大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

石原暴言!集団ヒステリー


6月14日(火)
本日、自民党の石原幹事長がこんなスットコドッコイの発言をしたとニュースで報じられた。

自民党の石原伸晃幹事長は14日の記者会見で、福島第1原発事故後の反原発の動きについて「あれだけ大きな事故があったので、集団ヒステリー状態になるのは心情としては分かる」と述べた。表現が不適切との批判も出そうだ。石原氏は、代替エネルギー確保や製造業への影響など原発を止めた場合の課題を挙げて「『原発推進なのか、反対なのか』という問いがあるが、簡単な話ではない」とも語った。(2011/06/14-13:12)

言うにことかいて、「集団ヒステリー」だとぅ! 
「あれだけ大きな事故」って、お前さんたち自民党の中曽根ナニガシら以下、うちそろって国策として進めてきた原発が起こした事故ですぞ! 何を他人事のようにほざいているのか? 
その原発によって地獄のフタが開いた今、どれだけ多くの人々が苦しみ、慟哭の中にいるのかがまるでわかっていない。今日も、酪農家の男性が自殺した。ニュースを見るのもつらい。本当に苦しんでいる人々は、ヒステリーを起こすどころか、ただひたすら耐え忍び、これ以上耐えきれなくなり、絶望の淵で命を落とす。

世界が首をかしげるほど、羊のように黙々と耐え忍んでいる国民に比べ、永田町で復興支援そっちのけの権力闘争を繰り広げている、石原さん、あなたたちのほうが「集団ヒステリー」ではないですか。

がんばろう、がんばろう、と歯を食いしばっている人々に、さらなる頑張りを強制し、挙句の果てに、「集団ヒステリー」呼ばわりですか。
90%以上の国民が「脱原発」に票を投じたイタリアは、さしずめ世界一のヒステリー国家。
ヒステリー国家をイタリア語では Una nazione di isterismo
今日はイタリアワインを飲もうっと!

  1. 2011/06/14(火) 23:12:19|
  2. 日々のあれこれ|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |