大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

あたり前田の困ったちゃん、下呂市は大騒ぎ

民主党の前田武志国交相。
「コンクリートから人へ」を「人からコンクリートへ」とひっくり返し、
八ツ場ダム建設再開を決めたにっくき御仁である。
大嫌いである。

今、この方、とっても困った状況にいらっしゃる。
本来なら、万歳三唱といきたいところだが、もう一人
私の大好きな方が巻き込まれての大騒ぎになっているので、
なんだか複雑な心境なのだ。

(引用はじまり)
★ 産経新聞 4月11日(水)19時40分配信

前田国交相が「地位利用」 公選法抵触か、建設業協会に応援文書

 前田武志国土交通相(74)が8日告示の岐阜県下呂市長選
(15日投開票)を前に、特定の候補を応援する文書が地元建設業協会の
幹部あてに郵送されていたことが11日、分かった。

 文書は直筆のサイン入りで、国交省の公用封筒で送られた。
公職選挙法では告示前の事前運動や、大臣など公務員の地位を利用した選挙運動を
禁じており、抵触の恐れがある。

 関係者によると、問題の文書は告示直前の2日の消印で建設業協会に
届いた。特定の候補者を「年来の同志」「実力は折り紙付き」などと紹介し、
「貴協会におかれましても、ご指導、ご鞭撻(べんたつ)をよろしくお願いいた
します」と結ばれていた。

 日付は「3月吉日」。差出人は「国土交通大臣 前田武志」で
名前の部分は手書きだった。前田国交相の名刺も同封されていた。

 前田国交相はこの問題について、11日の衆院国土交通委員会で伊東
良孝議員(自民)から追及を受け、「同僚議員に頼まれてサインした。
不注意だった」などと弁明。

 答弁によると、文書は同僚議員側が用意し、3月下旬ごろ、
サインして渡したが、文面についてはよく覚えておらず、郵送先などについては
「知らなかった」としている。

 公選法は事前運動や公務員の地位利用を禁止し、違反すれば禁錮
または罰金が科される。

 元最高検検事の土本武司・筑波大名誉教授(刑事法)は「建設業界
を所管する大臣が自らサインをし、建設業協会に支援を求めるやり方は
不当な『地位利用』ととられても仕方がない。違法性が高く、配慮にかける
行動だ」としている。
(引用終わり)

何が困ったかと言うと、前田氏が推薦したとされる岐阜県下呂市長選
の候補者というのが、元犬山市長の石田芳弘さんなのである。

石田さんは犬山市長時代、「全国一斉学力テスト強行」や
「教育基本法改悪」に対して、真っ向から反対し、学力テストを行わなかった
全国有数の気骨の市長だ。
一度お会いしたことがあるが、本当に気さくでリベラルな紳士だった。

このことが今回の騒ぎの裏にあると、指摘している人もいる。
つまり、石田さんは急進的右翼思想のグループから強烈な恨みを買い、
今回の前田国交相の愚挙を「これ幸い」と利用されてしまったというのだ。

産経新聞はその急進的右翼思想グループとは大変近しい間柄だから、
この記事も、100%真実かどうかは、ちょっと眉毛につばの一滴でも
つけたほうがいいかもしれない。

それにしても、前田氏の脇の甘さは尋常ではない。
国交省の名目で特定の候補者を応援するようなことを文書にしたためたら
アカンことくらい、いくらなんでも分かるだろうに。
おまけに「直筆のサイン入り」だと。

八ツ場ダム再開を決めたとき、自ら地元に真っ先に乗り込んで推進派住民に伝え、
万歳三唱していたアホな姿を思い出して、この人ならあり得るな、とは
思うけど、相当の脳天気か単細胞である。

いっそ、石田さんが国交相になれば、日本はもっとよくなるのだが…

  1. 2012/04/14(土) 01:57:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |