大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)

震災ガレキより怖い「秘密保全法」

全国の脱原発でがんばっているみなさーーーん!
とんでもない法律がつくられようとしています。

その名は
秘密保全法

「尖閣諸島、中国漁船衝突ビデオ流出事件」がきっかけになり、
あの仙石氏がやっきになって推し進めている法案だ。

ひとことで言えば、
政府にとって都合の悪いことは全て秘密にできる法律!

警察、公安、防衛省など、「これは秘密保全法の対象となる」と決めたら、
そのことに関して、調査はもちろん、取材もできなくなる。

おまけに、故意であろうが、過失であろうが、未遂であろうが、
全て「秘密を漏洩した」、あるいは「秘密を探ろうとした」
あるいは「秘密を教えてくれとそそのかした」など、
きわめて広い範囲で罰せられる
こわ~い!

さらに、重罰化ということで、最高刑は懲役10年まで。
知らずに「秘密を探った」だけで…10年!

で、脱原発派の国民にとって何が困るかというと、
特別秘密の範囲として次のような専門家の指摘があるのだ。

【公共の安全と秩序】を脅かすと、適用される。
原子力発電の安全性や原発事故の原因、放出された放射能の量、
健康への影響や環境汚染の実態などの情報が、国民の不安をあおり、
公共の秩序を害することを理由に、秘密指定される可能性が高い。


なるほど、福島事故のさいの国の無責任な対応を改めて思い出す。
SPEEDIによる放射能拡散予測をひた隠しにし、多くの住民に
被曝させたことなど、この秘密保全法が成立すれば、絶対オモテに
出てこない。

空中線量も食品の放射能汚染も、都合の悪いことは全て秘密!
「風評被害をあおり、不安を増幅させる」という理由で、
今の私たちのようなオープンな発言はできなくなるのだ。

この法案、民主党は内閣の決定だから、当然賛成。
自民党も、もともと自分たちが言い出した法案なのでもちろん賛成。
今国会では見送られたが、秋の国会で再び浮上する。
そうなれば、絶対成立してしまう。

今、脱原発派の力を結集して、反対の世論を高めることが大切だ。
日弁連は早くから反対の論陣を張り、国会のロビー活動なども行っている。
日弁連の「秘密保全法に反対する会長声明」

以下のサイトもよくまとまっているのでご一読を。
http://www.news-pj.net/siryou/himitsuhozenhou/index.html

情報を一握りの人間だけが持っている社会ほど恐ろしいことはない。
まして、国家秘密を守るという理由で国民が罰せられる社会は
戦前への逆戻りだ。
いつか来た道、こわい道。
再び始まる悪夢の道。





  1. 2012/04/21(土) 19:05:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。