大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

頭よりお尻? 森田知事の体罰論

久しぶりに森田ネタ。
知事は毎週木曜日に定例記者会見をやっているが、
昨日のを見たら、相変わらずの森田ブシ全開。
ほとんど中身のない受け答えで、笑ってしまう。
URL↓
http://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/chijishitsu/teirei/h24/250117.html

きわめつけは、大阪の体罰による悲惨な自殺について、
記者に「どう思うか」と聞かれたときの答え。

僕は、大阪のを、どうなんだろうと見たら、ビンタを何十回やったとか、
頭をひっぱたいたとか、あれはもう体罰じゃなくて、
私はとんでもない暴力だと思うよね。
これね、もし僕が殴られるほうだったら、愛情を感じないですよ。
何かそのときの気持ちで俺のことを殴っているんじゃないかなと思って、
これじゃ子どもはついてくるわけがありません。

それと、私も学生時代剣道をやっておりましたけれども、
私も後輩に「おい、やれよ」と言ったけれども、お尻をたたいていましたよ。
お尻を「頑張れよ、おまえ」。それで十分伝わるんですよ。


頭ではなく、お尻だったらいいのか???

それはともかく、森田知事はこれまで、体罰容認で有名だった。
橋下市長と同様だ。
体罰を受けた生徒が自殺しなければ、これからも体罰容認は
変わらなかっただろう。
絶対服従を強いられた少年が、死をもって抗議するまで
「体罰」について何の疑問も感じていなかったはずだ。
なんという、想像力の欠如、そしてご都合主義。

まあ、これをきっかけに教育行政に介入をもくろんでいる
橋下市長と違って、「お尻」のことしか言えない知事で
まだしも良かったかも???

今日の夜は、これまた久しぶりに金曜の官邸前デモに参加。
雪がまだ氷となって残っている極寒の官邸前で、
相変わらず大勢の市民が集まり、シュプレヒコールした。

八ツ場仲間の松戸の武笠さんが、いつものように
マイクいらずの声量で、「原発、いらなーい!」と叫んでいた。
mukasahoeru.jpg

つい先日、右翼の襲撃を受けたテント村。
心配をしていたが、このように、元気に営業中↓
tentmura.jpg

ファミリーコーナーでは、イケメン高校生が
「核のゴミを保管したとしても10万年後、言葉が分からない
未来の人たちが、これは宝物かもしれないと開けてしまったら
どうするのか? 今の大人は未来に対して、どう責任を
取るのか?」と鋭い疑問を投げかけた。

こんなしっかりとした高校生がいる反面、
あんなことしか言えない大人が知事として君臨している我が千葉県。
ほんとに情けない…



  1. 2013/01/18(金) 23:59:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。