大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

日進月歩、食品用放射能測定器

いきなり映像クイズ。↓ これはなんでしょう?
shokuhin_sokuteiki01.jpg

えっ?便器???

はずれー!

正解はーーーーーー全国

食品用放射能測定器でした。

5月全国の自治体議員の組織「福島原発震災情報連絡センター」から
4人の議員をチェルノブイリ現地に派遣した。
福島の課題解決にはチェルノブイリの経験をしることだ。
その視察報告会を7月23日、衆議院第2議員会館で開いた。

その席で紹介されたのが、この「便器」、いや食品測定器である。

大きさは550x400x540 mm
結構小型だ。
なのに能力がものすごい。

3分間で40ベクレル測れる。
時間をもっとかければ、
3~5ベクレルでも測れるという。

しかも、しかも、
お値段が手ごろなのだ。
話によると、1基大体160万円
佐倉市が購入したのは1台500万円だから、かなりの値下げ。

当センターの顧問をやってくださっている木村真三さんが、
この測定器の研究開発に取り組んできた。

重さも75キロ。
3年前の我が夫と同じだ。(今はもっとやせている)
これだと、床の補強も必要なく、市民測定室を始めるにも都合がいい。

で、佐倉市の測定器だが、臼井南中学校と佐倉東小学校に置かれている。
普段は給食の食材を測定するが、金曜日には市民から持ち込まれた野菜や土壌の
測定もやっている。

じゃあ、応募してみよう、ということになり、夕方2か所の畑の土を取る。
hatake.jpg
測定結果が出るのは月曜日。
お楽しみに。


  1. 2012/07/27(金) 01:45:01|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |