大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

これはヤバい! 福島県鮫川村の『放射性ゴミ・実証実験焼却炉』

今年1月14日のブログで取り上げた
福島県鮫川(さめがわ)村
放射性ゴミの実証実験焼却炉

8000ベクレル/kg以上の高濃度汚染ゴミ(落ち葉など)を
焼却して容量を減らす。
焼却することで放射能は濃縮されるが、10万ベクレル以下の
焼却灰を管理型処分場に埋め立てる計画だ。

10万ベクレル!!!

小型の焼却炉なので環境アセスも必要なく、
ヤマネが生息する豊かな自然のど真ん中に「実験炉」と
称しておっ建てる。
しかも、この地はいわき市や北茨城市につながる水源地なのだ。

これだけでもとんでもない計画だが、
もっとひどいのが、環境省のやり方。
例によって秘密裏に計画を進め、鮫川村の住民に説明したのは
着工後というお粗末さ。

しかも、環境省は受注業者への工事仕様書にこう書いた。
施設が周辺から見えないよう設計すること

鮫川村をはじめ、いわき市、北茨城市でも住民が立ち上がり、
現在工事は中断している。
しかし、いつ何時再開されるかわからないし、
この鮫川村をスタートとして、すでに福島県内2か所に焼却炉が設置され、
南相馬市、飯館村など5か所にも建設が予定されている。

そして、福島県だけではなく、わが千葉県など全国に
広がっていく可能性が十分ある。

ガレキ処理の全国広域化がいかにバカな計画か、
私たちはこれまで散々指摘してきた。
ようやく、環境省も根拠薄弱だったことを認め、沈静化してきたと
思ったら、今度は小型焼却炉ですかぁ…

Our Planet TVが実に分かりやすく簡略にまとめたニュース動画を
配信しています。ぜひご覧ください。15分です。↓

http://www.dailymotion.com/video/xxwg3f_20130301-8000yyyyyyyyyyyyyyyyy-yyyyyyyy-ourplanettv_news#.UWHf5r_GG18

  1. 2013/04/08(月) 12:03:50|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |