大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

日曜日は早起きして映画「内部被ばくを生き抜く」を見よう!

私が所属している佐倉市の市民団体
有害ごみゼロをめざす市民の会
映画上映会を行います。

志津公民館祭の一環として行うので、時間がハード過ぎ!
でも、ぜひ来てください。

内部被ばくを生き抜く
◆10月21日(日)午前9:30~11:00
       開場  9:10
◆会場 西志津ふれあいセンター
    クリック→地図
◆入場無料

【監督】鎌仲ひとみ
  これまで撮った三作品「ヒバクシャー世界の終りに」、「六ケ所村ラプソディー」
  「ミツバチの羽音と地球の回転」で追い続けてきた放射能汚染、被曝、原発の問題に
  再び鋭くメスを入れた作品です。
  登場する4人の医師、肥田舜太郎さん、鎌田實さん、児玉龍彦さん、S.バレンチナさん、
  の声に耳を傾けてください。
今年、とうとう福島の子どもに甲状腺がんが見つかりました。
 これから、加速度的に子どもたちの異常が多く発見されるでしょう。
 子どもたちの健康、命、未来を守るために、私たち大人が何をするべきか、
 何ができるのかを、映画は静かに訴えます。


映画のチラシ(ごみゼロの会作成)↓
https://dl.dropbox.com/u/87855227/naibuhibakucolourpdf.pdf

映画「内部被ばくを生き抜く」公式HP

*****************

日曜日の朝9時半という非常識な時間設定となったが、
公民館祭は毎年会場とりが熾烈な争いとなっている。
昔は、参加者同士、良い時間帯の分捕り合戦で、つかみ合いの喧嘩も
あったのだ。(ホントです)
会場は、本家の志津公民館と、新しい西志津ふれあいセンターとに
分かれているが、私たちの映画上映は後者のほう。

日曜のアーリー・バードの皆様、お待ち申しあげております!

  1. 2012/10/11(木) 23:45:32|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。