大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

肥田舜太郎さん講演会のお知らせ

「カタログハウスの学校」の案内です。

 放射線を考える特別編 「内部被ばくがもたらすもの
 ◆講師:肥田舜太郎さん(医師)
 ◆日時:2011年7月16日(土) 14:00~15:30

 ◆会場:東京都渋谷区代々木2-12-2 カタログハウス本社ビル
      B2Fセミナーホール(JR 新宿駅南口から徒歩 8 分)
  →地図 http://www.cataloghouse.co.jp/seminar/map_tsem.html?cid=scl0096
 ◆参加費:1,000 円(税込・当日会場にてお支払いください)
       ※ペア割引(2名で)1,500円/学割(学生証の提示で)500円
 ◆定員:150名(定員になり次第〆切)
◆お申込みは以下のページからどうぞ
http://www.cataloghouse.co.jp/study/?cid=scl0096#T20110716001

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【肥田 舜太郎(ひだ・しゅんたろう)さんプロフィール】

1917年広島生まれ。1944年陸軍軍医学校を卒業、
軍医少尉として広島陸軍病院に赴任。1945年広島にて被爆。
被爆者救援にあたる。全日本民医連理事、埼玉民医連会長などを歴任。

自身の被爆体験を原点に、被爆者治療と核廃絶運動に関わり続け、
今もなお各地での精力的な講演活動は続いている。
著書に 『広島の消えた日―被爆軍医の証言』(影書房)
『内部被曝の脅威』(ちくま新書)など。


  1. 2011/07/01(金) 23:36:49|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |