大野ひろみのクラクラさくら

議会はなんでもありのワンダーランド。あきれたり、怒ったり、笑ったり、クラクラしながら言いたいことは言わせてもらいます!

制服向上委員会と武藤類子さん、ワンダフル!!!

昨日(3月4日)はいよいよ「原発さよなら集会」!

第1部は異色のアイドルグループ「制服向上委員会」のライブ。
ちょっと年上の橋本美香さんと、現役女子高生香取ゆうかさん、
森あかりさんの3人が、歌って踊って舞台を盛り上げてくれた。

DSCF8456.jpg
ギターが橋本美香さん。抜群のスタイルと歌唱力!
私は司会役だったので、舞台袖から見ることができた。
これも役得。
そして、写真も↓ まさに役得。
DSCF8458.jpg
左から、武藤類子さん、美香さん、あかりさん、ゆうかさん。

会場には制服向上委員会のおっかけも現れ、
私たちのイベントとしてはなかなかに珍しい雰囲気となった。
アンコールでは「なだそうそう」を会場も一体となって熱唱。

このあとは武藤類子さんの講演会。
昨年、9月11日の明治公園6万人集会で、福島から駆けつけて
胸を打つスピーチをした武藤さん。

武藤さんは、福島県三春町で緑豊かな森の一部を切り開き、
自然いっぱいの喫茶店を開いていた。

熱源はマキと太陽温水器。
どんぐりを集めて食材にし、オオスズメバチを捕えてアルコール漬け、
しみだした毒をハチに刺されたときの薬にした。
まさに、自然と一体となった暮らしを続けていた。
そこに、3月11日の原発事故。

全てが一転、暗転。

もともと原子力に対しては深い疑問と懸念をいだいていた武藤さん。
福島原発から出た廃棄物が、六ヶ所村の再処理施設に運びだされるのを
防ぐために、「非暴力直接行動」に出た。
つまり、輸送トラックを通させないための座り込み。
上背がある武藤さん、「周りの友達は警官二人がかりでゴボウ抜き、
だけど私は4人がかりでしたよ」とさわやかに笑う。

武藤さんが最近出版した本が「福島からあなたへ」。
DSCF8463.jpg

この本の帯に書かれた言葉ーーー
原発をなお進めようとする力が、
垂直にそびえる壁ならば、限りなく横に広がり、
つながりつづけていくことが、私たちの力です。


そして最後はやっぱり脱原発パレード。
今回は団体名の書かれたのぼり旗はご法度。
可愛いうちわやボードに「原発いらない!」などと書かれたグッズを
持って歩くという、かなりソフトなものになった。

DSCF8461.jpg
左端に武藤さんの顔も見える。

パレードでは2台の宣伝カーにちはるさんと私が乗り、
交互にシュプレヒコール。沿道の若者が手を振ってくれたり、
がんばれーと励ましてくれたり。

この2週間、ぎっしりの議会日程だったので、今日の司会進行も
かなりぶっつけ本番。いろいろ失敗もあったけれど、やっぱり
やって良かった。

制服向上委員会の橋本美香さんも本をもうすぐ出す。
タイトルが傑作!
脱がない、媚びない、NOと言えるアイドル

さしずめ私は、
懲りない、黙らない、NOとばかり言う議員???

  1. 2012/03/05(月) 23:36:11|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:(-)|
  4. コメント:(-)
| ホーム |