大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

学校用務員・残酷物語

3月21(金)

昨日で予算委員会終了。
4日間ぶっ通しで審議するから、3日間はほとんど徹夜状態。

26年度当初予算も相変わらず問題大アリ、小アリ、白アリ、黒アリ
だけれど、特に気になったのが
学校用務員業務委託 7087万3000円

この金額、前年度は1億円以上だったが、
毎年どんどん削られてきている。
削られるのは人件費だ。

昔はどこの学校にも、ちょっと年配のおじさんやおばさんが
「用務員さん」として働いていた。
先生とは違う大人、
もっと気安く話ができる大人として、
結構子どもたちに人気があったりした。

その用務員さんが、今では外部の民間委託になっていることを
ご存じだろうか?

つまり、派遣社員なのである。

佐倉市の場合、10数年前から民間委託が始まり、
今では市内の小中学校の全て34校に一人ずつ、
民間会社から派遣されてきている。

その民間会社というのが、驚くなかれ、ほとんどが
教育畑とは全く関係のないビル管理系の会社なのだ。

派遣というのは、なかなかややこしいシステムだ。
法律によって、職場で派遣社員に仕事の指示ができるのは
派遣会社の人間だけ。

例えば学校で、校長先生が目の前にいる用務員さんに、
「校庭の落ち葉の掃除をしてよ」と直接頼むと、法律違反になる!

派遣会社が雇っている「業務主任」が学校にやってきたときに、
「うちの用務員さんに落ち葉の掃除をさせて下さいよ」と頼み、
業務主任が用務員に「落ち葉の掃除をするように」と
指示しなければならないのだ。。

めんどうくさいったらありゃしない。

で、この用務員さんたち、毎年辞めていく人数がハンパじゃない。
25年度は既に6人が辞めている。
34人中6人!!!

なぜか?

労働環境がハンパでなく劣悪なのだ。

実は、予算委員会で質問をする前日、インターネットで
佐倉市に用務員を派遣するB社の求人広告を入手した。
それによるとーーー

【お仕事内容】
佐倉市内の学校用務員業務
・教育委員会事務局への事務連絡
・来客時接待に関すること
・学校諸行事の準備片付け
・構内環境美化作業(清掃、整備等)
・給食の配ぜんや片付けの手伝い
・湯茶の対応及び用品の維持管理
・事務所の留守番
・弁当の注文

【賃金】
月給12万円諸手当なし
ボーナスなし
交通費支給なし

【雇用期間】4カ月~1年
【勤務時間】08:00~17:00(休憩60分)
【年間休日】土日祝日等で 129日
【その他】年齢不問、学歴不問、経験不問、資格不問
【特記】自力通勤(バイク又は車)

この月給12万円には驚いた。
生活保護と同じくらいか、それ以下だ
1日8時間労働で計算すると
時給763円

千葉県の最低賃金777円よりも低い!

更に驚いたのが、平成23年度に委託したC社の場合。
求人内容がもっと凄い!

・教育委員会への事務連絡は本人の車を使用
・清掃作業(女子トイレあり)
大量募集

毎年大量に辞めていくので、最初から大量募集しとくのか…

予算委員会で教育長にこう指摘した。

子どもたちの成長を見守る教育の現場に
雇用破壊とワーキングプアを持ちこんでいいのか!?


劣悪な労働環境も問題だが、
こんな派遣社員では、いざ学校に不審者が入ってきたときや
災害が発生した時に、なんの役にも立たない。

また、用務員は子どもたちにとって単なる作業員ではなく、
毎日触れ合い、言葉を交わしあう親しい存在なのだ。

お隣の八千代市は今年度から民間委託をやめて、
昔どおりの直接雇用に戻している。

ところが翌日、教育委員会から「誤り」を指摘された。
時給は783円であり、最低賃金より上回っていると…

求人広告の数字で計算すると、どうしても783円にはならないので
教育委員会に問い合わせると、
勤務時間が15分短縮されている とのこと。

求人広告にはそんなこと書いていない。

なんだかなぁ~
後だしジャンケンみたいじゃないの。
おそらく、最低賃金より低いのは問題だというので
帳尻合わせで15分削ったのだろう。

それでも限りなく低賃金であることに変わりはない。
用務員という文字が
員に見えてきた…

ああ、無情!!!

最後までお読みいただきありがとうございました。
よかったら、ぽちっとひと押しお願いします。
  ↓

  1. 2014/03/21(金) 23:29:39|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |