大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

いよいよ本日、議会質問をします。

日付変更線を越えたので、本日6月23日、いよいよ私の市議会初質問である。

先日、伊藤さんの質問で、佐倉市はかたくなに、子どもの放射能被ばく限度について、年間20ミリシーベルト(1時間あたり3.8μシーベルト)という国の暫定基準を踏襲すると答弁した。
せっかく他市に先んじて、結構早く放射能測定を始めたのに、これじゃあ帳消しだ。

折も折、埼玉県川口市が年間1.64ミリシーベルト(1時間あたり0.31μシーベルト)というあっばれな厳しい暫定基準を発表。時おかず、野田市も年間1ミリシーベルト(1時間あたり0.19μシーベルト)と、これまたもっと厳しい基準を設定した。やればできるじゃん。

明日は冒頭で、このことを申し述べる。
残念ながら、通告していない項目は質問できないのだ。

皆様ぜひ傍聴においでください。

このブログで、市議会の議場のことを、あんまり「暑い、暑い」と騒いだものだから、今日、五十嵐さんの傍聴に見えたOさん、うちわ片手に現れた。
しかし、今日はなんとゆるくクーラーが入っていて、昨日の「沸騰議場」がウソのように心地よい。
聞けば、朝9時の時点で気温が28度を超えていたら、クーラーをオンにするのだそうな。

  1. 2011/06/23(木) 01:11:37|
  2. 市議会|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |