大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

台風被害、印旛沼、そして秋葉八千代市長

10月20日(日)
大雨の中、伊藤さんと八千代市民会館へ。
八千代市で長年環境保全活動をしていらっしゃるKさんから
お誘いを受け、
どうする?これからの八千代の自然
というシンポジウムに参加。

基調講演の原科幸彦千葉商科大教授のお話が面白かった。

原科教授は環境アセスメントの専門家。

環境アセスはとかく評判が悪い。
環境を開発から守るために行われているはずなのに、
大規模な事業に限られ、面倒で長ったらしい手続を経て、
ほとんど全て、開発にゴーサインが出されてきた。

八ツ場ダムしかり、
長良川河口堰しかり…

常に行政側(開発者)の意向に合わせるので
環境アワスメントと揶揄されるゆえんである。

そこで、原科教授は
秘策・簡易アセスを提唱する。

簡易アセスとは、
専門家と関係住民らで十分な協議を行い、
調査項目の範囲や方法を絞り込む。
対象が通常のアセスよりもグッと狭まるので
コストは数十分の一で済む。
これまでアセスにかけられなかった小規模の開発行為も
アセスの網にかけられることになり、
環境保全には大きな味方となる!

これって、佐倉市でも使えそう!

ところで、パネルディスカッションには
秋葉八千代市長も登壇。
IMG_0981.jpg

秋葉さん、思ったより元気そう。
問題の新川開発計画についてはさすがに言及しなかったが
八千代市の「緑の基本計画」が抱える矛盾点を的確に述べた。
つまり、これは緑を増やす目標値を掲げた中長期的な計画であるが、
一方で、八千代市は東葉高速鉄道建設での3000億円もの借金
のせいで、人口を増やし続けていかなければならない。
開発と、緑の保全と…
秋葉ハムレットの悩みは深い。

現実に八千代市は毎年1500人以上、人口が増加し続けている。
10年ほど前は佐倉市のほうが人口が多かったが、
今はずいぶんと水をあけられてしまった。

2013年3月末
八千代市人口 19万3117人
佐倉市 人口 17万7549人

秋葉市長、こんなことも言った。

今までは「河川改修」に否定的だったが、
今回の台風26号で認識が変わった。
(え、えーっ?)
印旛沼の水位が上がったので、大量の新川の水を
大和田排水機場から花見川へと流した。
その結果花見川の水位が上がり、周辺の300世帯が浸水してしまった。
だから花見川の改修が必要だ。
(あ、そういうことか、ホッ)

佐倉市側から見たら、印旛沼の水位が1.6メートルも上がったので、
何とかして東京湾に流す必要があり、大和田排水機場は頼みの綱だった。
悪いことに、臼井地区では土地改良区の排水ポンプ場が冠水し、
動かなくなった。

台風の16日、臼井地区のYさんから知らせを受け、
急きょ現場に駆けつけてみると…
IMG_0946.jpg
住宅街が冠水。
床上浸水のおうちも何軒か…

国道296から見える田んぼも、この日はまるで湖。↓
IMG_0936.jpg<

佐倉市の被害状況は
床上浸水15件、床下浸水108件。
土砂災害16件
避難者最多時76人

台風から3日後、恒例の印旛沼清掃にネットのメンバーで参加。
まだ水かさが高い印旛沼周辺を歩いた。
ゴミの収穫はあまりなかったが、1時間半のウォーキングは
結構楽しかった。
IMG_0980.jpg

秋葉市長の話に戻るが、
コアな支持者からはそっぽを向かれ、
議会では前市長派から集中砲火を浴び、
まだまだ四面楚歌の状況が続く。

でも、今日の姿を見ていると、
ともかく市民と対話をして物事を進めて行こうという
彼本来の姿勢が伝わってきて、一安心。
再び八千代市が「開発優先、土建型行政」に陥らないために
秋葉市長を市民がしっかりと支えていく必要があると
あらためて感じた。

  1. 2013/10/20(日) 23:51:37|
  2. 環境|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。