大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

サマーセミナーin佐渡 その② あ、空を飛ぶのは!?

7月15日(火)記

「サマーセミナー in 佐渡」2日目はあいにくの雨模様。
まずはトキ保護センターへ。

【トキの豆知識】
ペリカン目トキ科
全長75センチで翼を広げると140センチ。
思ったより小さい!
ちなみに、剥製のトキさんと五十嵐さんを比べてみました。
__ (10)

江戸時代には日本のどこにでもいたトキは
今や絶滅危惧種となり、保護センターで大切に育てられている。
放鳥されて野生に戻ったトキは、佐渡に134羽いるそうだ。

ケージの中のトキさんたち。
tokiline.jpg

ケージは「男組」と「女組」の2つに仕切られている。
自由恋愛はご法度だそう…
ただし、放鳥されたとたん、メスは「いい男」を探してドンドン飛ぶとか。
最初の放鳥では、メスのほとんどが予想を覆して海を渡り、
島外へ飛んで行ってしまったそうだ。

トキさんのクローズアップ↓
tokisama.jpeg

表面の羽根はグレーだが、翼を広げると内側が
麗しのトキ色。トキめきます!

こちら、佐渡名物枝豆ソフトクリームにトキめく友子さんと会津さん↓
__ (11)

さて、フェミ議連御一行様は、無農薬・無化学肥料で米作りをしている
佐々木さんの田んぼへ。
pad.jpg

sasakisaninpad.jpg
佐々木さんは、トキが飛んできてくれる田んぼ、
トキのえさ、カエルやドジョウ、ミミズが豊かに生息する田んぼをめざして
試行錯誤しながら、無農薬・無化学肥料でがんばってきた。

大変なご苦労があるはずなのに、
「生き物がいっぱいいる田んぼのお米なら、自信をもって薦められるんです」と
さわやかな笑顔で楽しそうに話される。

その佐々木さんが作る酒米で造られた純米酒がこれ↓
sake2.jpg
「拓(ひらく)」という名前だが、
写真がどうやっても寝てしまう。
カメラも酔っぱらったようです。

佐々木さんの話は更に続く。
「トキが来てくれた時は、本当に嬉しい」
そうだろうなぁ、
「トキなんか田んぼを荒らすだけだから、来たら追っ払ってやる」
と息巻いていた人が、いざトキが自分の田んぼに飛んできたら、
「来た―!!!」と小躍りしながら、隣近所にふれまわったそうだ。

と、それまで熱心に話し続けていた佐々木さんがピタッと話をやめ、
耳をそばだてた…

かー、かー

カラスより少し高い鳴き声が遠くの空から聞こえてきた!

あ、飛行機だ、いやスーパーマンだ、
いや、本物の、空飛ぶトキだ!!!

全員あっけにとられ、カメラで撮ることも忘れ、トキとの遭遇に飛びあがった。
インターネットで探した写真で、そのときのトキさまに一番よく似たお姿が
これ↓
tokiflying.jpg

私たちの行いがよっぽど良かったのか、
トキさまは、その後また2回も行ったり来たりしてくれた。

佐々木さんは、
「一度に3回も見られるなんて、滅多にないですよ」。
サマーセミナー実行委員長の荒井まりさんが、
昨日トキさまに「サービスしてね」と電話してくれたそうだ。
さすがっ!

興奮覚めやらぬまま、御一行様の乗ったバスは
雨のふりしきる中、一路北へ。

日本海のカレンダーと言われる佐渡島の大自然
それが
ジオパーク

バスの中で「ジオパーク」について熱く語る荒井まりさん↓
marisanlectureinbus.jpg

ジオパークとは、
大地や地球を意味する「ジオ」と、公園の「パーク」をくっつけた言葉。
地質学的に価値のある地域が「ジオパーク」に認定される。
千葉県では銚子がジオパークに認定されているそうだ。

ここ佐渡島はジオパークの総合商社。
島中が奇岩、奇蹟だらけだが、最北にある「大野亀」がすごかった。

「大野亀」というひとつの島が、たった1個の岩でできていると言う。
「うちの島です」と得意顔のわたしと、片山さん。うしろが「亀」です↓
oonogame.jpg

こちらは、正真正銘の「大野の亀」、うちのナタちゃん↓
natachan.jpg

次に向かったのは「賽ノ河原」という恐ろしげな名前の海岸。

横殴りの雨に耐えながら、
赤や緑や黒など、いろんな色の小石が美しい浜辺を踏みしめて
ひたすら歩く。
と、向こうに見ゆるはオットセイ???

ではなく、
丸いムニュムニュした岩の群れ。
写真 (2)

この岩さんたちは、1億年~2億年前にできた岩で、
チョー固い、コチンコチンの石頭だそうだ。
波に洗われてこんなムニュムニュした形になったのではなく、
地中から噴き出したマグマが、海水で急激に冷やされて
こんな形に固まったのだと言う。
非常に珍しい造形だとか。

地球2億年の話も面白かったが、
「石愛」を熱く語るまりさんを見てるほうが、ずっと面白かった。
まりさん、本当に楽しいツアコンをありがとうございました。

もりだくさんの2日目を終え、
明日はいよいよ柏崎刈羽原発へ。
また、あした。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしかったら、ここをポチッと押してくださいませ。
  ↓

  1. 2014/07/15(火) 23:44:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |