大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

3月3日、ひなまつりの日に代表質問します!

2月議会で代表質問をします。

3月3日(月)午後3時ごろ~4時ごろ 

時間はあくまでも目安です。
私の前に質問する議員の質問時間によって変わるのでご了承ください。

こんな質問をします。

1.市長の政治姿勢について
安倍首相の憲法解釈について市長の見解を問う
 安倍首相の暴走が止まりません。
 自分が「政府の最高責任者だ!」と声高に叫び
 閣議決定だけで「集団的自衛権行使」への道をつけようと
 しています。
 市民の命と財産を守る「最高責任者」として、
 わらび市長は、この首相の主張をどのように考えるのでしょうか。
 市長が「立憲主義」をちゃんと理解しているれば
 いいのですが…

ミラノ視察について
 わらび市長はほとんど毎日ブログを更新しています。
 このブログに、昨年5月ごろからひんぱんに登場するのが
 ACミランのサッカースクールが佐倉にやってくるという話題。
 今年4月からオープンする岩名球技場を利用するとのこと。
 ところが、公式説明も何もなく、総工事費9億円の球技場を
 そのサッカースクールに優先使用させることが、市長とACミランの
 代理店とのあいだで決められたのです。
 11月には市長は突然ミラノまで1週間出かけています。
 毎日ブログを更新するはずの市長は、なぜかこの旅行中、
 空白の日が3日もあります。はてさて???

2.平成26年度当初予算について
市民の意見はどのように反映されたか
 佐倉市は毎年12月に、市民向けの当初予算の説明会を開きます。
 これをやっている市は全国的にも非常に少なく、
 佐倉市の取り組みはとても評価できます。
 ただ、市民の意見を積極的に取り入れるまでには至らず、
 また、肝心の市民の関心もいまひとつ。

地方財政計画について
 佐倉市の財政を普通の家の家計にたとえれば
 毎月の収入が47万3440円。
 このうち自前の給料(市税)は23万6500円のみ。
 パート収入(使用料や手数料)が6000円。
 残りの23万円は、親からの仕送り(地方交付税)や
 銀行からの借金(市債)。
 なので、親(国)が口うるさく佐倉家の家計に口を
 つっこんできます。

臨時財政対策債
 親(国)も台所が苦しく借金だらけです。
 子どもに仕送りするおカネ(交付税)を全額用立てることができず、
 子どもには「足りない分はそっちの銀行で借りてくれ。
 あとで必ず銀行には返してあげるから」。
 これが臨時財政対策債なんです。
 子どものほうは、借金に変わりはないのだけれど、
 あとで親が返してくれるというのだから、と
 ついつい借りてしまうんですね。
 困ったもんだ…

3.街路樹対策について
根上がり」をどうするか
 この問題については、2月11日のブログをお読みください。
 先日、横浜市役所の道路維持課を訪ね、根上がり対策について
 いろいろ教えてもらいました。
 そのときの写真↓(関内駅前)
yokohamaneagari.jpg
 
まちづくりとしての街路樹対策
 街路樹っていきものなのに、「道路」という無機物の施策に
 組み込まれているんです。
 落ち葉や根上がりの問題はあるけれど、
 やはり、緑豊かなまちをつくるためにも大事な存在。

4.開発・造成問題について
生谷の土砂流出について
 昨年10月16日、台風26号による大雨で、
 土砂崩れが起き、全壊、半壊など家屋に多くの被害が出ました。
obukaihouraku.jpg

 幸運にも犠牲者が一人も出なかったのですが、
 この団地を開発・造成した日新ホームは
 これまでもたびたび住民とのトラブルを繰り返してきました。
 なんとかお灸を据えたいところですが…

どうぞ傍聴においでください
佐倉市役所は京成佐倉駅から歩いて10分です。
 
インターネット中継でも見られます。
http://www.sakura-city.stream.jfit.co.jp/ 

  1. 2014/02/26(水) 23:07:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |