大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

嘆いてばかりじゃいられない。

悪夢の選挙から2日が過ぎ,新聞各紙は冷静な
選挙の分析記事を出している。

東京新聞によると、比例では、自民は前回よりも219万票も減らしている!
2009年、民主党に惨敗を喫したあの選挙よりも、得票数は少ないのだ。

小選挙区のマジックで、自民は大勝した。
死に票率
自民 12.9%
民主 82.5%
未来 94.3%


小選挙区では、前回民主党に投票した人が、
ちょっとこらしめてやろう
という思いで、自民党に入れたケースも多いと聞く。
まさに、民主のオウンゴールであり、自滅だったと言える。
決して、胸を張って「自民党が選ばれた」などと威張れるもんではない。

ちょうど、「世界の民主主義研究家」である吉川さんから
面白いデータが送られてきた。

比例の得票数で議席を按分すると、どうなる
今は、小選挙区300+比例180=480議席であるが、
全て比例で獲得した票数に応じて議席を割り振りしたらどうなるのか

hireitokuhyou.jpeg

ふむ、維新が第2位ですかぁ…
これは困るけど、自民以外は軒並み議席数を増やせるではないか。
未来は3倍の27、社民にいたっては5倍の伸びだ。

小選挙区制では日本は滅びる…

  1. 2012/12/18(火) 23:46:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。