大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

【緊急拡散希望】 原発再稼働だけでも大変なのに、軍事利用だと!

た、大変!
核の軍事利用を堂々と謳った法案が、6月15日、衆議院を通過してしまった!
その法案とは原子力規制委員会設置法案

問題は法案第1条。こう書かれている。(・・・は省略部分)

この法律は、・・・原子力規制委員会を設置し、
・・・国民の生命、健康及び財産の保護、環境の保全
並びに我が国の安全保障に資することを目的とする。


この我が国の安全保障に資するという文言について、
世界平和アピール7人委員会は、
日本に脅威が及ばぬように、軍事を含む手段を講じて安全な状態を保障することに貢献する
と読む以外ない、と恐ろしい指摘をしている。

こんな重大な法案を、民主党政府は自民・公明と結託し、
ほとんど審議する時間も取らず、
こっそりと衆議院に提出し即日可決。サッサと参議院に送ってしまった。

野田首相があれだけ原発再稼働に熱心なのも、アメリカから
「プルトニウムの軍事利用」を手放さないようにと圧力をかけられたという
情報も入ってきているが、やっぱりそうか、そう来たか!

これまで我が国の原子力関連の法律は、
すべて日本国憲法のもとにある原子力基本法の枠の中で作られてきた。

その第2条にはこう書かれている。

原子力の研究,開発及び利用は,平和の目的に限り,安全の確保を旨として,
民主的な運営の下に,自主的にこれを行うものとし,その成果を公開し
進んで国際協力に資するものとする


この民主,自主,公開の原則を原子力三原則,または原子力平和利用三原則という。
決して、民主、自民、公明、ではありませぬ。字面が似ているけどね。

で、民主・自民・公明の「悪だくみ三羽ガラス」は
この原子力基本法の『民主・自主・公開』の「平和三原則」を骨抜きにしようとしている。
ぬかりないったら、ありゃしない。
こういうことには知恵が回るのだから、困ってしまう。

さすがの東京新聞もまだ気づいていないようだ。
上に書いた世界平和アピール7人委員会が気づいて、
抗議文を出している。↓ 是非読んでみてください。

http://worldpeace7.jp/modules/pico/index.php?content_id=127

なんとか参議院で可決させないように、がんばらなければならない。
伊藤さんもブログに載せている。
ともかく、この情報を拡散してほしい。
皆様、ご協力のほどを!

野田首相の危険なドジョウすくいには、もはや手がつけられまへん。
ネコちゃんもあきれて、このとおり、お手上げ!
556123_242949812487689_141012978_n.jpg



  1. 2012/06/19(火) 23:18:46|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。