大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

国の本音が出た!「除染やっても効果なし。ならば、目標値をあげちまえ!」

6月14日(土)記

自民党安倍政権は、福島原発事故のことは「なかったこと」にと、
本格的にやり始めた。

除染しても、しても、しても、
福島県内の汚染地の放射線量が一向に下がらないので、
とうとう禁じ手に出たのだ。

除染目標値の
追加被ばく線量年間1ミリシーベルト
(毎時0.23μシーベルト)を2倍に
ひきあげちまえ!
という暴挙に出た!

これはたとえて言うならば、
リンボーダンスで、50センチのバーをくぐらなければならないのに、
出来ないと分かると、、バーを1メートルに上げてしまうのと一緒だ。

6月6日のニュースでも報じられている。↓
テレビニュース

そして、今日、メールで次のような驚くべき情報がきた。

「除染目標値の引き上げ」について、
13日に福島駅前除染プラザにて、環境省によるメディア説明会が開かれ、
ある記者の方から、その恐るべき内容がもたらされた。

環境省から
「0.23マイクロシーベルト」は、そもそも
「除染目標値」ではないとのこと。
だから、
「目標値が0.4~0.6マイクロシーベルトに引き上げられた!
目標値が2倍強になった!といった『誤報』を書かないでください」

という説明を受けたのだそうだ。

原子力規制委員会のガイドラインを取っ払ったように、
目標値そのものが「初めから違っていた」と言い張ることに決めたのだ。

さらに、配布された資料では、
個人線量計で測定された「(彼らの言う)本当の年間被ばく量」は、
いままで空間線量率から推定されていた年間被ばく量より低いから、
0.4~0.6マイクロシーベルトでも、年間1ミリシーベルトを達成できる

と書かれていたそうな。

こんな詐欺みたいな手を使えば、
どんなに線量が高くても、バーをどんどん上げればクリアーできる。

さて、佐倉市では一昨年から、私たちが何度も議会質問をして、
学校・幼稚園・保育園などに加え、公園なども除染してきた。
それなりに効果が上がっていると思っていたが、
昨年10月西志津地区の側溝の泥を市民が測ったら、
かなり高い数値が出た。

そこで千葉市にある市民放射能測定室 しらベルに泥1キロの測定を依頼したところ、
今年の分は1kgあたり8526.7ベクレル
昨年度の分は20504.6ベクレル
という高い数値が出た。

このことは、つい最近伊藤さんが議会質問で詳しく追及しているので、
ぜひ、議会中継録画を見ていただきたい。
やはり放射性物質は消えるわけではなく、移動しているだけだということを
思い知らされた。

普通の測定器では、あらかじめ狙い定めた場所しか測れないが、
歩きながら、ずーっと測れる便利な測定器が「しらベル」にあると聞いた。
その名は
ホットスポット・ファインダー
普通に歩きながら測れるので、ホットスポットがあるとすぐにわかる。

6月8日、「しらベル」の長谷川さんに来てもらい、
西志津地区の気になる所を測ってもらった。

公園の砂場を測る長谷川さんと地域の皆さん。
sunaba.jpg

これがホットスポットファインダー↓
sunabasokutei.jpg

右手に持った測定器の数値が、PCのモニターにすぐ写しだされる。
hotspotfinder.jpg

普通の測定器の40倍以上の感度を持っているので、
瞬時に正確な線量をキャッチしていく。
GPS機能も搭載。地図上に測定値を落とし込んでいく。
sizu-3.jpg

後日、場所と測定値などが一目瞭然のデータが送られてきた。
S20140608_113729.jpg

結果として、一部、側溝や雨どいの下などが高かったものの、
心配していたほどこの地域の放射線量は高くないことが判明。
やはり、しっかりと測定して良かったと、参加者一同胸をなでおろした。

値段は1台100万円。
普通の測定器よりも数倍高いが、時間と人手は数10分の1で済む。
伊藤さんは市に対し、ホットスポットファインダーの購入を求めたが、
案の定、にべもない答弁。

佐倉市は、福島よりもずっと放射線量の数値は低いから、
そんなに神経質にならなくてもいいじゃないのか、と言う人は多い。
しかし、しっかりと測定することで安心できるし、
また、局所的なホットスポットも見つけることができる。
その場所には子どもを近づけないようにすることができるのだ。

元に戻って、福島。
あまりあてにならない個人線量計の数値をたよりに、
目標値のほうを2倍にあげるなどという
人体への影響を無視した暴挙が行われようとしている。

線量の数値という厳然たる事実さえもご都合主義の拡大解釈。
アベ政権が行う拡大解釈(詐欺行為)は集団的自衛権だけではない。
こんな政権は、一刻も早くお引き取り願いたい。


今日も長文を最後までお読みいただき、ありがとうございます。
よろしかったら、ここをポチッとお願いします。
   ↓

  1. 2014/06/14(土) 19:16:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。