大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

震災ガレキ、もう広域処理の必要なし!

ドイツ・デンマークへ視察に出掛ける日、まさに家を出ようとしたとき
電話が鳴った。

電話の主は、匝瑳市の友人。
「匝瑳市議会が震災ガレキの受け入れを決めたが、受け入れないよう市長に要望したい」
という相談だった。
時間がないので、あまりアドバイスもできず、視察のあいだずっと心にひっかかっていた。

ところが、帰国してメールチェックをしていると、県議の山本友子からこのようなメールが!

広域がれき処理の受け入れがなくなったことについて
6月29日細野環境大臣名で、各県に
災害廃棄物の広域処理の調整状況について
という文書が出されました。
(受領印は、7月3日、千葉県資源循環推進課)

以下、文書の概略。(青字は大野コメント)

**************************

これまで岩手県120万トン、宮城県127万トンの広域処理が必要との要請を受け、
国が廃棄物ごとにきめ細かな調整を行ってきた。
(国の責任回避のため大げさな数字を打ち出し、きめ細かいどころか、荒っぽいずさんな
調整を行ってきた)


その結果、6月29日の災害廃棄物の処理推進に関する関係閣僚会議で状況の報告を行った。

岩手県の可燃物、木くずの広域処理は、すでに実施中の自治体及び、
最優先で広域処理の実現を図るとして調整中の自治体における広域処理の受け入れ予定量により、
広域処理必要量に達する見通しが得られつつある。
当面は、これら調整中の自治体における広域処理を確実なものにすることが重要。
それ以外の自治体との調整は当面見合わせることとする
(最初にきちんとガレキ量を把握し、仮設焼却炉の建設に取り掛かっていれば、
県外に持ち出す必要がないことは分かっていた。
私でも現地を実際に見て、県内処理で充分いけると感じた。
しかし、国は、すでに広域処理を受け入れている自治体にはそのままにしてもらう
ことを前提としている。これがメンツを保つための言い逃れであることは明白!)


宮城県も同様。
今後は仮設焼却炉の処理能力を考慮し、ある程度まとまった量の処理が可能な施設での
受け入れを対象に調整を行うこととする。
不燃物は、可能な限り県内処理、復興資材化に努める。
それでもなお残る残さは県内処分、または民間施設の活用を含めた追加的な広域処理についても
調整を図っていくこととする。
(仙台市が実に効率よく震災ガレキの処理を進めていることは、このブログでも書いた。
国・宮城県としては見習うべきなのに、政令市に頭を下げるのがいやだったのだろうか。
文書の文言の端々に、自分の非を認めない役人のおごりを感じる)


漁具・魚網については、大部分処理先の見通しがたっていない。
引き続き調整していく。
(略)・・・これまで真摯に検討いただいた全ての自治体に心から感謝する。
現在受け入れてもらっている自治体には、引き続きお願いする。
(今も健康不安のなかで暮らしている受け入れ先の住民にこそ、謝罪と感謝の
念を表すべきでは? また、もう必要ないのだから、早急に停止すべきでは?)


*******************************


というわけで、千葉県には震災ガレキが入ってこないことが確実になったわけだが、
喜んでばかりおられない。

すでに受け入れてしまっている自治体はどうなる?
秋田県(秋田市)、群馬県(桐生市)、東京都(新たに岩手県大槌町分に着手)、
静岡県(静岡市)、大阪府(大阪市)、福岡県(北九州市)

また、広域であろうと県内処理であろうと、
焼却そのものが非常に環境破壊と健康侵害になっていることだ。
日本は世界で一番ゴミを燃やしている。

【焼却炉の数】
日本   1260
アメリカ  263
ドイツ   154

日本はドイツの10倍近く焼却炉を持っている。
「燃やせばゴミ、分ければ資源」というフレーズがむなしい。

デンマークのロラン島はリサイクル率が84%!
すでにブログでも書いたが、市民の意識が高いのはもちろん、
市が実に市民にとって処理がしやすいように体制を整えている。

いらないものを自分でトレーラーに積み、市の処分場に運んで
細かく分別された箱に捨てていく。
例えば庭木の剪定枝。↓ これは3年かけて堆肥にする。
__ (3)

例えば瀬戸物。↓
__ (2)
写真の二人はロラン市議のレオさんと通訳のニールセン北村とも子さん。
「このお皿、まだ使えるね」って?

家電や金属類、蛍光灯やガスボンベなど10数個の分別コンテナが並ぶ一角に、
「お持ち帰りコーナー」があった。
ここに置いておけば、まだ使える品を誰かが持って帰る。
クリスマスシーズンなどは品物でいっぱいだが、今日はこれだけ。
__ (4)

視察報告はまた日を改めて・・・



  1. 2012/07/08(日) 03:19:29|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |