大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

おしどりマコ&ケンさんに惚れました!

10月13日(土)は大忙しの1日。

午前9時に北志津保育園の運動会に。 
 0歳から5歳までの園児が、走ったり、ダンスしたり。
 双子の孫(2歳)を重ね合わせながら、頬を緩めっぱなしで観戦。
 運動場に大書されたキャッチコピーが
 「やるき! ほんき! げんき!」だったが、もうひとつ
 「だいすき!」を付け加えたいナ。

◆市川市で開かれた「さよなら原発市川市民のつどい」へ。
 お目当てはおしどりマコ&ケンさん。

 と、突然長生村の石井元村長が登壇。
 村長選の信じられない落選のあとお会いしていなかったが、
 相変わらず元気で前向きな姿勢に感銘。拍手!

 さて、いよいよマコさん、ケンさんが登場。
 お二人は吉本の芸人さんだが、昨年の福島原発事故以来、東京電力の記者会見で
 ひときわ異彩を放ってきたのがマコさん。

 なぜ、記者会見にもぐりこめたかというところから抱腹絶倒のトークが始まった。
 二人で派手なおそろいのつなぎで会場に行ったというから、目立ったでしょうね。
 それでも拍子抜けするくらい、するりと会見場に入れたというから凄い。

 マコさんの何が凄いって、記者の誰もが追及もしない、だけど本当は問題の核心で
 あることを、ズバリ、ズバリと追及していくところ。
 
 例えば、昨年の4月。
 マコさん「フクイチのライブカメラに大量の白いものが写っているけど、
      あれは何ですか?」
 東電「あれは水蒸気です」
 マコさん「あれには放射性物質は入ってはいませんか?」
 東電「放射性物質は含まれています
 (1日中出ているということ!)
 
 で、マコさんは「一体どれくらいの量の放射性物質が出ているのか」と聞いた。
 しかし、東電が答えを出したのが7月。
 7月時点では、毎時10億ベクレル出ているという。
 では爆発直後はもっと凄い量が出たのだろうと問いただすと、
 4月4日から6日までに、
 2.9×10の11乗ベクレル
 なんのこっちゃ??? 分かる言葉でいいなはれ!

 マコさん、ひるむことなく計算した。
 すると出ました!
 毎時2900億ベクレル、1日に換算すると 6兆9600ベクレル
 
 この数字が公表されたのは今年に入ってから。
 マコさん、実はスクープしてたんじゃないですか!
今でも毎時1000ベクレルは出ているという。
 収束なんか、いつのことか。

 マコさんの日夜の奮闘ぶりは以下のブログでお読みください。
 おしどりマコ・ケンの脱ってみる?デイリーですねん
  
 楽屋に訪ねたらきさくに写真に撮られてくれました。
 osidori2.jpg

 背は高いわ、声はよく通るわ、結構美人やわ、
 しかも、徹底的に調査して的確で鋭い質問ができるわ、
 こりゃ、国会議員以上ですわ。
 
 このあと、南相馬市長、上原公子元国立市長、保坂展人世田谷区長のシンポジウムと
 鎌仲ひとみさん監督の映画「内部被ばくを生き抜く」の上映があり、
 佐倉に戻ったのが午後5時半。
 
 伊藤さんと急いで志津のラーメン屋さんで夕食をとり、
 そのまま、西志津ふれあいセンターに急ぎ、ありがた屋さん主催の映画
 「4分の1の奇跡」上映会へ。

 テンコ盛りの1日であったが、脳裏に激しく浮かぶのはやっぱりマコさん。
 今度、佐倉に来てもらいたい。

  1. 2012/10/13(土) 23:27:45|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |