大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

東大が柏市の放射能に関しコメント撤回!

ツイッターで柏市に関する重要な情報をゲット!

柏市は市内の高い放射線量について、公式ホームページのQ&A欄で以下のように記載している。
(以下引用)
.新聞等で見られる千葉県(市原)の数字に比べて、東京大学柏の葉キャンパスや国立がんセンター東病院で独自に測っている数値が高いが問題ないのでしょうか?

A.東京大学柏の葉キャンパスや国立がんセンター東病院での数値が高いのは事実ですが、現状の水準では健康には、子どもも含めて全く問題ないと、東京大学、国立がんセンターからコメントをもらっています。
また、市としましても、放射線に関する専門家のコメントなどを読む限り、健康に問題はないと認識してます。
上記2箇所の数値が高い要因として、測定方法や測定場所によって数値が変わることがあげられます。
東京大学では、柏キャンパスの測定地点付近の天然石や地質などの影響で、平時でも放射線量率が若干高めとなっていることに加えて、福島の原子力発電所に関連した放射性物質が気流に乗って運ばれ、雨などで地面に沈着したことによるとのことです。
(引用おわり)

このもとになった東大のホームページのQ&A欄から、上の赤字の部分が削除されたというのだ。

(以下引用)
Q2:本郷や駒場と比較すると、柏の値が高いように見えますが、なぜですか?
A2:現在、私たちが公表している柏のデータ(東大柏キャンパス内に設けられた測定点)は、確かに他に比べて高めの線量を示しています。測定点近傍にある天然石や地質などの影響で、平時でも空間線量率が若干高めになっている所があります。また、福島の原子力発電所に関連した放射性物質が気流に乗って運ばれ、雨などで地面に沈着したことが原因であると考えています。
(引用終わり)

さあ、柏市さん、どうする? 東大のお墨付きがなくなってしまったぞ。
東大にも「なぜ、今になって赤字部分を削除したのか」をぜひ聞きたい。

しかし、放射能に関して、「子どもも含めて健康に全く問題はない」と言い切る神経には参ってしまう。
市民の命と財産を守るのが仕事であるはずの市当局。
市民の命を守るための研究をしているはずの最高学府。
このどちらもが、かくも無責任に「健康に全く問題はない」と言い切るのだ。
言っている当人たちの「オツムに全く問題はない」のだろうか???


  1. 2011/06/16(木) 17:37:47|
  2. 日々のあれこれ|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |