大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

安倍首相はクーデターを起こそうとしている

安倍首相はクーデターを起こそうとしている。

これまで歴代の内閣法制局長官は、
集団的自衛権は、今の憲法ではどう考えても無理!
憲法の条文を変えなければ出来ない話で、
解釈改憲などでは不可能だ」
と言い続けてきた。

内閣法制局長官とは、ずっと法務畑を歩いてきた官僚で、
憲法や法律のすみずみにまで精通した専門家集団のトップだ。
長官になるまで20年以上かかると言われている。
宮大工で言えば「棟梁」にあたる。

時の政府が「集団的自衛権」を行使したいと思っても、
この人が国会に呼ばれ、上記のように回答し、
おかげでずっと、集団的自衛権は行使されないできた。

これに業をにやした安倍首相。
あろうことか、内閣法制局長官を素人にすげ替えた。
外務省畑の小松一郎氏である。

いわば、染物屋がいきなり伊勢神宮の本殿の改修工事を
任されたようなものなのだ。

アベコベ氏お得意のお友達人事である。

意図は見え見え。

これで集団的自衛権への厚い壁は崩れ去った。
あとは軍事国家への道をまっしぐら。

長い間、日本が戦争に巻き込まれぬよう防波堤となってきた憲法を
かくもやすやすとぶち壊したのだ。

これをクーデターと呼ばずして、
なんと呼ぶのか!!

今の事態を憂えている詩人がいる。
宮尾節子さん。
次の詩に、心が震えた…


明日戦争がはじまる
            宮尾節子

まいにち
満員電車に乗って
人を人とも
思わなくなった

インターネットの
掲示板のカキコミで
心を心とも
思わなくなった

虐待死や
自殺のひんぱつに
命を命と
思わなくなった

じゅんび

ばっちりだ

戦争を戦争と
思わなくなるために
いよいよ
明日戦争がはじまる

  1. 2014/02/06(木) 23:56:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |