大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

【緊急署名】女性へのあまりにひどい発言をするM候補は消えてください!

みなさーーーん!!!

マスゾエ候補がかつて、とんでもなくひどい女性蔑視発言を
していたことをご存知ですか?

もはや、マスゾエ氏の人権感覚どころか、オツムの程度も
疑わざるをえません。

メールで送られてきたマスゾエ発言は以下の通りです。

***********************

(1989年に「マドンナ・ブーム」という女性議員の大量当選が
あったが、女性の国会議員が増えたことについて、
彼はこのように発言している)

歴史的な例外の時代であって、だから、女ごときが出てこれる。
だけど、あのオバタリアンは全部あがった人ばかりなんでしょう。

僕は本質的に女性は政治に向かないと思う。
たとえば、指揮者、作曲家には女はほとんどいない。
女が作曲した曲に大したものがない。なぜか、と考えてみると、
実は指揮者は政治家に似ていることに気づいたわけ。
オーケストラを統率する能力は、女性は男性より欠けているわけです。
作曲家が少ないのも、論理構成をして様々なパーツを上手に
ワンパッケージにまとめる能力がないから。
これはシングル・イシュー・ポリティックス(単一争点政治)とも関係してくる。

それから、体力の差ということでいえば、政治家は24時間、
いつ重要な決断を下さなければいけないかわからない。
そのとき、月1回とはいえ、たまたま生理じゃ困るわけです。
女は生理のときはノーマルじゃない。
異常です

そんなときに国政の重要な決定、
戦争をやるかどうかなんてことを
判断されてはたまらない。
出典:BIGMAN1989年10月号「増殖マドンナ議員は日本をダメにするか!?)

*********************

こんな性差別者を、東京都知事にしていいのだろうか。
「あがった」だの、「生理の女は異常だ」だの、
もう、オツムの中が腐っているとしか思えない。

また、「戦争をやるかどうか」を国の重要な決定と考えているなど、
平和憲法を全く理解していない無知蒙昧の低能野郎だ。
彼を後押ししているのが、誰あろう、
「戦争をやりたくて、やりたくて」無茶苦茶な憲法解釈論をごり押し
する、もう一人の無知蒙昧の低能首相だと思うと非常に納得!

さあ、皆さん、こんな人間を都知事にするなんて、
まっとうな人間が考えることではありません。
以下の、緊急署名にぜひご協力を!
男性の皆さんもぜひ署名を!
〆切は明日の朝9時。

署名のフォームはこちらです。↓
http://masuzoe.wordpress.com/

  1. 2014/02/05(水) 19:28:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |