大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

【いわき市視察報告】 楢葉町から富岡町まで駆け巡りました。

4月25~26日、「福島原発震災情報連絡センター」の総会&現地視察。
私はこのセンターの事務局長なのに、いまだソラで正式名称を言えない。
以後「震災センター」と省略。

「原発事故・子ども被災者支援法」の肉付け・予算化など、日ごろから
活発な活動を続けている全国の仲間たち約140人のうち、
この日いわき市に集まったのは、
大分県、岡山市、新潟市、静岡市、東京、千葉そして地元福島県いわき市、
顧問の上原公子元国立市長を入れて、総勢25人。

【4月25日】
いわきゆったり館でまずは第3回総会。
何しろ前日までバッタバタの準備だったので、あちこち不備が…
松谷代表が静岡市議選を終えたばかりということもあり、
総会の場で「事務局内の連絡不徹底」が露呈!

しかし、専従職員がいるわけでもなし、全員が忙しい議員。
「できないことをどうーの、こーの言うのではなく、全員が関わる気でやりましょうよ」
と、啖呵を切ってくれたのがこの方↓
IMG_0203.jpg
頼もしき顧問の上原公子さん! 頼りにしてまっせ。

とはいえ、いろいろ出された課題をこれから事務局会議で討議
していかなくてはならないのは勿論である。はい。

総会が無事終了して、ホッと安堵の全員集合写真。
撮影は野村羊子(三鷹市議)さん。ありがとう。
県ネット作成の垂れ幕が効いてますなぁ。
IMG_0206.jpg

このあと、いわき市職員による「除染計画」などの現状説明があった。
特に「町外コミュニティ」の話は衝撃的だった。
町外コミュニティとは、放射線量の高い双葉町、浪江町、大熊町
富岡町の住民が、ふるさとに戻るまで町の外に作る「拠点」のこと。

いわき市には、これら4町以外の市町村も含め、現在
23901人もの避難者を受け入れている。
通常の人口が33万人ちょっとだから、ものすごい人口増となっている。
受け入れ自治体の中でも群を抜く数だ。

国のほうからは、平成12年の三宅島噴火による全島民避難の事例を
踏まえて対応するようにと言われたそうだが、ちょっと待て。

三宅島の避難民の数は3800人。
受け入れ先の東京は日本の首都、人口1000万人以上の大都会、お金持ち。
火山の噴火が収まれば帰れるし、事実5年間の避難で済んだ。

片や、福島原発事故の被災者。
周辺市町村からの避難民の数は約24000人。
受け入れ先のいわき市は、人口33万人の地方中核都市。
財政もそんなに豊かではない。
一番問題なのは、5年経ってもふるさとへ帰還できるかどうか。
いつ戻れるか、全く先の見通しがつかない中、避難者は疲れ果て、
受け入れ自治体は翻弄される。
復興交付金はまともな使われ方をしているのか、責任者、出てこーい!

このあと、前福島県知事の佐藤栄佐久さんの講演。IMG_0208.jpg

「知事抹殺 ~脱原発に向けて~」
佐藤さんを抹殺した原発マフィアの存在が浮き彫りにされた。
素顔はニコニコととても穏やかな方だった。

【4月26日】
午前8時にマイクロバスで出発。
北上して、3月25日に立ち入り禁止が解除された富岡町をめざす。

途中、道路のわきにズラ―と並ぶ黒いフレコンパック。
除染された土壌を保管しているという。
除染土
まさに、
賽ノ河原の石積みではないか!
しかも、帰宅してからこの写真をじっくり見たら、左のほうで数人の作業員が
フレコンパックに張り付いているではないか!!
まだ若い人たちだろうか? 二次汚染が心配でならない。

こんな注意看板も…
usi.jpg
野良牛が多いそうだ。悲しいなぁ。

バスの中では数人が測定器で放射線量を計測。
北上するにつれ、数値がどんどん上がっていく…
富岡町に入り、広野駅でトイレ休憩。
使われなくなった駅舎、
電車も時間も止まったままの風景。
広野駅
この地点で、地上50センチの数値は
0.736μシーベルト

バスは富岡町の中心商店街に入った。
__ (6)

人っ子一人いないこの風景を、「ゴーストタウン」と称して
マスコミからたたかれ追われた大臣がいた。
しかし、この風景はまさしく「ゴーストタウン」そのものではないか。
たたく相手は、こんな風にしてしまった国と東電でしょ!

商店街を抜けると、桜並木で有名な「夜の森」地区へ。
延々と続く桜並木は今は葉桜。ひっそりと葉が風に揺れている。
よく見ると、地上2メートルまで樹皮がはがされている。
桜の季節、花見のために帰還が許された住民のために除染したのだ。
可哀そうな桜たち。
木周辺の土も除染したそうだが、
このとき、バスの中の測定器の数値は、なんと、
2μシーベルトを超えた!

外に出たら、たぶん4μシーベルトはあるということだ。
除染してもこの数値。
「帰還計画」がいかに困難か、身にしみて分かった。

そして、
__ (4)

これ以上は入っていけないバリケードまで行き、
バスはUターン。
この柵の向こう側に家がある住民たちの想いを考えると
胸が張り裂けそうになった。
帰るべき家がない…

次に向かったのが復興商店街「浜風商店街」。
ここ久ノ浜地区は、地震、津波、火事、放射能被害の4重苦に襲われた。
壊滅的打撃を受けた地元商店街だが、店を再開してほしい」という
地元住民の熱いエールを受け、今元気に再起の道を歩んでいる。
浜風

一角には写真資料館がある。
被災した方が当時の生々しい様子を伝える。
IMG_0212.jpg
久ノ浜町では死者50人、行方不明13人を出している。

やっぱり元気なのは女性たち。
無料で来客にふるまうコーヒーと、美味しい田楽を前に
笑顔がまぶしい。「また来てね」とにぎやかに見送られた。
IMG_0218.jpg
 
さて、次に向かったのが
みんぷく

被災者や避難者への試験活動を、民間力を活かして、行政とつなげながら
きめ細かな事業を展開している。
説明役は「みんぷく」の発起人、赤池さん。
自称おまつり男の赤池さんだからこそ、ここまで活動を広げられたのだろう。

防災となる松林の大切さや、お年寄りの見守りなど、多岐にわたるお話。
いざというときのお役立ちグッズは?
これです。
IMG_0225.jpg

普通の懐中電灯より、ランタンがはるかに良いとのこと。
あと、ヘッドライトや手のひらサイズのパーソナル懐中電灯もお薦め。
それから、ゴーグルやヘルメットも目や頭部を守るために必要。
ポリタンクよりも、普通のバケツに水の入ったビニール袋を詰めたほうがよい。

食べ物の備蓄も、保存食品として賞味期限ギリギリまで保管するより、
食べては補充する「回転備蓄」がおすすめ。
「私は好物の缶詰を備蓄食品と決めているんですが、ときどき酒の肴に
食べてしまうんですよ。すぐ家内に買ってこさせて補充します」

すかさず、声があがった。
「自分で買いに行けばいいでしょ!」
パチパチパチ。

最後の視察は市民測定室たらちね

食品の放射能検査、ホールボディカウンター測定、そして甲状腺検査まで
ボランティアのお医者さんの協力を得ながら活動している。
財源は支援団体の寄付金。

復興交付金やーーい! あなたはどこへ行ったの???

説明してくださった鈴木さんをはじめ、スタッフはまだ若い女性たち。
IMG_0228.jpg

命と健康にかかわることなので、食品測定は1回500円。
甲状腺検査は無料。
本物のボランティア精神にあふれた活動を続けている。

この日、1000ベクレルを記録した野菜が!!!
この方↓
IMG_0231.jpg
コシアブラという山菜で、おひたしや天ぷらにすると美味だとか。

甲状腺がんの検査機↓
IMG_0237.jpg
1日80人~100人検査するそうだ。
今のところ結節は発見されていないということ。
しかし、子どもの成長が早い分、異変への移行も早い。
福島県は甲状腺検査を2年に一度などとけしからんことを言っているが、
やはり、半年に1度の検査が必要ではないかと、質問したところ、
「確かにそうです。半年か1年に1度はやらないとだめですね」

「たらちね」は写真ジャーナリストの広河隆一さんと協力して、
子どもたちの保養活動もすすめている。
鈴木さんは締めくくりにこう言った。
「保養に行きたくとも、学校を欠席しなければならず、渋る親が多い。
せめて、2週間でも、安心して学校を休める制度を作ってほしい。
また、親たちへの保養休暇も補償してほしい」

こうした制度改革は私たち議員の務めだ。
最前線でがんばっている「たらちね」など、今回の視察では多くの人々の
がんばりを見てきた。

除染してもしても、人が住めるまでには何十年もかかる。
今の「目先」しか見ない国や県の施策に対し、もっと視野を広げ、
射程距離を伸ばし、お金の使い方を根本から問い直すよう
訴え続けていかなければならない。

それはともかく、
最後に寄った土産物センターで、おいしいもの発見。
IMG_0245.jpg
貝焼き。
ウニを貝殻にテンコ盛りして蒸していただくのだが、
これが超絶美味。
重い課題をまたもや背負ってしまったなぁ、と心の片隅で感じながら、
それでも、今晩の酒の肴はこれだな、と
一人笑みがこぼれる帰りのスーパーひたちだった。



  1. 2013/04/27(土) 16:34:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。