大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

ガレキの広域処理は違法、無法、法律の根拠なし!

本日川崎市で行われたシンポジウム
がれきってホントに安全??
そこが知りたかった!ガレキの真実勉強会


講師が凄かった。
池田こみちさん、奈須りえさん、そして山本節子さんという
今の日本の「ガレキ最強トリオ」が一堂に会するのだから、聞かないわけにはいかない。

はたして、すこぶる分かりやすく刺激的なシンポだった。
中でも、山本節子さんの
ガレキ広域処理の法律的な問題
では、ガレキ広域処理が全くの違法行為であるとバッサリ。
DSCF8640.jpg

あらゆる公共事業には根拠法があるが、
ガレキ広域処理には根拠法がなく、違法どころか、無法状態
日本は今、中世以前の無法国家、ならず者国家状態なのである。
ということで、関連法をひとつずつ検証していくとーーー

廃棄物処理法(いわゆる廃掃法)
 第2条(定義)
 この法律における「廃棄物」とは、(中略)固形状または液状のもの
 (放射性物質及びこれによって汚染された物を除く)をいう。

大気汚染防止法
 第27条
 この法律の規定は、放射性物質による大気の汚染及びその防止については
 適用しない
。(つまり、放射能汚染は想定していないということ)

水質汚濁防止法
 第23条
 この法律の規定は、放射性物質による水質の汚濁及びその防止については
 適用しない


環境影響評価法
 第52条
 この法律の規定は、放射性物質による大気の汚染、水質の汚濁および
 土壌の汚染については適用しない


PRTR法(化学物質排出に関する法律)
 第2条
 この法律において「化学物質」とは、
 元素及び化合物(それぞれ放射性物質を除く)をいう。

このほか、土壌汚染対策法でも、循環型社会形成基本法でも
放射性物質は除外されている。

 
そしてきわめつけがこれ。
環境基本法(全ての環境に関する法律の最高位の法律)
 第13条
 放射性物質による大気の汚染、水質の汚濁及び土壌の汚染の
 防止の ための措置については、
 原子力基本法その他の関係法律で定めるところによる

ところがその原子力基本法では、全く何も「定められない」まま今日に至っているのだ。
山本さんは
大変な不作為、違法行為と断じる。

原子炉等規制法
 いわゆるクリアランス制度(100ベクレル以下のものは
 原発施設の外に出してもよい


あー、しんど。
法律の話は辛気臭く、めんどくさい
もう少しおつきあい願いたい。
ここまでは従来からあった法律。

では、3月11日以降にできた二つの法律ではどうか。
いずれも長ったらしい名前なので通称で書く。

放射能汚染対処特措法(8月26日成立)
 福島原発事故由来の放射性物質に汚染された廃棄物の処理
 及び除染等の措置に関する法律で、
 広域処理は全く含まれていない

この法律で8000ベクレル以下なら通常の処理でよいということに
突然なったわけだが、前述のクリアランス制度の100ベクレルの80倍で
なぜオーケーなのか、科学的根拠は一切ない。


ガレキ特措法(8月18日)
 これが岩手、宮城のがれきに関する法律で要注意。
 第3条
 国は(中略)災害廃棄物の処理に関する工程表を定め、
 これに基づき必要な措置を計画的かつ広域的に講ずる責務を有する。
 しかし、そもそも廃棄物処理は地方自治体の自治事務。
 国が地方自治体に指図するとはとんでもない違法行為!


 第4条
 環境大臣は、当該市町村に代わって自ら当該市町村の災害廃棄物の収集、
 運搬及び処分を行うものとする。
 これも廃棄物処理法からすれば違法行為。
 
などなど、ややこしい法律の世界ではあるが、
市民運動が本気でこの問題に立ち向かうには、
ただただ、「汚染を広げるのか」「危険なものを持ち込むな」
などと感情論でやりあってもダメ。
きっちりと法律を読み込み、法的な矛盾を明らかにし、
違法であると切り込んでいくくらいでなければ勝てない、
そう、山本さんは力説した。

しかし、法律を作り、法律に沿って仕事をするべきはずの政府が
率先して法律を破り、捻じ曲げ、都合のいい解釈でお茶を濁している
今の日本は、やっぱり、中世以前の暗黒社会と言うべきか…

 



 
 
 
 

  1. 2012/04/22(日) 23:48:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |