大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

飯田市が熱い! おひさまプロジェクトで熱い!

7月4日〜5日、長野県飯田市への再生可能エネルギー・スタディツアーを実施。

太陽光発電を市あげて進めている飯田市の、
お日さまプロジェクトなど、
自然エネルギーの先進的な取り組みを、
生きているうちにこの目で見たいと思ってきたが、
6月議会中の忙しい時間を縫って、伊藤さんが準備を進め実現にこぎつけた。

昨年ドイツ・デンマーク再生可能エネルギーツアーをプロデュースしてくれた
リボーン社の壱岐さんが今回もコーディネートしてくださり、
しかもツアコンとして同行。
鬼に金棒、ネットにリ棒―ン

朝7時半に東京駅に集合。
さくらネットを始め、総勢19人で元気に出発!
乗り込んだバスは、壱岐さんご自慢の天ぷら油が燃料のBDFバス。⬇


飯田市に到着して最初に訪問したのが飯田自動車学校。
「おひさま進歩エネルギー」の蓬田さんが説明役として合流し、
自動車学校内の屋根貸し太陽光パネルを見る。

飯田市は日光の照射量が日本でも一番多く、太陽光発電にはもってこいの土地柄。
実際、まちのあちこちに太陽熱温水器や、太陽光発電のパネルが目につく。
可愛い形の公立保育園にも、ほら、ちゃんとパネルが!
__ (8)


ここでちょっと、おひさまプロジェクトのことをご紹介。

***********

2004年飯田市内で、エネルギーの地産地消を目指した
おひさま進歩エネルギー株式会社が発足。

その最初の事業として行われたのが、市民出資の太陽光発電事業、
南信州おひさまファンド

飯田市は、おひさま進歩エネルギー株式会社に公共施設の屋根を20年間貸し、
固定買取をする契約を結んでいる。
くわしい仕組みの図はこちら↓
http://img.project.ecomodel-iida.com/20110524_1847402.gif

この仕組みにより飯田市内の公共施設38箇所に、
市民出資を元手とした太陽光発電が取り付けられた。

さらにこのあと、一般家庭の屋根にまで手を伸ばす
おひさまゼロ円システムが誕生。
B-1.jpg

*********

さて、天ぷらバスは私立「明星保育園」を訪問。
ここはNPO「南信州おひさま進歩」が設置したおひさま発電所第1号がある。
園長先生以下、全員が省エネとグリーンエネルギーの生活を実践中。
おひさまから電気が今、どれくらい作られているか、
園児にもすぐ分かるモニター。↓
__ (9)

次に訪問したのは、現職市議の森本さん宅。
ソーラーパネルはもちろんのこと、家は地元の木材で建てられ、
室内の壁は漆喰、断熱材を多用したパッシブハウスだ。
売電収入が毎月の電気料金を上回っていることをうかがう。
素敵な庭で説明してくれる森本さん。↓
__ (16)

市営の温泉で汗を流し、今夜の宿、「風の学舎」へと
バスは山の上へ。
晴天なら飯田氏を一望できるロケーションに「風の学舎」はあった。
誰の行いが悪いのか、残念ながら今日は雨模様。
それでも、ほら↓
__ (12)

風の学舎は全て自然エネルギーで電力をまかなっている。
わお!
憧れの垂直型風車発見!
IMG_0535_1.jpg

落ち着く間もなく、またもやレクチャー。
風の学舎を運営するNPO法人の平沢さんが再生可能エネルギーの
最新情報をパワポで1時間半説明。
お腹がすいたよ~…
__ (14)

平沢さんご自慢の囲炉裏。
火が暴れないように、自在かぎには「水」の象徴である鯉の木彫りが
ついているって知っていた?
__ (11)

で、地元の方々も入れて総勢20数人が夕食をとるというので、
スペース確保のため、
囲炉裏は急きょ、跡形もなく「たたまれ」てしまった。
IMG_0531.jpg

ここの台所は昔ながらの「かまど」で煮炊きをする。
__ (13)

そして、これが夕ご飯。美味!
IMG_0532_1.jpg

夕食後は、おひさまシンポエネルギーの原社長や、森本市議も参加しての
懇親会でおおいに盛り上がった。

そして…
一晩中蚊に悩まされた人と、全く蚊の襲来も受けずに惰眠をむさぼれた人と、
それぞれが新しい朝を迎えたのであった。
(ちなみにわたくしは後者です…)

朝食は、壱岐さんが調達した天然酵母のおいしいパンと
壱岐さんが淹れてくれた苦みまろやかコーヒー。
__ (15)

出発前に、風の学舎前で記念撮影。
IMG_0538_1.jpg
お世話になりましたー!

2日目の午前中は、飯田市役所でみっちりとお勉強。
まず最初に、地球温暖化対策課の田中課長補佐から
「環境モデル都市・飯田の挑戦」というレクチャーを受ける。
自主独立の風土がもともとあり、昔から「地産地消」が受け継がれ、
近年、公民館活動が活発に行われているという飯田市。
だからこそ、おひさまプロジェクトという大胆な発想が
生まれたのかもしれない。

この項は、おひさまプロジェクトを支える条例づくりにも関わるので
また日を改めてじっくりと報告したい。
まずはこれまで。






  1. 2013/07/06(土) 23:13:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |