッタクリ

還付金上位10社はこちら↓
還付金上位10社

10%の数字は、5%時を2倍にした推定値。
ことほどさように、消費税が上がれば上がるほど、大企業は潤う仕組みになっている。

もっと腹の立つグラフをお見せしましょう。
我が国の軍事費でーーす。
軍事費

軍事費は2003年あたりから順調に減ってきていたのに、
2年前、安倍政権になってから、突如カマ首を激しくもたげ始め、
2015年度概算要求では、ついに過去最高の5.1兆円
これから1機100億円以上のオスプレイを17機も買うしねぇ・・・

こんなアベ政権には、みんなで
レッドカード をつきつけましょう!!!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
いつも腹の立つ記事ばかり載せて申し訳ありません。
でも、よろしかったら、こちらをポチッと押してくださいませ。
  ↓

  1. 2014/11/19(水) 16:11:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |