大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

金曜デモで、あの「ボードで抗議」の女性が・・・

一昨日の金曜日、例によって官邸前金曜デモに参加。

メインブロックのシュプレヒコールの絶叫調が、私はあまり
好きではないので、いつもファミリーエリアに行く。

このエリア、司会進行のあすかさんがとても良い。
ちょっと、「歌のおねえさん」っぽくって、シュプレヒコールも
「再稼働、はんたーい!」などと絶叫するのではなく、
ちょっと小首を傾げて、手にはひまわりの花なんか持って、
足でステップを踏みながらやるのである。

ときに
「おさかな、たべたーい!」
「お野菜、たべたーい!」

そのうち、
「小さくなって、アリさんにな~れ」なんて言い出すのでは
ないかと、ひそかに期待している。

りりしくも優しげなアスカさんには中高年男性のファンが多い。
みんな、ちょっと恥ずかしそうな風情で、
アスカさんのシュプレヒコールにあわせてつきだす腕も、
まっすぐというより、右45度に傾いている。

それから、ここのプログラムがとても良い。
いろんな人がマイクを持ってしゃべる。
説教くさいおなじみさん、自己陶酔がたの弾き語りをする常連さん、
ういういしい高校生、
みんな結構スピーチが面白い。

で、おとといの参加者がこれまでになく良かった、感動した!
ひとりの若い女性、ホットパンツに黒いブーツという今風のファッション。
1冊の本を手に喋り出した。

「これは『福島のこどもたちからの手紙』という本です。
みなさんに是非紹介したくて持ってきました。読みます!」

「僕は大人になれますか」
「ほうしゃのうだいっきらーい」
「僕達はどうなりますか? いくつまで生きられますか? 福島県に住めますか?」
「不安。悲しい。腹立たしい」
「みんなをたすけてあげたいです」
「はやくおそとでおはなつみしたいです」

ひとつ、ひとつ、彼女は気持ちを込めて読み上げ、
そのうち、涙声になり、先に進めなくなった。
こちらも胸が熱くなった。
IMG_0699.jpg
(左でライトを持っているのがアスカさん)

なんて優しい人だろう。

そのとき、アスカさんがマイクを引き継ぎ、こう言った。

「みなさん、この方は、参議院選挙のときに、安倍首相の
街頭演説で、原発廃炉に賛成?反対と書いたボードを
かかげていた方です」

ああ、そうか、あのとき突然大勢の警官や自民党関係者に
取り囲まれ、ボードを没収されたあげく、執拗な尋問を受け、
あとで、教えていなかった職場の住所にボードが返されてきた、
という恐怖の体験をした女性だ、
そんな東京新聞の記事が頭に蘇った。

彼女は今もひとりで、東電や関電まえで抗議行動をしているという。

えらいなぁ。
しなやかで、したたかで、これぞハンサム・ウーマン!

彼女に比べりゃ、あのときたったひとりの女性を数人で取り囲み、
権威を振りかざして脅したり、わめいたり、はたまた住所を調べ上げる
という姑息な嫌がらせをしたり、
あなた方は、弱いものいじめして喜んでいる「権力の犬」ではないか。

今日は来て良かった。
こんな素敵な女性に会えたなんて。

ちなみに、彼女が持っていた本はこちら↓
福島の子どもたちからの手紙

さて、それからは怒涛のフィナーレへ。
恒例の「音楽隊」の演奏がドラマチックに鳴り響く。
ロックンローラーのダミアンさんも乗りに乗ってシャウト!
IMG_0708.jpg
(真ん中のジョジョっぽい立ち姿がダミアンさん。かっこいい!)

終わってから、東京駅で飲んだビールが超絶美味だったことは
言うまでもない。



  1. 2013/08/18(日) 23:13:01|
  2. 人権と平和|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。