大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

泉田新潟県知事、TBSラジオで大いに語る

11月4日(月)

今日の夕方、車を運転しながら聞いていたTBSラジオの
「荒川強啓デイキャッチャー」に、
泉田新潟県知事が生出演!

思いのたけを語ったーーー!

泉田知事と言えば、柏崎刈羽原発の再稼働に対して厳しい条件をつきつけ、
原発立地県の知事としては唯一、原発の危険性を適切に認識している
知事として名を馳せてきた。

ところが9月27日、東京電力の安全審査申請に対し「条件付きで承認」、
まるで再稼働を容認したかのような報道をされ、
「すわっ、知事変節か!」と書きたてられた。

私も、「そうか、『原発ホワイトアウト』を泉田知事も読んで、空恐ろしくなったんだ。
小説のように罠にかけられて抹殺されないよう、ちょっと弱気になったかな」
などと勘ぐってしまった。

しかし、違った。
知事、ゴメン、
あなたはあくまでも信念の人、清廉潔白を絵に描いたような方だ。

知事の説明ではこうだ。
9月27日の件は、報道が全く間違ってされた。
東京電力が言ってきたのは「安全審査」ではなく、
規制適合審査

残念ながら、私のアタマでは、この違いがよく分からなかった。
どなたか詳しい人、教えてください。
ともかく、知事は「安全を確保してくれ」という意志を
東京電力に示しただけの話だったという。

それをあたかも「知事が再稼働を容認した」とばかりに
一斉にマスコミが報道した裏側には、もちろん、「原発ホワイトアウト」にも
登場する「原子力ムラ」の巨大な圧力が存在する。

事実、あのいやらしい原子力規制委員長田中俊一などが、
泉田知事を「困った奇人変人」呼ばわりしているそうな。
君たちのほうがよっぽど、富と権力におもねる人間のクズではないか。

で、泉田知事は更にこう続けた。

3.11の地震の直後、現場では原発がメルトダウンを始めたことが
分かっていた。
この情報をすばやく流せば、住民の無駄な被曝が防げたはず。
なのに、2ヶ月も後になって「どうもメルトダウンしたらしい」と発表。
放射性ヨウ素が既に大量にばらまかれ、子どもたちの健康被害を招いている。
甲状腺ガンがこれから激増するのは否定できない。

自分は、中越地震で刈羽原発の火災を経験した。
その原因を徹底的に調査させ、地震で建物が傾き
ドアが開かなくなって電話をかけに行けなかったことが
火災を防げなかった原因だったことが分かった。
これを機会に「免震重要棟」を日本で初めて作らせた。
このあと、福島第一にも「免震重要棟」ができたのだが、
これがあの大地震のわずか8か月前。
もし、「免震重要棟」ができていなければ、3.11のあと
日本は人が住めなくなっていただろう。

つまり、自分は、事故が起きれば原因調査を徹底的にやり、
その分析をしなければ、再発など防ぎようがないということを
身をもって体験したのだ。

福島原発では、なぜ格納容器が壊れたかは未だに分かっていない。
事故の原因を分析調査もせず、なんで「安全宣言」ができるのか。

原子力規制委員会にあるのは
断層を調べる調査班と、設備を調べる調査班の二つしかない。
福島原発の事故の原因を調べる調査班は存在しないのだ。

原因も調べないで、どうやって対策を打つのだ

アメリカではスペースシャトルの事故のあと、
細かい部品まで全て洗い出し、徹底的に調査分析した。
事故の調査報告はもちろん全てオープン。
こうしなければ、事故の再発は防げない。

汚染水漏れも、事故直後から分かっていたこと。
チェルノブイリ事故では、ソ連政府は汚染水がボルガ川に
流入することを恐れて、2週間後に対策を取っている。

なぜ、東電はそうしなかったのか。
その理由は カネ

当時、事故の引当金として9600億円も積んでいたのだから、
1000億円の遮水壁くらい、造れた。
そのカネを惜しんだせいで、かえって被害も経費も拡大してしまった。
(私:ああ、情けない~)

ヨーロッパやアメリカでは、原発はメルトダウンするものだと
いうことが大前提。
なので、メルトダウンしても下に行かないよう、
コアキャッチャーという装置が付けられている。

日本はあくまでも「原発は安全だ」。
コアキャッチャーも付けられていないし、今後も考えていない。

これはたとえて言えば、
日本は足の上で線香花火をしているようなもの。
欧米では、バケツの上でやっている。

知事は最後に
「安全審査をより強化してほしい」と強調した。

論理的で明快で、頭の回転の速いこと!
荒川強啓もたじたじとなる場面が何度か。
こうやって、ラジオやテレビ(無理かな)にドンドン出て、
「不都合な真実」をドンドン喋ってください。

ウソも真実も分からないボンクラなどこかの知事が
週休3日で遊び半分の楽な仕事をしているのに比べ、
賢いだけに、逆風にさらされ、身の危険に怯える…
本当に、この世は不条理だ。








  1. 2013/11/04(月) 23:19:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |