大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

千葉レボリューション大成功! ヒロさんはじける、会場興奮!

6月9日(日)

昨日、チバレボのビッグイベント
千葉発! 選挙で日本を変えるつどい
無事終了。

第1部は松元ヒロさんのひとり舞台

ヒロさんは開演2時間前に控室に到着。
すぐに司会担当の荒井さんやムーランちゃんと打ち合わせ。
ヒロさんのTシャツが素敵なので後ろ姿をパチリ。
IMG_0373.jpg

真剣な表情で打ち合わせる3人↓
IMG_0377.jpg
このあと、会場のホールに移り、関根事務局長のテキパキとした号令のもと
受付や会場整理などの準備に汗をかく。

6時半スタート!
司会は、フレッシュな「荒井&ムーラン」コンビ。↓
IMG_0378.jpg
会ったのは今日で2度目という風にはとても思えない、
息もぴったりの司会だった。

第1部はヒロさんの一人舞台。
写真撮影はNGなので残念ながら文章だけで報告。

まあ、とにかくこの日のヒロさんは今までで一番凄かった。
自虐ネタ(?)の鹿児島実業や鬼嫁の話はもちろん、
政治家を切り刻む話術がお見事!

「うチュくしいニッポン!」(このポン!という発音がおかしいったら)と
アベ首相のモノマネに続き、
オハコの麻生副総理のモノマネに会場は大爆笑。
口をゆがめてのシャガレ声で、後ろの垂れ幕を見ながら
「えー、みなさん、…で、を、えるつどい、にようこそ!
 わたしゃ、漢字が読めないんでね」

で、散々アベ&アソーさんをいじり倒したあと
政治ってのは「飴と鞭」でいかなきゃという展開になり、
「大丈夫、このお二人は、アベとムチ(無○)」
うまい!!!

これくらいで驚いていちゃいけない。
今日でヒロさんの舞台は5回観たが、今日が一番「危険水域」だったぞ。
○○○○の成功を祈る話しは、とても書けません。
思わず、ヒロさんが舞台から脱出できる非常口を探してしまった。

会場は笑いの渦に包まれ、また、のりにのるヒロさん。

1時間を超える大熱演の締めは、あの井上ひさしが絶賛した「憲法君」。
ヒロさんが憲法になりきって、
「姓は日本国、名は憲法。今年66歳になります」と始める感動の舞台。
「私は、「前文」と、103この条文でできています。」

このあと、ヒロさんは「前文」をソラで完璧に読み上げる。
平和を希求する「前文」の精神を全身全霊で声に載せていく…
ああ、「前文」って、こんなに素晴らしいことが書かれているんだなぁ、
胸が熱くなった。

「私をリストラするという話が今出ています。
私を自虐的だと非難するひとがいます。
でも、私は、この66年間、戦争という名前で他国の人々を殺したことがない。
それが誇りです。私をどうするか、皆さんに託しましたよ」

汗びっしょりの熱い舞台が終わり、第2部は
憲法、脱原発、TPPのテーマでそれぞれが語るリレートーク。
IMG_0380.jpg
左から「ネットワーク農縁」の田中正治さん(TPP担当)、
「放射能から子どもを守ろう関東ネット」の増田薫さん(脱原発担当)、
弁護士の広瀬理夫さん(憲法担当)

それぞれ、10分間という短い時間だったが、
分かりやすい説明と、前向きな提案を話して下さった。

会場からの発言も、要領よく簡明に話す人ばかりで
良かった、良かった。
「ともかく、周りの人に話していこう」と言う発言に「いいね!」100回!

最後に「つどいのアピール」読み上げ。

このアピール文は、読み上げてくれたシャレンちゃんや、若い仲間が夜遅くまでかかって、
うんうん唸りながら編みあげてくれたもの。
若い感性がきらきら光り、お見事! オバサンは脱帽…
憲法前文と同じくらい感動した。
全文をアップするので、ぜひお読みください。

私たちは、子どもを戦場へ送らないために、
憲法9条を大切にしたい。

私たちは、放射能から子どもたちを守るために、
原発のない社会をつくりたい。

私たちは、いのちと暮らしを守るために、
TPPに頼らない社会をつくりたい。

私たちが望む社会は、自分たちの手でつくっていく。
そのためには、ここにつどった私とあなたがつながって、
またあなたとだれかがつながって、
そのだれかがまただれかとつながっていく…。

私たちは、「進化し、変わっていく」という意味でのレボリューションを
起こし、千葉から日本を変えていきます!
身近なツールである「選挙」が最大限に活きる社会を、
私たちでつくりましょう!


  1. 2013/06/09(日) 11:09:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |