大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

シンデレラもクリスマスイブは日比谷公会堂へ

今、はまっているブログがある。

チダイズム

毎日更新している。
これだけでも、サミダレ更新の私にとって、「参りましたー」土下座コースだが、
毎日、毛玉からプロテインまで手当たり次第にセシウムを測りまくってデータ公表。
「現代に伊能忠敬がよみがえった!」と今や(局所的に)大評判のブロガ―である。

そして、かなりヤバい前説が…
R-18指定のものも多いが、これが抱腹絶倒。

最新ブログの「千葉県のさつまいものセシウム」では、
シンデレラの異次元解釈ストーリーが延々と続く。

で、どうでもいいことだが、私が小さい頃、シンデレラの話にどうしても
違和感を覚えていたことを思い出した。
そうか、王子様を待っていても幸せはこないんだ、ってことか。
いーーえ、違います!

王子様はシンデレラと一晩中ダンスをしたんでしょう?
目と目で見つめあいながら、お互いの匂いと体温を感じながら、
声を交わしながら、手を握りながら…

なのになぜ、シンデレラが脱ぎ捨てたガラスの靴でしか、彼女だと
見つけられなかったのか?

みすぼらしい格好だと恋しい人も分からないなんて、王子様の目は節穴か。
靴で判断するなんて、王子様のおつむはイワシの頭か。

このように、シンデレラの話をずーっと変な話と思ってきた私にとって、
チダイズムの「シンデレラ」は目ウロコだった。

人はみかけで判断しちゃいけない

で、強引に次の本題に持っていくのだが、
みかけで判断しちゃっても十分大丈夫な人たちが
次のような企画を考えている。
ぜひご参加を。

12月24日
日比谷公会堂
クリスマス大集会


顔ぶれがすごい!
山本太郎さんが司会とひとり語り。
広瀬隆さんがその助手をつとめる。

【主催】終焉に向かう原子力・実行委員会

出演者は、みな歯切れのいい人、一歩も引かない人
◆城南信用金庫理事長の吉原毅さん
 全国を勇気づけた「正しい報道ヘリの会」の命名者。
◆浜岡原発現地で中部電力相手に凄絶な反対運動をしてきた伊藤実さん
◆お母さんの遺志を継ぎ、大間原発現地で反対運動をしてきた小笠原厚子さん

時間が未定?!
詳細はのちほど。

シンデレラもシンデレラでない人も
今年のクリスマスは、日比谷公会堂で

  1. 2012/11/02(金) 23:15:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。