大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

全国のネットの仲間、札幌に集合!

11月23日、北海道へ。
2年に一度の、全国の市民ネットの仲間が集まる一大イベント。
札幌は吹雪だった。

全国交流会は、北海道ネットの代表さとうさんの元気のいい挨拶でスタート。

どっかの知事と違って、佐藤さんは本物の剣道有段者。
いつもながら、ピシッと姿勢が決まり、歯切れのいいスピーチで会場を明るくする。

続いて、北海道大学の宮本太郎教授の講演、「排除しない社会へ 生活保障の再構築」。


暗いと評判の宮本教授の話だが、今日は絶好調。
民主党レストランの話は面白かった。

最初はメニューがとっても良かったのでお客もドンドン入ってきた。
ところが、料理を注文しても「今、品切れです」
奥の「特別会計」という冷蔵庫をあけたら、カラッポ!
次第に客足が遠のき、閑古鳥状態。
一方、東京ではイバリンボウの江戸前寿司やが大繁盛。
客を怒鳴り散らすジジイの板前がなぜか客に大受け。
これが大阪のお好み焼きやとくっついた。
寿司とお好み焼きの合体なんて、気持ち悪くて食べられたもんじゃない!
(このくだりは、大阪人間のわたくし、
「お好み焼きを橋下なんかに例えたらあきまへんでー」と
1人でツッコミをいれていたが…)

人生は今、65歳からが非常に長くなった…
65歳から85歳まで、1人の持ち時間は10万時間!
ここをどう過ごすかで、人生の幸せ度が違ってくる。
今の老人は昔より、歩く速度も5歳分若返っている。
「生殖機能期間をはるかに超えて元気に生きる新人類」の誕生だ。
高齢者が若者を支えることで、地域も元気になる。

などなど、常識を覆し、「暗い」というレッテルを引っぺがし、
笑い続けの1時間だった。

さて、このあとは会場をテレビ塔に変えて、立食の懇親会。
ここで、謎の料理「ザンギ」が登場。
ドイツ.デンマークツアーで一緒だった北海道ネットの岩野さんから
その存在を聞いていたが、ついに遭遇することにあいなった。
これがその正体


右側のトリの唐揚げ風がそれ。
味は鳥の唐揚げ。美味しかった。

最後は各ネットのアピールタイム。
当選したばかりの「つくばネット」から、北口さんと皆川さんが登場。
昇り竜の勢いを元気良くアピールした。

しかし、何と言っても一番元気だったのは地元北海道ネットの仲間たち。
これまた謎の生き物「巨大アリンコ」が2匹登場。

千葉のチーバ君顔負けのかわゆい仕草で、
会場のハートをわしづかみ。

最後は100円玉を持っての「銭ゲバじゃんけんゲーム」で大いに盛り上がり、
お開きとなった。

世の中、右へ右へと雪崩を打つ中、
「おかしいことはおかしいと言おうよ」
「命が一番!と自信を持って言おうよ」
そんな声が熱く溢れ、大いにエネルギーをもらった大会だった。

北海道ネットの皆さん、本当にアリがとう!
って、そのアリだったのか!

  1. 2012/11/24(土) 02:45:37|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |