大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

名護の選挙から透けて見えるアベ政権のトンデモなさ。

名護市長選では、スエマツ候補の堂々たる
選挙違反ビラがまかれた。
これである。↓
BeMJK7hCEAAf9S_.jpg

公職選挙法では、告示されたあとは候補者の名前を
書いたビラは一切まけない。
こんな違反ビラを市内にまき散らしたというのだから、
スエマツ陣営、いや、バックで糸を操る石破、アベらの
コンプライアンス意識はミジンコのウ○コほどもない。

選挙違反をなんとも思わないアベコベ氏は、
憲法さえ、捻じ曲げようとしている。

昨日、伊藤真さんの憲法講演会に参加した。
伊藤さんのオフィシャルサイト

自民党の改憲案をまな板に載せ、実に分かりやすく
アベコベ政権のトンデモなさを話してくださった。

日本国憲法で一番大切なことは何か?

それは、立憲主義

すべての人々が個人として尊重されるために、
憲法が国家権力を制限し、
人権を保障する。
これが立憲主義だ。

憲法99条には「憲法を守るべき人間」としてこう書かれている。
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の
公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


ここには「国民」という文言は入っていない。
つまり、
本来、国民には憲法を守る義務はない。
政治家などに守らせる責任があるだけなのだ。

「憲法」とは普通の法律とは全く別格の存在で、
国家権力の暴走を防ぐ装置として、どこの国でも存在している。
図で示すと…↓
kenpou.jpg
国民が守るべきは、憲法ではなく、「法律」なのだ。

しかし、自民党の憲法草案ではこうなる。
(第102条)
1、全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。
2、国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、
  この憲法を擁護する義務を負う。

つまり、憲法はを縛るものではなく、国民を縛るものに!

図はこうなる。
antikenpou.jpg

国家を縛るものはなくなり、やりたい放題!
しかも、「天皇」が文言から削除されているのは、
天皇が憲法を超えた不可侵の存在だと示している。

もうこれは、戦前の大日本帝国憲法そのものだ。

信頼できる国会議員からの情報によると、
安倍首相は本気で日本を軍事国家にする気だという。
そのために、憲法を改悪、少なくとも解釈改憲で
集団的自衛権を手に入れ、徴兵制を復活させ、
自衛隊を国防軍に衣替えする。
それも可及的速やかに。

これって、テロそのもの、
いや
軍事クーデターではないの?!

なのに、なのに、
アベコべ政権の支持率が再び上向いているという。

爺さんが戦争を計画し、
おっさんが戦争を命令し、
若者が戦争に行かされる。

こんな日本にしたいのですか?

【お知らせ】
おしどりマコ&ケン
原発ぶっちゃけトークショー
笑いながら、原発に詳しくなるという
一粒で二度おいしいマコ・ケンのトークショー。
2月9日午後1時
佐倉市立美術館4階ホール 地図

詳しいことはこちら→ チラシ
笑いの力で脱原発

  1. 2014/01/21(火) 00:09:24|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |